借金して購入する前にそれが本当に価値があるかを認識する

借金して購入する前にそれが本当に価値があるかを認識する

借金をする人は欲が抑えられない

家庭のキャッシュフローで最初に見直すポイントは借金です。まずは「今すぐにでも買わなくてはいけなくて、高額で手が出せないときにだけ借金をする」と明確に決めましょう。

それに該当するものは住宅ローンくらいしかありません。その住宅も購入費用は抑えたいです。そのためには借金で購入したものが、果たしてどれほどあなたに価値をもたらすのかイメージできることが大切です。

例えば、20~30代で借金する理由の1つに車のローンがあげられます。その車を購入した理由が「見栄を張る、誰かに自慢する、自分の価値を高める」だとしたら、ただ欲を満たすだけの用途しかありませんので、借金してまで購入する理由には値しません。

同様に「ストレス発散、衝動買い、目的なしの浪費」も得られるメリットが見当たらないのでアウトです。

現在はクレジットカードのリボ払いや銀行系カードローンのように、簡単に借金できてしまう環境が、貧乏スパイラルの引き金となっています。そのため、本当は今の収入で買えるはずもない物を簡単に買えてしまうことで、自分はお金に余裕があると錯覚してしまうわけです。

実際は利息で無意味な負担を増やし、購入した物もその価格以上に使うことが少ないはずです。借金とは止むに止まれぬ事情で利用する、窮余の一策と認識しましょう。

商品にある本当の価値を認識する

高級車や高級マンション、ブランドバッグを持っている人が、必ずしも裕福な状態ではないことが世間で認識されています。ローンさえ組めば、何でも所有できるので、もはや銀行の預金残高を見ないと、その人が本当にお金持ちなのかはわからなくなりました。

昨今「日本の若者が自動車に憧れを持たず、自動車離れが深刻化している」ことが報道されています。この原因は「長期的な不況に加え、価値観が変わったことが大きい」と言えますが、将来を考えて「車を持ったら、お金が苦しくなる」と冷静に考えている賢い判断とも考えられます。

自動車にメリットを見出せない風潮もあります。ただ、それでも中には「自動車を資産」と勘違いしている人たちがいます。実は自動車はただの消耗品に過ぎません。それは新車を購入して、1度でも乗ったら半額の値でしか売れないものが資産になるはずがないからです。

むしろ「ガソリン代、駐車場代、自動車保険、自動車税、メンテナンス費用、高速料金、車検代」で定期的にお金が出て行くので負債とも言えるでしょう。自動車ローンを組むと、利息まで持っていかれます。

こう考えると自動車は生活必需品ではなく、高級品ですので、本来はある程度の余裕がなければ所有できません。社会人になると自動車を持っていて、お金がない人によく出会えるように、借金が簡単にできる日本では、自動車を持っているステータスが通用しなくなりました。

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2013.01.11
更新日更新日 2015.03.31
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
【漫画】第33話「コンテンツの作り方!市場調査でニーズを把握」
【漫画】第33話「コンテンツの作り方!市場調査でニーズを把握」
アフィリエイトで稼ぐためにジャンルを選び、テーマを決めて、キーワードを探しました。ただ、ここまではいわゆるマーケティングであり、サイトの...
【漫画】第34話「良い記事や文章を書くための10のコツ」
【漫画】第34話「良い記事や文章を書くための10のコツ」
良い記事の定義は人や内容によって変わりますが、基本的には「需要がある、読みやすい、信頼できる」ことが当てはまります。サイトやブログにプロ...
【漫画】第36話「検索順位を上げる方法とは?答えは1つだけ」
【漫画】第36話「検索順位を上げる方法とは?答えは1つだけ」
多くのユーザーをサイトに集めたり、ユーザーが満足できるサイト設計やコンテンツを提案できる技術を「SEO(Search Engine Optimization)=検索...

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
中野貴利人
中野貴利人
執筆・編集
株式会社ネットピコ代表取締役。著書にど素人でも稼げるネット副業の本など。過去の取材はメディア掲載履歴で紹介。

ピックアップ

PICKUP