銀行ではなく消費者金融でキャッシングするメリット

銀行よりも消費者金融が人気な理由

銀行よりも消費者金融が人気な理由

お金を借りたい人で資産価値のある担保を保有している人は少数派です。銀行の融資ではこの担保を始め、年収や仕事内容を厳しく審査しています。

そのため「すぐに小口のお金を借りたい」という人が最も利用しているのは銀行窓口ではなく、気軽なカードローンやCMでも有名な消費者金融のキャッシングです。

イメージでは「小口=金額が少ない」ですが、消費者金融で多く取り扱っている金額は100万円以内です。もし数万~数十万円程度を必要とするならば、消費者金融で充分でしょう。

消費者金融はどの駅でも複数店舗は存在するくらいに需要があります。これほど多く利用されている背景には「無担保でお金を借りられる、審査にかかる時間が非常に短い、早い場合は即日借り入れが可能」という利便性の高さで支持を得ています。

さらにテレビCMなどで盛んに宣伝されているため、消費者金融は認知度が非常に高く、今では安心して利用できるという心理的な働きも大きいです。

キャッシングに必要な書類は基本的に本人確認書類のみ

消費者金融でお金を借りる場合に必要な書類は、免許証などの本人確認書類のみです。金額が50万円や100万円を超えてくると、給与明細書、源泉徴収票、確定申告書といった現在の収入を証明する書類が必要になります。

銀行から融資を受けるためには安定した収入があることが基本条件になっていることが多いのに対し、消費者金融はパートやアルバイトの人でも一定の職業や収入があることが証明できれば、問題なく審査が通ります。

審査から申し込みまでの手続きも非常に簡単で、ネット上で必要事項を記入し、免許証などのコピーをネット経由で送付するだけで審査を受けることができます。

自宅にいながら全ての手続きを完了できて、審査が通れば即日指定口座に入金されるため、利用する側はとっては便利です。

ちなみに申し込みできる条件は、基本的には20~69歳で安定した収入のある人のみです。これに当てはまっていれば、主婦や学生でもアルバイトが安定収入と認められ、ローンやキャッシングを利用することができます。

期間限定で利息が0円の消費者金融を利用してみる

CMなどでよく聞くフレーズに「○日間無利息」という仕組みがあります。これは初回に借り入れをしたときに、各社で1週間~30日間などの指定の期日までに全額を返済すれば、無利息で返済可能というサービスです。

これは怪しいサービスではなく、主に新規顧客を集めるための手法として多くの消費者金融が採用しています。初回の利用にしかこの無利息サービスは適用されないことが多いですが、非常にデメリットの少ないお金を借りる方法です。

指定口座からの自動返済やコンビニのATMから手数料無料での返済も可能です。長期的に返済する際にも手間はかからないようになっています。

このように使いやすい消費者金融ですが、金利は銀行の年利5~15%などと比較すると高く、年利10~18%になっています。よく「ご利用は計画的に」と言われていますが、くれぐれも借りすぎには注意が必要です。

また、2010年に施行された総量規制によって年収の1/3を超える借り入れはできなくなっています。

数万~数十万円程度の少額の借り入れをする場合、やはり消費者金融が便利ですが、大きな金額を借り入れるのは厳しいですので、そのときはカードローンを利用しましょう。

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2014.01.14
更新日更新日 2017.10.26
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
キャッシングの審査に有利不利な条件!安定した職業がベスト
キャッシングの審査に有利不利な条件!安定した職業がベスト
カードローンだけではなく、ローン全般における審査基準は、過去10年間を比較した場合、以前よりも厳しくなった傾向にあります。それは2008年...
金券やギフトカードで買い物をすると1~3%以上も得をする
金券やギフトカードで買い物をすると1~3%以上も得をする
利用頻度が高い店があるなら、金券ショップで金券を購入することで、かなりの節約ができます。例えば、マクドナルドで500円分を食べるときは、金...
【漫画】第37話「アフィリエイトまとめ!稼ぎ方をぎゅっと濃縮」
【漫画】第37話「アフィリエイトまとめ!稼ぎ方をぎゅっと濃縮」
アフィリエイトでは月5,000~1万円程度のお小遣いを稼ぐ主婦や学生がたくさんいますし、月数十万円を稼ぐ会社員も珍しくありません。さらに月100...
【漫画】第31話「サイトのテーマを決めるには広告一覧を見よう」
【漫画】第31話「サイトのテーマを決めるには広告一覧を見よう」
サイトやブログのテーマは自分の「得意なこと」がベストであり、それがないときは「興味や関心があること」で決めます。これは編集者や記者ではな...
【漫画】第33話「コンテンツの作り方!市場調査でニーズを把握」
【漫画】第33話「コンテンツの作り方!市場調査でニーズを把握」
アフィリエイトで稼ぐためにジャンルを選び、テーマを決めて、キーワードを探しました。ただ、ここまではいわゆるマーケティングであり、サイトの...

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
中野貴利人
中野貴利人
執筆・編集
株式会社ネットピコ代表取締役。著書にど素人でも稼げるネット副業の本など。過去の取材はメディア掲載履歴で紹介。

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK