ウェブライター - 記事を執筆して副収入を得る在宅ワーク

ウェブライターの基本データ

総合 3.8点3.8
評価
収入1記事500~1,000円
時間1時間~
日程
平日
土日
連休
早朝
日中
夕方
深夜
特徴
短期
固定
成果
資格
定年
始め方 クラウドソーシングサービス

サイトの文章を作成するウェブライター

サイトの文章を作成するウェブライター

ネットビジネスの市場拡大により需要が増している

ウェブライターは企業や個人のサイトに掲載するための文章を執筆する仕事です。やり取りはメールのみが基本であり、好きな時間に好きな場所で働けます。パソコン1台があれば、在宅ワークが可能な成果報酬型の仕事です。

空いている時間を有効に使えることから、会社員だけではなく主婦でもウェブライターを副業とする人が多いです。

時給換算で1文字の単価で決まる

1文字0.2~2.0円くらいが相場であり、1,000文字程度の記事を複数ページ依頼されることが多いです。医療や法律など内容が難しいほど、1文字あたりの単価は増えて、1,000文字で3,000円以上を貰う人もいます。

1時間あたりの作業量は個人の能力によりますが、1,000文字であれば約30分で完成できます。単価が1文字0.8円の場合、時給1,600円の計算です。

例えば、1記事1,000文字の案件で800円が貰える場合、1カ月で62~63記事を書くと月5万円の報酬になります。1記事を書くために30分がかかるとすると、31~32時間が必要です。

また、ウェブライターとして実績がないときは、単価の安い案件で我慢する必要もあります。実際には本人のライティングスキルがかなり低いために、1記事に書き終えるまでに2時間くらいを要することもあります。

最初のうちはあまり時給換算せずに、ウェブライターとしてのキャリアを積むことを意識したいです。コツコツと実績を積むことで、いずれは企業から定期的な依頼が来るようになります。

実際に依頼されるテーマは多種多様

依頼される記事のテーマは「株式投資、節約、生命保険、証券会社、ネットバンク」といった金融関連、もしくは「ダイエット、抜け毛、レーシック、メタボ、トレーニング」といった健康関連が多いです。

これらの専門知識がなくても、調べて文章にできる能力があれば、ウェブライターの仕事は成り立ちます。むしろ、自分の得意ではない分野のことをどれだけスピーディーに調べて、自分の知識として取り入れ、自分の言葉で書きなおすかが決め手となります。

案件をこなすほど効率的に稼げるようになる

ウェブライターは完全な成果報酬型の副業ですので、まとまった時間を割けなくても大丈夫です。ウェブライターで副収入を稼ぐ主婦も多く、中でも新聞や書籍を読む方は文章能力に長けており、わりと始めやすいです。

ライティングの仕事はこなせばこなすほど、作業スピードが向上するため、初心者ライターとベテランライターでは、時給換算で2倍や3倍以上の差が生まれます。

実績や経歴を増やしながら、1記事あたりの単価を少しずつ上げていき、同時に文章を書くスピードが上がると、ウェブライターが効率的な副業に感じることでしょう。

副業でウェブライターを始める手順

ウェブライターの仕事の流れは下記のようになります。まずはウェブライターとしての実績を作ることから始めましょう。

その上で単価の低い仕事は断るか、始めの2~3回に留めて、好条件の企業から継続的に案件を貰えるようになることが目標とします。

  1. クラウドワークスココナラランサーズなどのクラウドソーシングの仲介サービスを複数見つけます。
  2. これら以外にもネットで「ウェブライター 求人」などと検索したり、ライター募集中の企業やウェブライターの仲介業者に登録します。仲介業者ではウェブライター・ジェイピーが有名です。
  3. 複数の仲介会社などに会員登録をして、依頼が来るのを待ちます。頻繁に案件を回してもらうために、専門性や実績をアピールすることは必須です。
  4. 案件を貰ったらテーマに沿った文章を作成し、期日を守って納品します。その際は業務委託となるため、契約書や請求書を書きます。
  5. 依頼主からOKが出ると、指定の銀行に代金が振り込まれます。

納品した記事で好評価を得られると、同じ企業からリピートして仕事が来ることが多いこともウェブライターの特徴です。ウェブライターは制作した記事で好評価を得られさえすれば、同じ依頼主がリピーターになり、仕事が途切れる確率も少なくなります。

最初はお小遣い稼ぎであっても、徐々に本業としても展開できるのが魅力的で、月に5万円を超える人も結構います。自宅から1歩も出ることのないウェブライターは、自分の文章力とスピードで収入が上がる副業です。

ウェブライターは人気の副業でライバルが多い

仮にウェブライターではなくライターとして副業を始める場合、通常は出版社に営業したり、知人や友人から仕事を請け負うことになります。

その際には自分の職歴や得意分野をアピールし、実績を積んでいる必要があります。すでに本業として経験がある人に限り、すぐにライター業をスタートすることができますが、未経験者は仕事にはあり付けないです。

一方、ウェブライターは依頼主に中小企業や個人事業主が多いため、クラウドソーシングやSOHOで仕事を進めやすく、特別な営業をしなくてもネット上で案件が見つかりやすいです。ウェブライターの需要は高く、正式に募集している企業もすぐに見つかります。

ただし、確かにウェブライターに仕事を頼みたいオファー数は多いのですが、ウェブライターを本業や副業にする人もかなり多く、需要と供給の関係でスムーズに案件を得ることが厳しい傾向にあります。

やはり、案件には限りがあり、多少文章力に長けているとしても、特に初心者が採用されることは難しいです。ここは同業者であるライバルと差を設けなければなりません。

そのため、ウェブライター未経験者はウェブライターではなく、同じ文章を作成する別の副業で実績を積んだり、低単価や無償で記事を書かせてもらってキャリアを構築するプロセスが必要になってきます。

例えば、別の副業にはブログライターがあります。ブログライターは自分のブログに商品を紹介することで、その商品のスポンサーから収入が貰える副業で、パソコンがあれば誰でも応募できます。スポンサーはREPO(ルポ)などで探せますので申し込んでみましょう。

もちろん、ブログライターではなく、すでにサイトやブログに記事を投稿していたり、本業で編集などの仕事をしている、もしくは文章力には自信がある人はウェブライターとして、いきなりスタートしてもOKです。

また、ウェブライターとして、クラウドソーシングの仲介サイトやウェブライターの専門サイトに登録したあとは、初心者であることを素直に書いても仕事は一向に貰えません。

初心者は「何でもやります、単価は1円で構いません、1日で納品します」といった言葉を使う傾向がありますが、依頼主はビジネスとして真剣にウェブライターを探しているわけで、そのようなアピールはむしろマイナス効果です。そこでできたら次のように専門性を前面に出しましょう。

以前はアパレル業界で働いていて、ファッションやデザインに関する専門知識があります。また、高校時代はバレー部で、現在は週に1度はサッカーを観に行くほどのスポーツファンです。文章の作成経験は複数あり、時間の都合もつきやすいです。

信頼を勝ち取る方法で大切なことはプロフェッショナルさです。何でも屋よりも深い知識が重宝されるので、例えば、下記のように丁寧にアピールすると仕事を請けやすいです。

ウェブライターの経験者にインタビュー

実際、ウェブライターは副業としてどのくらいの稼げるのでしょうか?

1文字当たりの単価ではなく、1記事500文字くらいで300円の契約をしています。1回で10~30本くらいの依頼で3,000~1万円、だいたい1カ月で5万円前後になります。

作業ペースはどのような感じでしょうか?

書き始めるときは集中して、一辺に仕上げるようにしています。音楽くらいは聴きますが、1記事10分を目標にしています。

記事作成の依頼を受けるときに気をつける点はありますか?

テーマの他に1記事ごとにタイトルを指定してもらっています。自分で構成を考える必要がないので、情報を探して文章を書くことだけに集中できます。

メールだけのやり取りでトラブルはないのでしょうか?

依頼主の意図に沿う記事を納品するようにしていますが、まれに学術論文なみの質を求めてくる方もいます。その場合は何度かやり取りが発生しますが、なるべく迅速に対応できるよう心がけています。

ウェブライターを副業にするコツはありますか?

知識のない難題なテーマでも、どこを探せば情報が出てくるのかを把握することで、無駄な苦労をしなくて済みます。納期は必ず守り、誤字脱字をチェックも怠らないことで信用を得ると、仕事が継続しやすいです。

ウェブライターの体験談

良い

ウェブライターは数が多いのでなかなか安定的に仕事を得るのは難しいという面もあります。そのため、何かしら専門の得意分野を持っていると、それは1つの強みになります。

特に一般的には知られていないような内容についての知識や経験があったり、自分だけのノウハウがあったりする人は重宝がられるます。

ただ、私の経験から言えば、そのような得意分野がなくても、文章作成に必要な情報をウェブなどを使って検索、精査、統合、編集をして、オリジナルの文章を素早く作る能力こそが、ウェブライターに必要なスキルだと思います。

