苦しい時代を副業で切り抜ける!会社に頼らない収入源を確保

苦しい時代を副業で切り抜ける!会社に頼らない収入源を確保

会社を頼りにするとリスクは大きくなる

社会人なりたての頃にはこのように噛み付いていた人が多くいました。若手はモチベーションに溢れていて、社内にいる上司や先輩社員のやる気の低さに憤りを感じることもあります。

「この会社のこういうところがダメだ」
「俺は3年で会社を辞めてやる!」
「直接、上司に掛け合って解決する」

しかしながら、次第にその会社の実態が見えてきて、次第に従順な社員になってしまいます。結局は上司や先輩社員と同じ立ち位置になるわけです。

「ぬるま湯に浸かっているのがベスト」
「上手に生活残業をすることも必要」
「無理をして失敗するなら現状で満足」

このような意見は実際に私が会社で聞いたことがある内容です。だんだんと今の会社でうまく生きていこうとする人間ができあがっています。環境に慣れると視野が狭くなり、その環境に依存する典型例と言えます。

ただ、本業に頼り切る生きる時代は、すでに終わりを告げました。賃金は労力とは比例せず、本当に必要なものだけが生き残る厳しい世の中です。残業時間はカット、手取りの給料は減らされ、失業が他人事ではありません。

成果が欲しいなら積極的な行動

景気の循環は数年に1回のペースで必ずやってきますが、不況の度に窮地に陥るのではなく、乗り切るこつを身に付けたいです。その不安定な状態から抜け出す方法の1つが副業です。

世間では貯金がないと「計画性がない、将来を楽観視している、信用できない」と言われて、 貯金をすると「積極性に欠けている、失敗を恐れている、人生を楽しんでいない」揶揄されます。

どちらが正しいとも言えませんが、お金が手元にあるたびに使ってしまうのは消費ではなく浪費です。将来のことを考えると、年収分くらいの貯金を残しておいたほうがベターでしょう。

あなたに副業に対するやる気と知識が身に付いた場合、残るはダブルワークを始める行動力だけです。これが欠けてしまうと成果がゼロになってしまいます。副業を躊躇する理由は元々ありません。

時代は副業を推進し、いつでも始められる環境を整えてくれました。近い将来、あなたは今を振り返ることになります。副業をしなかったことで少しでも後悔するのは嫌でしょう。将来、あなたとあなたの大切な人たちが満足できるように、今から副業をスタートさせることを推奨します。

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2012.09.01
更新日更新日 2015.03.31
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
【漫画】第20話「年齢別の平均年収!20・30・40・50代など」
【漫画】第20話「年齢別の平均年収!20・30・40・50代など」
マンガでわかる副業 フクリーマン
2016年9月に公表された日本人の平均年収は420万円でした。調査機関は国税庁、調査対象が4,794万人の給与所得者であることからデータの信頼度は高...
【漫画】第27話「ネット副業よりスマホ副業で効率的に稼ぐ」
【漫画】第27話「ネット副業よりスマホ副業で効率的に稼ぐ」
マンガでわかる副業 フクリーマン
ネット副業には「空いた時間にできる、場所を選ばない、疲労感が少ない、ストレスが少ない、高収入になり得る」という5つのメリットがありました...
【漫画】第21話「副業はやらないほうがいい?8人の副業例」
【漫画】第21話「副業はやらないほうがいい?8人の副業例」
マンガでわかる副業 フクリーマン
副業はお金のためだけに始めるわけではありません。本業の仕事では叶えることができない「収入、業務量、キャリア、人脈、将来性、達成感、社会貢...