マイナス金利で円高が起こる原因!リスク回避で日本円が買われる

中野貴利人
監修中野貴利人
株式会社ネットピコ 代表取締役

マイナス金利で円高が起こる原因!リスク回避で日本円が買われる

  1. デフレ脱却でマイナス金利を実施
  2. マイナス金利でも円高になる理由
  3. 高金利通貨は下落する可能性あり

デフレ脱却でマイナス金利を実施

2016年に日銀はマイナス金利を発表しました。マイナス金利とは「日本の銀行が日銀にお金を預けたときの金利がマイナスになる」ことです。結果、お金を預けると逆に利子を支払うことになります。

それでは銀行は損をするため、積極的に海外や国内への融資や投資をする動きを見せます。これで金回りがスムーズになりますし、金利が低いために企業もお金を借りて、設備投資や新規ビジネスを開拓しやすいです。

これはいわゆる「金融緩和」という施策の1つであり、世の中に出回るお金の量を増やします。その結果、支出増加、売上上昇、給与上昇、物価上昇というインフレになることを望んでいます。

世間的にも定期預金の利率が下がったり、住宅ローンが借りやすくなることは確かですが、現在は米国の利上げ、地政学的リスク、保護主義などの影響で、マイナス金利が短期的な景気刺激策に留まるかもしれません。

マイナス金利でも円高になる理由

日本は金利を下げるマイナス金利を実施して、米国では利上げが行われています。その結果、通常は米ドルの保持したほうが金利差で得をするため、ドル高円安になります。さらに円安が株高を誘発する可能性も指摘できます。

日銀がマイナス金利を発表した直後の為替レートでも、前月比では米ドル/円が1.56円安となりました。今後もマイナス金利を強めると、このように円安に振れやすいですが、マイナス金利による円安の継続性には懐疑的です。

その理由は日本円がマイナス金利になっても、世界への影響力が薄れているからです。それに日本円は従来より金利が低い通貨であるため、いまさらマイナス金利になっても日本円が売られるほどのインパクトはありません。

一方、米国に利上げについては世界中が注目していますが、すでに為替レートには利上げが織り込み済みであり、予測通りに利上げしてもドル高にはなりません。結果、マイナス金利でも円高がありえる状態です。

高金利通貨は下落する可能性あり

高金利通貨は下落する可能性あり

日本では定期預金に100万円預けても年間1,000円も戻ってきませんが、南アフリカランドなら毎日100円は貰えます。そのため、新興国の高金利通貨は日本人にかなり人気が高いです。

しかし、2015~2017年を見ても、南アフリカランドなどの高金利通貨は、下落トレンドを維持しています。これは世界中の投資マネーがリスクが高い金融商品を避けてきたためです。

高金利通貨とは「金利が高い=リスクも高い」という構造であり、トルコリやメキシコペソも同様です。日本と比べると豪ドル、NZドル、カナダドルなどもリスクが上がります。

ここで米国の利上げで加速すると、新興国からは投機マネーが引き上げられて、高金利通貨は通貨安となりやすいです。そこで余った投機マネーはリスクの回避先として日本円に集まり、買いが円高を引き起こします。

初心者も安心できるFX会社

DMM FX
GMOクリック証券
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2016.02.01
更新日更新日 2018.09.06

著作・制作など

中野貴利人
監修・執筆・編集
株式会社ネットピコ代表取締役。著書にど素人でも稼げるネット副業の本など。過去の取材はメディア掲載履歴で紹介。