良い

ウェブライターになるにはいくつか方法がありますが、@SOHOなどの在宅の仕事を斡旋するサイトに登録するか、ウェブライター専門のサイトでライティングの仕事の募集に応募するのが通常の方法です。最近ではクラウドソーシングを利用することも一般的になりました。

他にもウェブライターを募集している会社はたくさんありますので、自分に合った所を探して登録しておいて、地道に仕事をこなして実績を作っていくことがまず第一歩になります。

良い

ウェブ上に掲載することが目的ですので依頼される文字数は少なめで、400~1,500文字の量が一般的な1件の文字数になっています。

ウェブライターの報酬は400文字ならば200~300円程度が一般的です。単価だけを見ると非常に安いですが、実際は1,000文字程度の文章でも慣れれば15分程度で書けてしまいますので、文章作成が早い人であれば時給換算でかなり効率よく稼ぐことができるでしょう。

普通

ウェブライターで忘れてはならないのは、依頼された仕事に対して納期をしっかり守り、相手の要求仕様にきちんと応えた文章を安定して作ることです。

どんな仕事でも同じですが、こうして信頼関係を築かなければ仕事の依頼を受けることができなくなります。こうした誠実な対応こそが最も必要なことかもしれません。

普通

文章を書くことが人よりも上手い人や、普段の仕事で文章を扱っている人ならばすぐにでもウェブライターになることができます。

ライターとはさまざまな企業や個人からの依頼に基づいて特定のトピックスに対して文章を書く人のことを指しますが、ウェブライターの場合はその文章の掲載先がウェブ上であることが前提になっています。

ただし、ウェブライターの求人は非常に多いのですが、それ以上にウェブライターを志す人の数が多いですので、かなり供給過多の市場になっていると言えます。私は固定のクライアントがいるので安定化していますが、仮にこれから新規開拓するとなると営業力が必要だと思っています。

悪い

ウェブライターでは少ないですが、ネットビジネス全般的に個人情報を入力しても仕事が一向に貰えない場合があります。これは個人情報を売買する悪質業者が成りすましているケースが考えられますので、信用できる企業にのみ応募しましょう。

もちろん、きちんとウェブライターを募集している専門誌もあり、中には副業を前提とした募集をしているサイトもあります。

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた記事を掲載しておりますが、記事を参考にする際はご自身の責任のもと、ご利用いただくようお願いいたします。
公開日公開日 2014.08.14
更新日更新日 2016.04.18
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
ブログライター - ブログで商品やサービスを紹介する
ブログライター - ブログで商品やサービスを紹介する
ネット副業 ネット副業の職種リスト
商品やサービスのレビュー、感想、体験談、紹介、検証といった記事をブログに投稿することで、副収入を稼ぎます。この在宅できるブログライターは...
ポイントサイト - 現金に交換できるポイントを貯める
ポイントサイト - 現金に交換できるポイントを貯める
ネット副業 ネット副業の職種リスト
ポイントサイトとはポイントサイト内にある広告をクリックしたり、ゲームに参加することでポイントがゲットできる仕組みです。受信したメールに書...
【漫画】第6話「みんなが稼げない副業ほど実は稼げる」
【漫画】第6話「みんなが稼げない副業ほど実は稼げる」
マンガでわかる副業 フクリーマン
副業も本業と同じように、仕事の難しさと収入の多さはある程度比例しています。例えば、技術や頭脳系の副業はあらかじめスキルが必要であり、時給...
【漫画】第10話「せどりの基礎はブックオフのセールで学べ」
【漫画】第10話「せどりの基礎はブックオフのセールで学べ」
マンガでわかる副業 フクリーマン
ブックオフのせどりでは「108円セールを狙う」という儲けのルールが有名です。しかし、108円セールの対象で、利益が出る商品に遭遇できる確率が...
【漫画】第2話「本業・転職・起業で年収は増えない」
【漫画】第2話「本業・転職・起業で年収は増えない」
マンガでわかる副業 フクリーマン
日本人の平均年収は1997年の467万円をピークに下がり続けて、2014年は415万円にまで落ち込みました。逆に税金は上がっているために使える額が余計...

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
フクポン編集部
フクポン編集部
EDITORIAL DEPARTMENT
サラリーマンや主婦ができる副業を徹底解説。着実な副収入に加えて、資産運用で収入を増やし、節約で支出を減らします。

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK