旅行は2カ月以上前にオフシーズンの予約をすると1番安い

旅行のオンシーズンとオフシーズンの価格差は2倍以上

旅行のオンシーズンとオフシーズンの価格差は2倍以上

旅行業界の繁忙期は3、7、8月の3回であり、旅行代金は通常の1.5~2.5倍に上がります。3月は大学生の卒業旅行と社会人の年休消化が主な理由です。7~8月は学生の夏休みに伴う家族旅行でいっぱいになります。

さらにゴールデンウィーク、お盆、シルバーウィーク、年末年始は、3倍以上に跳ね上がることもあるので、ここは必ず避けたい時期です。

逆に閑散期は1月後半と2月前半、全体的に安い4月と6月、あとは11月の半ばが割安です。大型連休のあとも料金が下がる傾向があります。その時期に休日スタートではない日程を組むと、通常よりも50%引きになります。

海外のパッケージツアー旅行、例えば、4泊6日でニューヨークに行く場合、1~2月は格安料金で行けます。通常は25~30万円が平均的な値段ですが、旅行会社のプランを選別すれば、10~15万円で飛行機とホテルが付きます。

もちろん、これは日本の閑散期が原因でありながら、ニューヨークがベストシーズンではなく、かなり寒い時期であることに影響しています。

また、直行便よりも乗り継ぎ便の方が1万円は安いですし、ホテルもAやBグレードではなくCグレードであれば、さらに1万円ほど値引きされます。逆に飛行機をJALやANAにしたり、ホテルをヒルトンやシェラトンに変更すれば、2万円の加算です。

格安ツアーの大半は海外の航空会社とBグレード以下のホテルに対して、団体契約でコストを削減していますので、高品質を期待したり、時間に余裕がない人は、予算を少し増やすことになります。

航空券やホテルなど単体での割引を狙う

航空券は2カ月前までの予約で割引

航空会社に直接予約するなら、予約が早いほど割引率の高い席が確保できます。早めにネットでチェックすると、ほとんど航空会社でキャンペーン商品を見つけられるでしょう。

ただし、出発10日前にもなると、席には限りがあるために在庫がなくなってしまいます。なるべく2カ月前までに予約するようにしましょう。マイレージを利用するなら、ポイントを無駄にしないためにも早割りがお得です。

また、航空会社で直接予約することと同じくらい、旅行会社が提供する格安航空券も割引率が高いですし、LCC(格安航空会社)であれば、通常の1/2以下にはなります。

さらに航空券だけではなく、海外旅行も同様に「30日前までなら1万円引きプラン、60日前までなら15,000円引きプラン、60日前なら1日観光のオプション付き」といったように、満足度の高い割引もあります。

JRなどの鉄道系は金券とオークション

チケットショップでは新幹線のチケット、普通列車の回数券が1,000~5,000円も安く購入できますし、Yahoo!を始めとしたネットオークションでも多く出回っています。

1日に何度も電車を乗る場合は、特定エリア内での自由な乗り降りが可能な周遊切符を買います。周遊切符は全国で35カ所も展開されており、特急券指定席も利用できます。

電車でのゆったりとした移動を目的とする旅には、JRの普通列車が乗り放題の青春18切符がお買い得です。使用期限がありますが、5枚1組で11,150円ですので、複数人でうまくプランを立てれば、かなりの節約になります。

また、青春18切符と同じくらい最安な交通手段が長距離バスです。移動時間が少し長くなりますが乗換えもなく、現在は座席もかなり広く、工夫されたシートは快適で疲労感が少ないです。

ネットからの予約が可能で割引サービスもあります。民間のバス会社の運行も増えており、主要都市間の移動は使い勝手が良いでしょう。

ホテルや旅館の宿泊料金の節約

ホテルや旅館の空室は運営側からすれば、無駄になってしまいます。それであれば、大幅な値引きをしても空室を埋めたいと考えているわけです。そのため、ホテルや旅館は3日前から当日にかけて大幅に割引をしていることがほとんどです。

旅行会社が運営している宿泊サイトでも「3日前だから格安プラン、直前の在庫処分、当日限定のお得な宿」といったように、空室を格安で提供しています。

当日まで宿泊先が決まっていないのはリスクのように感じますが、ネットを利用して、いくつかの宿をピックアップしておき、午前中に予約すれば、繁忙期以外では泊まれないことはありません。

特にホテルが集中しているところであれば、JTBじゃらんで簡単に見つけることができます。どちらも「直前割」といったタイムセールを開催しています。

また、トイレやバスなどのアメニティを気にしないのであれば、ビジネスホテルや郊外の宿が安く、宿泊料を3,000円前後に抑えられます。

会社の福利厚生をチェックすることも有効です。本人と家族含めて、割引できる宿やレンタカー、パッケージ旅行を利用できることもあります。

本業の出張では経費で落とすので節約はできませんが、副業で外出するときはなるべくお金をかけたくありません。宿泊料金と交通手段は出費を抑えることができますので、うまく知識を利用して節約していきましょう。

旅行費はポイントを有効利用する

マイレージサービスは普段から航空会社の利用が少ないと諦めがちですが、使い勝手の良い1社に絞ると有効利用できます。

マイレージを家族間で共有できる航空会社もありますし、マイレージの有効期限も3年間は持ちます。格安航空券でも100%のマイレージを加算してくれるようになりました。

さらにクレジットカードやネットショップのポイントサービスを調べると、提携会社へのポイント移行サービスがあり、ポイントを合算することでまとまった旅行券やマイルも獲得できます。

ただし、ポイントを移行するためには別途費用がかかるので、なるべく1社に絞ることは必要です。

また、ネットショップでは買い物だけでなく、アンケートやモニターでポイントを稼ぐこともできますので、少しでも旅費を浮かしたい人にもおすすめです。

旅行積立という特定の旅行会社に貯金していく方式もあります。旅行会社が限定されてしまいますが、金利が銀行よりも数十倍の利回りであり、満期でサービス額がプラスされることがメリットです。

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた記事を掲載しておりますが、記事を参考にする際はご自身の責任のもと、ご利用いただくようお願いいたします。
公開日公開日 2014.08.25
更新日更新日 2016.04.18
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
自家用車に40年間乗ったときのトータルコストは3,396万円
自家用車に40年間乗ったときのトータルコストは3,396万円
節約と貯金のコツ 節約ノウハウ
自家用車を持っている人は車の便利さに慣れてしまい、なかなか手放すことができません。特に地方に在住の方は生活必需品であり、車を持たない選択...
医療費はかかりつけ医とジェネリック医薬品で節約
医療費はかかりつけ医とジェネリック医薬品で節約
節約と貯金のコツ 節約ノウハウ
医療機関で初めて外来受診する際には、初診料が加算されます。この初診料は病院の規模が大きくなるほど高くなります。200床以上の病院では初診料...
【漫画】第15話「副業のリスクとは?7つのデメリットを知る」
【漫画】第15話「副業のリスクとは?7つのデメリットを知る」
マンガでわかる副業 フクリーマン
マンガで紹介した7つのリスクを罪の重い順に並べると「犯罪行為で捕まる、公務員法に抵触する、法的リスクが増す」などとなります。特にせどりや...
【漫画】第18話「FBAでせどりの作業効率がアップ」
【漫画】第18話「FBAでせどりの作業効率がアップ」
マンガでわかる副業 フクリーマン
せどりでは「商品の仕入れは宝探しみたいで楽しい」と意見が多いです。1個数千円の利益になるプレミアムグッズが見つかったり、1個500円の利益に...
【漫画】第20話「年齢別の平均年収!20・30・40・50代など」
【漫画】第20話「年齢別の平均年収!20・30・40・50代など」
マンガでわかる副業 フクリーマン
2016年9月に公表された日本人の平均年収は420万円でした。調査機関は国税庁、調査対象が4,794万人の給与所得者であることからデータの信頼度は高...

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
中野貴利人
中野貴利人
NAKANO KIRITO
株式会社ネットピコ代表取締役。著書にど素人でも稼げるネット副業の本など。過去の取材はメディア掲載履歴で紹介。

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK