2016年4月の株価や為替などを予想 - 円高と原油安で株安が続く

2016年4月の株価や為替などを予想 - 円高と原油安で株安が続く

2016年4月1日時点の株価指数

株価指数 本日 1カ月前 1年前
日本日経平均 16,164 16,085 19,034
アメリカ合衆国NYダウ平均 17,792 16,865 17,763
中国上海総合 3,009 2,733 3,863

2016年4月1日時点の株価指数です。前月比で日経平均が79円高、NYダウ平均が927ドル高、上海総合が276ポイント高でした。日本株の低調が続いている原因は「円高の継続、原油価格の低迷、中国経済の悪化」の3つです。

円高も2~3年前に比べると依然として円安ですし、原油も価格が下がるほどにガソリンやプラスチック製品が割安になります。中国経済が悪化しても他国への輸出の割合が増えた今、影響はそこまでではありません。

しかし、積極的に株を売買する投資家の多くは短期的な利益を狙います。その結果、円高が前日よりも進行すれば輸出銘柄を売りますし、原油価格や中国経済が1週間前よりも悪化してれば、すぐに保有株を手放すわけです。

今後は円高トレンドができそうですし、原油もイラン産が増えることで価格は下がりやすいです。中国経済が底堅くても資源国や新興国は悪化するため、2016年5月初旬の日経平均は14,500~15,000円と予測します。

2016年4月1日時点の為替レート

通貨ペア 本日 1カ月前 1年前
アメリカ合衆国日本 111.69円 113.96円 119.74円
EU日本 127.23円 123.84円 128.87円
オーストラリア日本 85.75円 81.73円 90.97円

2016年4月1日時点の為替レートです。前月比では米ドル/円が2.33円高、ユーロ/円が3.39円安、豪ドル/円が4.02円安でした。米ドルは2016年1月時点で「1ドル=120円」だったため、3カ月間で9円も円高が進みました。

このような円高になる原因には「日米間の金利差の縮小、日本の経常黒字の増加、世界的なリスクの発生」の3つがあります。通常、資金は金利の高い通貨に流れますが、今回はアメリカの利上げ延期が大きいです。

同時に日本の経常黒字が震災前の水準に復活したり、原油安で世界的なリスクが続くことからも、円高圧力が強まっています。

また、2011年11月の「1ドル=75円」を底にして、すでに4年も円安トレンドであるため、そろそろ円高にシフトしてもおかしくありません。そのため、2016年5月初旬の米ドル/円は109.00~110.00円と予測します。

2016年4月1日時点の国債利回り

国債名 本日 1カ月前 1年前
日本国債10年 -0.05% -0.06% 0.36%
アメリカ合衆国国債10年 1.77% 1.82% 1.83%

2016年4月1日時点の国債利回りです。前年比で日本国債10年利回りが+0.01%、米国債利10年回りは-0.15%でした。市場はマイナス金利の衝撃から落ち着きを取り戻していますが、評価と副作用はこれからです。

1年以内に金利をプラスに戻す可能性は市場に混乱を招くためにせず、逆にスイスや欧州のように-1%まで下げてくるかもしれません。そのため、来月初旬の日本国債10年利回りは-0.05~-0.10%と予測しています。

2016年4月1日時点の金価格

貴金属 本日 1カ月前 1年前
アメリカ合衆国海外金 1,213ドル 1,236ドル 1,197ドル
日本国内金 4,860円 4,893円 4,983円
アメリカ合衆国海外プラチナ 957ドル 943ドル 1,142ドル
日本国内プラチナ 3,907円 3,756円 4,831円
アメリカ合衆国海外銀 15.38ドル 14.99ドル 16.56ドル
日本国内銀 63.50円 61.45円 72.68円

2016年4月1日時点の海外は1oz、国内は1gあたりの小売価格です。前月比で海外金が-1.9%、国内金が-0.7%、海外プラチナが+1.4%、国内プラチナが+4%、海外銀が+2.6%、国内銀が+3.3%となりました。

2016年は自動車業界が好調であるため、ガソリン車の排ガスを浄化する装置に使われるプラチナの需要は高まります。一方、南アフリカにあるプラチナ鉱山は人員削減や凍結が続いているため、プラチナ価格は強基調です。

来月初旬は海外金が1,200~1,300ドル、国内金が4,700~4,800円、海外プラチナが1,000~1,100ドル、国内プラチナが3,900~4,000円、海外銀が14.00~15.00ドル、国内銀が62.00~63.00円と予想します。

2016年4月の経済指標カレンダー

発表時間国名経済指標影響
1日 08:50日本1~3月期 日銀短観・四半期大企業製造業業況判断B評価
3日 21:30アメリカ合衆国3月 非農業部門雇用者数(前月比)A評価
3日 21:30アメリカ合衆国3月 失業率A評価
3日 23:00アメリカ合衆国3月 ISM製造業景況指数B評価
5日 13:30オーストラリア政策金利A評価
5日 23:00アメリカ合衆国3月 ISM非製造業景況指数(総合)B評価
7日 03:00アメリカ合衆国米連邦公開市場委員会議事要旨B評価
7日 20:30EU欧州中央銀行理事会議事要旨C評価
8日 06:30アメリカ合衆国イエレンFRB議長会見B評価
9日 21:30カナダ3月 新規雇用者数C評価
9日 21:30カナダ3月 失業率C評価
13日 21:30アメリカ合衆国3月 小売売上高(前月比)A評価
13日 23:00カナダ政策金利A評価
14日 18:00EU3月 消費者物価指数 改定値(前年同月比)B評価
14日 22:00イギリス政策金利A評価
14日 22:00イギリス英中銀資産買取プログラム規模C評価
14日 22:00イギリス英中銀金融政策委員会議事要旨C評価
14日 21:30アメリカ合衆国3月 消費者物価指数(前月比、前年同月比)A評価
15日 11:00中国1~3月期 GDP(前年同期比)B評価
21日 20:45EU政策金利A評価
21日 21:30EUドラギECB総裁会見B評価
25日 23:00アメリカ合衆国3月 新築住宅販売件数(前月比、年率換算件数)A評価
27日 17:30イギリス1~3月期 GDP 速報値(前期比、前年同期比)B評価
28日 -日本日銀金融政策決定会合B評価
28日 -日本政策金利A評価
28日 02:00アメリカ合衆国米連邦公開市場委員会議事要旨B評価
28日 02:00アメリカ合衆国政策金利A評価
28日 06:00ニュージーランド政策金利A評価
28日 08:30日本3月 消費者物価指数(前年同月比)B評価
28日 15:30日本黒田日銀総裁会見B評価
28日 21:30アメリカ合衆国1~3月期 実質GDP 速報値(前期比年率)A評価
29日 18:00EU4月 消費者物価指数 速報値(前年同月比)C評価
29日 18:00EU1~3月期 GDP 速報値(前期比、前年同期比)B評価
29日 21:30カナダ2月 GDP(前月比)B評価
29日 21:30アメリカ合衆国3月 個人消費支出(前月比)A評価

2016年4月にある重要な経済指標のカレンダーです。特に3日にある米国の3月失業率、28日にある日本の政策金利、28日にある米国の政策金利などでは、発表直後から為替レートや日経平均が大きく動きます。

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2016.04.01
更新日更新日 2016.04.06
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
【漫画】第23話「副業で1日バイト!日払いや面接なしが人気」
【漫画】第23話「副業で1日バイト!日払いや面接なしが人気」
マンガでわかる副業 フクリーマン
アルバイト求人サイトでは「会社員歓迎、ダブルワーク可、副業OK、シニア活躍中」などとアピールする雇用先が増えました。これは2016年に政府が働...
【漫画】第20話「年齢別の平均年収!20・30・40・50代など」
【漫画】第20話「年齢別の平均年収!20・30・40・50代など」
マンガでわかる副業 フクリーマン
2016年9月に公表された日本人の平均年収は420万円でした。調査機関は国税庁、調査対象が4,794万人の給与所得者であることからデータの信頼度は高...
【漫画】第17話「せどりの配送運賃を257円以下に抑える」
【漫画】第17話「せどりの配送運賃を257円以下に抑える」
マンガでわかる副業 フクリーマン
本を送る場合は「サイズA4以下、厚さ3cm以下、重さ2kg以下」に収まることがほとんどです。例えば、薄いビジネス書は「厚さ1.3cm、重さは300g」ほ...