スワップポイントを計算!日本円で外貨を買うと利息が貰える

低金利国の通貨で高金利国の通貨を買う

低金利国の通貨で高金利国の通貨を買う

現在の為替レート、1日分のスワップポイント、取引数量を入力することで、必要な自己資金額や年間スワップ受取額が計算できます。

レバレッジを上げるほど、少ない投資金額で大きな資金を動かすことができるため、利回りもレバレッジに比例して増えていきます。これはレバレッジを上げるほど、ハイリスク・ハイリターンになることを意味します。

  1. 現在の為替レートを入力します。
  2. 1万通貨で付く1日分のスワップポイントを入力します。
  3. 取引数量を入力します。1,000通貨では「0.1」を指定します。
  4. レバレッジを大きくするほど、自己資金額が少なくて済みます。
  5. 計算ボタンを押します。

為替レートにおける通貨ペアの指定は不要です。為替レートは「1豪ドル=80.00円」なら「80.00」、「1ポンド=130.00円」なら「130.00」と入力します。

為替レート
スワップポイント
取引数量 万通貨
レバレッジ

自己資金
年間スワップ
年利回り

スワップポイントはFX会社ごとに差があります。例えば、2014年10月23日時点の1豪ドルにおけるスワップポイントは、あるFX会社では55円しか付きませんでしたが、大手FX会社のGMOクリック証券は64円、外為どっとコムでは62円が貰えたりします。

金利差が開くほどスワップポイントは有利

日本の政策金利は、2014年10月時点でわずか0.1%です。あまり景気が良くないイギリスのポンドでさえ、5倍の0.5%もあります。

これは最近に限ったことではなく、日本は10年以上も0.5%を超えていません。だからこそ、超低金利国であるがゆえに、日本円で高金利国の通貨を買えば、二国間で金利差が生じ、スワップポイントが貰えます。

このスワップポイントを利用した「日本円で高金利国の通貨を買う」というシンプルな方法で、1日300円程度、月約1万円を稼ぐことができます。

2008年1月時点であれば、金利は日本が0.5%、米国が3.0%、ユーロが4.0%、英国が5.5%、オーストラリアが6.75%、ニュージーランドが8.25%でした。日本円で豪ドルを買うと6.25%の金利差が生じます。

当時の為替レートは「1豪ドル=100円」ほどですので、1日約185円のスワップポイントが付きました。2万豪ドルでは390円にもなり、月1万円はクリアできます。レバレッジ20倍にすれば自己資金は10万円で済みます。

ただし、リーマンショック後は各国が金利を下げました。2009年7月時点では日本が0.1%、米国が0.25%、ユーロが1.0%、英国が0.5%、オーストラリアが3.0%、ニュージーランドが2.5%です。

その1年後の2010年7月時点では日本、米国、ユーロ、英国は変わらず、オーストラリアが4.5%、ニュージーランドが3.0%に上げています。

しかしながら、2014年9月時点では日本は0.1%の超低金利のままですが、ユーロが0.05%と極端に利下げを行い、魅力的な高金利通貨は南アフリカランドの5.75%、次にニュージーランドドルの3.5%、オーストラリアドルの2.5%、カナダドルが1.0%と続いています。

全体的にスワップポイントは低めですので、スワップポイントで稼ぐには南アフリカランド、ニュージーランドドル、オーストラリアドルの3カ国に絞られてくるでしょう。

レバレッジを上げて利ざやを大きくする

2014年10月の豪ドルは「1豪ドル=95円前後」で動いていて、1万通貨あたり1日60円前後のスワップポイントが付きます。これは95万円分の豪ドルを買うと、1日60円、1年で21,900円が貯まる計算です。

日本の銀行に預けるよりは数百倍も金利が高いですが、1日100円以上はスワップポイントが付いていたため、現在は見劣りするかもしれません。スワップポイントのみで月1万円稼ぐことは、かなり厳しいです。

FX熱が高まった2006~2008年と比べると、徐々に各国の金利が下がっていき、スワップポイントは以前ほどは貯まりにくい状況となりました。

そこで取引数量を増やすことを考えます。例えば、豪ドルを1万通貨持つことで、1日60円のスワップポイントが付くなら、豪ドルを6万通貨持てば、1日360円のスワップポイントが貰えるようになります。これなら1カ月で10,800円となり、目標の月約1万円のスワップポイントに届きます。

ただし、レバレッジで取引数量を増やした分だけ、リスクも高くなります。6万通貨とは「1豪ドル=95円」のときに570万円分の豪ドルを購入したことと同じです。

円高で「1豪ドル=90円」になっただけで、30万円の損失になります。もちろん、予想通りに円安で「1豪ドル=100円」になれば、逆に30万円の利益にもなりえますが、レバレッジによる取引数量の像は、リスクとリターンが比例することは認識したいです。

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた記事を掲載しておりますが、記事を参考にする際はご自身の責任のもと、ご利用いただくようお願いいたします。
公開日公開日 2014.10.23
更新日更新日 2015.11.13
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
FXによる為替損益を計算!取引数量やレバレッジで大きくなる
FXによる為替損益を計算!取引数量やレバレッジで大きくなる
お金に役立つ計算 お金の計算一覧
FXにおける新規注文と決済注文時の為替レートにより、利益や損失を意味する「為替損益額」を計算することができます。取引数量を1万通貨に指定し...
【漫画】第19話「せどりで副収入を得るまでのまとめ」
【漫画】第19話「せどりで副収入を得るまでのまとめ」
マンガでわかる副業 フクリーマン
自宅にあった1冊の本を近所の古本屋に買い取ってもらいました。本のタイトルは「となりの億万長者」という2013年8月に発売したビジネス書で、多...
【漫画】第21話「副業はやらないほうがいい?8人の副業例」
【漫画】第21話「副業はやらないほうがいい?8人の副業例」
マンガでわかる副業 フクリーマン
副業はお金のためだけに始めるわけではありません。本業の仕事では叶えることができない「収入、業務量、キャリア、人脈、将来性、達成感、社会貢...
【漫画】第16話「せどりに必要な7つ道具と出品手続き」
【漫画】第16話「せどりに必要な7つ道具と出品手続き」
マンガでわかる副業 フクリーマン
せどりは「販売価格-原価-手数料」が利益になるため、割安な在庫を大量に確保する仕入れテクニックが大切になってきます。店舗のセールやフリマ...

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
中野貴利人
中野貴利人
NAKANO KIRITO
株式会社ネットピコ代表取締役。著書にど素人でも稼げるネット副業の本など。過去の取材はメディア掲載履歴で紹介。

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK