【漫画】第34話「良い記事や文章を書くための10のコツ」

「全部の記事が読みにくい」

何で全部書き直しなの!? お前に良い記事や文章を書くためのコツを教えてやるだぬ ①良い記事の本質を知る ②5W3H1Rを設定する

「読者のための文章作り」

③タイトルを工夫する ④レイアウトに配慮する ⑤文章構成を意識する ⑥オリジナルを提供する

「情報の正確性を意識する」

⑦読みやすい文章を書く ⑧わかりやすさを追求する ⑨情報の正確性を保証する ⑩読み直して修正を加える

「数をこなすと上達する」

凄腕アフィリエイターも良い記事を書くために勉強と経験を重ねてきただぬ 自分も勉強しながら記事を書き直してみるよ! 次は無料ブログではなく ドメインを取得し サーバーを借りて サイトを作れだぬ いいから言われた通りにやれブー
  1. 良質なコンテンツとは?
  2. コンテンツの構成に配慮する
  3. 有益なコンテンツを書く
  4. 売上を伸ばす記事の書き方

良質なコンテンツとは?

1

良い記事の本質を知る

良い記事の定義は人や内容によって変わりますが、基本的には「需要がある、読みやすい、信頼できる」ことが当てはまります。サイトやブログにプロのライター並みの文才は必要なく、良い記事であることが重要です。

2

5W3H1Rを設定する

あらゆるユーザーに向けた記事は内容が薄くなりがちです。そのため、事前にターゲットを設定することで、読者の視点に立ち、読者とのずれをなくすことで、読者に刺さる記事が書けるようになります。

私たちもターゲットを決めると文章が書きやすいです。古い言葉で言うと「Who、What、When、Where、Why、Howの5W1Hが明確である」ことで、読み手に伝わりやすくなります。

さらに「How many、How much、Result」を追加して、5W3H1Rとすることもあります。Whoだけでも年齢、性別、職業、年収、家族構成、居住地のように区分はたくさんあり、ターゲットを絞ることができます。

例えば「老眼に悩む男性」でも問題ありませんが、できたら「40歳以上のお父さんで新聞が老眼で見えづらい方」のほうが、より具体的で相手を引き込む力があるわけです。

それ以外でも「趣味、服装、価値観、悩み、夢、興味、お金の使い道」などのステータスも想定して、広く浅くではなく、具体的にターゲットを絞ることが広告に誘導することにもつながります。

Whereであれば、地域を限定することで具体性が高まり、ライバルも絞られます。都道府県別で人口が多い順では東京都、神奈川県、大阪府、都市では横浜市、大阪市、名古屋市の順で需要を想定することができます。

コンテンツの構成に配慮する

3

タイトルを工夫する

タイトルにはユーザーを惹きつける力があります。一例としては「○○の方へ緊急のご案内、○○で困っている人限定、失敗しない○○の選び方」なども定番のタイトルであり、クリックされやすくなります。

「40代で髪の毛が薄くなってきた女性へ緊急のご案内!」
「スコアが伸び悩んでいる人が80を切るためのゴルフスイング!」
「1日10分のジョギングで3kg痩せるためのノウハウ!」

例えば、ペットのしつけに関する記事を作った場合、有益性のために「方法、まとめ、秘密」、具体性のために「30選、トップ3、3分」、信頼性のために「御用達、専門家、プロ」などをタイトルに混ぜ込みます。

文言
今すぐ役立つ今すぐ飼い犬のストレスを減らす自然な方法
~が欲しいですか?吠えない犬が欲しくありませんか?
~から守る子供が犬にかまれるのを守る方法
御用達宮内庁御用達!犬の訓練グッズ7選
仕方、やり方初心者必見!正しい子犬のしつけ方
衝撃江戸時代から伝わる衝撃の犬猫のしつけ術
知られたくない
~の秘密
誰にも知られたくない警察犬の秘密を暴露
ステップ
上手に犬をしつけるための3ステップ
専門家
プロ
なぜ専門家はしつけには厳しさが大切と言うのか?
どうして~は
なぜ~?
なぜ犬のしつけは失敗するのか?
トップ○
ベスト○
第○位
犬があなたのストレスを減らす理由トップ5
~に隠された飼い犬の悪行に隠れている真実とは?
○分3分でわかる!賢い犬の育て方
方法安全を保ちながら確実に飼い犬に尊敬される方法
間違い犬のしつけによくある間違いとは?
まとめすぐに効果が出る犬のしつけ方のまとめ
無料5日間無料!プロによる犬のしつけトレーニング
~を改善する飼い犬の行動を改善する101の方法
~を知っていますか?飼い犬とのコミュニケーションをご存知ですか?

GoogleやYahoo!の検索結果にはタイトルが並びます。そのため、思わず読みたくなる濃いタイトルを考えることで、ユーザーの目に留まり、クリックをされて、訪問者数が増加するようになるわけです。

4

レイアウトに配慮する

1つの記事にはタイトルや見出しなどを適切に配置します。基本的には「タイトル、リード画像、目次、見出し1、本文1、見出し2、本文2‥‥」といった形式です。長文ではない場合は目次はなくて構いません。

5

文章構成を意識する

プロとアマの決定的な違いは文章構成です。語彙力や句読点の打ち方なども考えたいですが、ひとまず文章の構成がうまいと、最初の1行でこの記事を読む気にさせ、斜め読みされず、続きが気になって読了につながります。

ウェブでは「起承転結ではなく、結から書く」こともコツの1つです。スマホユーザーは忙しいため、記事を1文字ずつ読んではいません。そのために冒頭に結論、続いてその理由を展開することで満足度が高まります。

さらにアフィリエイトでは読まれるだけではなく、買わせるアクションまでつなげたいです。そのときは結論から書いたよくわかる解説をしても、効果は薄いです。

読みやすい流れを作るにはPASONAの法則などを利用します。PASONAの法則では「Problem(問題)、Agitation(扇動)、SOlution(解決策)、Narrow down(絞り込み)、Action(行動)」を意識しています。

例えば「運動が習慣化できない?、運動不足は筋肉の老化が早まります、運動を続ける3つの方法とは?、この運動があなたには最適、今なら30%オフで申し込めます」とすると、広告への誘導がしやすいです。

有益なコンテンツを書く

6

オリジナルを提供する

アフィリエイトで最も時間がかかる作業は文章作成です。それを短縮しようとして文章をコピーする人がいますが、それは著作権侵害に当たります。リライトしても内容や構成が同じな場合は違法です。

Googleもコピーしたコンテンツは無価値と評価するため、いずれにしてもウェブ上のゴミと化します。そのため、私たちは常にオリジナルコンテンツを書くように意識したいです。

オリジナルコンテンツは「自分の体験談を述べる、取材内容を掲載する、撮影する、意見を述べる、分析する、専門知識で掘り下げる、物事の両面を捉える」をすることで書きやすくなります。

7

読みやすい文章を書く

新聞社には一定の記述ルールがあり、それを守ることで文章が読みやすくなります。例えば「1ページを長々しくせずに1万文字以下に抑える、1文に50単語以下に抑える、言い回しや受け身は使わない」です。

さらに「接続詞を多用しない、難しい単語は使わない、カタカナ語を控える、送り仮名を統一する、表記を統一する、漢字を多用しない」などがあります。漢字では「等はなど、方はほう、時はとき」を使います。

文字の全角と半角も統一したいです。全般的に「カナは全角、数字は半角、英語は半角、記号は全角、スペースは半角、カッコは全角」とすることで、単語レベルでの違和感がなくなり、それが信用力につながります。

また「・、‥‥、『』」などの記号の使い方、数字では「1,000,000円は100万円」や「ヵ月、か月、ケ月、ヶ月、箇月はカ月」に配慮することで、読みやすさは向上します。

8

わかりやすさを追求する

文章では説明しにくい情報も画像、表、グラフ、図解、動画などを使うことで、内容が伝わりやすくなります。記事の上部に写真を入れると表現力が豊かになりますし、図解によってユーザーの滞在時間も増えます。

9

情報の正確性を保証する

事実に基づく内容のみを載せ、その根拠も明示することでユーザーの信用力が高まり、良質なコンテンツであると判断されやすくなります。特に医療情報では医学的見地や科学的根拠が欠かせません。

10

読み直して修正を加える

誤字脱字を確認する校正ではJust Right!6 Proなどの文章校正支援ツールが役立ちます。内容の誤りや不備を正す校閲では印刷物に落としこみ、赤ペンでチェックすることで正確性が高まります。

伝え方などを改善する推敲は第三者に頼むことがベストです。それができない場合は、1時間できたら一晩を置くことで時間を置いてから記事を読み返すと、修正箇所が見つかりやすくなります。

これは自分が文章を書いているときは集中力が高まっており、どうしても主観的な意見が混じりやすくなるためです。時間の経過とともに客観的に文章を捉えることができ、偏った主張を編集することができます。

売上を伸ばす記事の書き方

役立つ記事を書き続けるメリット

役立つ記事を書き続けるメリット

アフィリエイトでは「収入=訪問数×クリック率×報酬単価」という公式は覚えておきたいです。サイトを訪れてくれたユーザーのうち、何%が広告をクリックし、いくらの商品を購入したのかで副収入が決まります。

収入=訪問数×クリック率×報酬単価

例えば、1カ月で3万円を稼ぐために、下記の3種類を想定してみました。1日で1,000円、1カ月で3万円という結果は同じですが、中身が違います。

  1. 3万円=1,000人×5%×20円×30日
  2. 3万円=10人×20%×500円×30日
  3. 3万円=10人×5%×2,000円×30日

質の高い記事を増やして、検索結果の上位に表示されると①のように訪問数が増えていきます。資金を投じた企業と戦いを避けるために、ライバルが少ないキーワードを探し、それに沿った記事を書いていきます。

ユーザーの購買意欲を高める文章を書くと、誘導に成功して②のクリック率が増えます。クリック率は自分の書く文章次第で上がります。惹き付けるような文章で商品を紹介することができれば、訪問数を補うほどのクリック率を上げることができます。

アフィリエイトを③のような高単価の広告に変更して、高品質なコンテンツで誘導しても収入は上がります。高単価の広告はアフィリエイトのプロが挙って参入していますが、写真付きの体験談などの高品質なコンテンツを作りこむことで、副業を始めたばかりの初心者でも商機が見えてきます。

訪問数の①、クリック率の②、報酬単価の③をアップするには、それぞれに別のノウハウやスキルが必要になりますが、質の高い情報を提供することは共通しています。

①は「質の高い記事を増やす」、②は「購買意欲を高める文章を書く」、③は「高品質なコンテンツで誘導する」とあるように、いずれにしてもユーザーに質の高い情報を提供するというプロセスは変わりません。

アフィリエイトで稼ぐためには「デザインの改善や検索エンジン最適化をする」なども言われていますが、1番は質の高い情報を提供することです。魅力的な文章を書くほうが効率的であるため、特に力を入れたいです。

クリック率を高める文章を意識

クリック率を高いページは、リアリティを感じる文章で書かれていることが基本です。体験談を写真付きで掲載する、メリットとデメリットを両方解説する、専門知識を噛み砕いて紹介するとより効果が現れます。

ユーザーを取り逃がさないための文章であれば、例えば「○○選びで迷った人は~が最適」や「成功者が守るたった1つのルールは~」など、文章の端々を工夫することで、商品に上手に誘導できます。

物販で契約率を上げたい場合は、説明者をキャラクタ化して「自分の生い立ち、失敗談や恥ずかしい体験談、自分や家族の趣味」をオープンにすることで、ユーザーは親近感が沸いて、安心感から商品を購入してくれます。

単に好きな文章を書くのではなく、文章テクニックを使った上でサイトを仕上げていくことが大切です。文章を上達させることができれば、あとは記事を増やしていくにしたがって、収入も増えやすくなります。初心者もまずは文章力のアップを目指しましょう。

報酬が発生しやすい広告を選択

サイトが完成して、記事もコンスタントに書けるようになったら、次に副収入を生むキャッシュポイントを作ります。まずはサイトに掲載したいアフィリエイトの広告を選んでいきます。

ちなみに最初に広告を選んでからサイトを作るやり方もあります。広告を先に選ぶことで、その広告に誘導するような文章が効率的に作れます。

ただ、初心者は先にテーマを決めてから広告を選んだほうが、広告を意識することがないので自然な文章が書けますし、複数の広告を柔軟に配置できるようになりますので、今回はあえて後回しにしています。

アフィリエイト広告を選ぶには、アフィリエイトを配信している会社と契約します。A8.netアクセストレード、バリューコマース、リンクシェア、ジャネット、トラフィックゲート、アフィリエイトBなど、たくさんの会社が多くの広告主と契約しています。

アフィリエイト会社は1つに絞る必要はありません。アフィリエイト会社によって、広告主を独占している場合がありますし、報酬率が異なる場合もあります。そのため、初心者でも最初に2~3社と契約して比較すると、広告が選びやすいでしょう。

実際に画面を操作してみて、何度か使っていくうちにお気に入りができてきます。最低支払額が1円からだったり、振込手数料が無料だったり、各社がいろいろなメリットを打ち出していますが、結局は広告の充実度と透明性で選ぶことが多くなります。

初心者はクリック報酬型もあり

成果報酬型のアフィリエイトは「クリックして購入される」ことで収入が発生します。資料請求なら100~1,000円、口座開設なら1,000~20,000円、物販なら10~30%など、報酬額の設定も多種多様です。

一方、アフィリエイトには「クリック報酬型」と呼ばれる仕組みもあります。ユーザーがクリックするだけで、1クリック平均で10~20円、高くて100~200円の報酬が貰えます。

ただ、クリック報酬型のアフィリエイトでは、結局はユーザーがクリックされたあとに、何らかの商品やサービスを購入しているわけです。それならせっかく集めたユーザーをクリックだけで終わらせないで、購入させる成果報酬型のアフィリエイトに誘導するほうが利益になります。

そのため、トップアフィリエイターの多くは成果報酬型のアフィリエイトで収入を上げていて、クリック報酬型のアフィリエイトで稼いでいる人の割合は少ないです。

それとは逆に初心者はアフィリエイトよりもクリック報酬型のアフィリエイトのほうが稼ぎやすかったりします。それは初心者が商品に誘導するような文章が書くことは難しいためであり、クリックするだけのほうが工夫が少なくて済むからです。

ユーザーの購買意欲をうまく引き出すような文章を書くには、相応の文章力が必要であり、意外と苦闘します。本人の体験談なら扱いやすいですが、体験談も量産できるものではありません。

結果的には成果報酬型とクリック報酬型のどちらが優れているかは、サイトのテーマとキーワードによりますが、最初は丁寧に記事を書き続けながらクリック報酬型で稼いでいき、次第に成果報酬型のアフィリエイト広告に誘導する文章を作成するといったステップアップが望ましいです。

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2017.08.23
更新日更新日 2017.09.03
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
【漫画】第33話「コンテンツの作り方!市場調査でニーズを把握」
【漫画】第33話「コンテンツの作り方!市場調査でニーズを把握」
アフィリエイトで稼ぐためにジャンルを選び、テーマを決めて、キーワードを探しました。ただ、ここまではいわゆるマーケティングであり、サイトの...
【漫画】第25話「生涯支出を計算!住居や老後などの総額は?」
【漫画】第25話「生涯支出を計算!住居や老後などの総額は?」
政府機関や大手企業の調査データを基準にした平均的な数字からあなたの生涯支出をシミュレーションします。仮にあなたの年齢が30歳の場合、年齢を...
【漫画】第32話「ユーザー目線のサイト作りとキーワード選び」
【漫画】第32話「ユーザー目線のサイト作りとキーワード選び」
今まで第28話でアフィリエイト市場の実態に触れ、第29話で仕組みとデメリットを理解することを経て、第30話ではアイドルグループにスポットを当て...
【漫画】第31話「サイトのテーマを決めるには広告一覧を見よう」
【漫画】第31話「サイトのテーマを決めるには広告一覧を見よう」
サイトやブログのテーマは自分の「得意なこと」がベストであり、それがないときは「興味や関心があること」で決めます。これは編集者や記者ではな...

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
中野キリト
中野キリト
NAKANO KIRITO
写真や図解付きで2,000以上の記事を書いてきました。2016年からは会社員や主婦向けの漫画や原作を描いています。
イブキミノ
イブキミノ
IBUKI MINO
30歳オーバーにして、脱サラしたイラストレーター兼漫画家。丸っこいものに囲まれて暮らすのが夢です。

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK