50代は副業で老後資金を貯める!副収入を得る5種類の方法

65歳定年までの残り20年間で老後資金を貯める

65歳定年までの残り20年間で老後資金を貯める

50代が副業を持つことのメリットは空いている時間をお金に変えられることです。総務省の統計によると、会社員は睡眠、仕事、食事などに必要な生活時間を除いた場合、日本人は年平均で1,500時間も自由時間があります。

その時間の使い方は人によって異なりますが、テレビを見たり、ゴロゴロしするなど、あまり利用価値が高くない時間帯の人も多いです。この何でもなく過ぎていく時間に、本業の収入があるにも関わらず、プラスでお金を稼げることは副業の魅力です。

50代の副業は老後の金銭的リスクにも対応できます。日本人の生涯賃金は平均2億1,000万円ですが、生涯支出は平均3億4,000万円に達するため、圧倒的にお金が足りない現状があります。

その結果「家を買わない、車を持たない、子供を産めない」という選択肢を肯定的に捉える傾向が生まれました。その考えは間違えではありません。

しかし、節約には限界があります。仮に52歳だとしたら近い将来、起こりえる「親の介護ができない、病気になったら生活できない、老後の資金が貯められない」というリスクは受け止めきれないでしょう。

そのため「本業で昇給する、転職で年収を上げる、起業で成功する」などの収入アップの方法の1つとして、積極的に「副業でお金を稼ぐ」という選択肢が考えられます。

特に50代でも本業による大幅な昇給を期待できる人もいますが、むしろ予想よりも少なかった人のほうが多いです。転職で年収を上げられる人はごくわずかですし、起業で成功する人ももっと少なくなります。

子供がいる人は最もお金が出ていく時期であり、老後資金を貯めることが難しいかもしれません。だからこそ、第2の収入が副業に求められています。

また、副業のデメリットは基本的にありません。ただし、副業は本業ありきですので、本業に支障が出ないことだけは気をつけたいです。

50代から副業を始めれば退職後も仕事がある

50代のミドル層で副業をする人の割合がわかる統計データはありません。しかしながら、例えば、アパート経営から輸入ビジネスまで、全国各地で副業セミナーが開かれていますが、50代の姿は多いです。

副業は年齢、学歴、職歴などを問いません。特にネット系や投資系の副業では、皆さんがゼロからスタートします。ここで稼ぐ人と稼げない人の違いは「やる気がある、知識がある、行動できる」の3つしかないです。

この違いを埋めるようにセミナーで勉強したり、入念に準備をして、本気で副業をする50代は、着実にそうではない人よりも豊かさを手にすることができるでしょう。

もちろん、スキルがあまりいらない学生でもできるアルバイト系の副業であれば、このようなセミナーに参加しなくても構いません。本業以上に稼げることはありませんが、特筆すべきノウハウも必要ないため、50代の副業としてもアルバイト系は人気があります。

ただし、50代は大人ですから、大人のメリットと経験を生かした副業のほうがお金を稼ぐには効率的です。そのような副業は全部で5種類に分けることができます。

1

アルバイト系の副業

消去法で考えると、肉体・運動系の副業は選択肢から外れます。飲食業や接客業もハードワークであるため、体力的に難しいです。

一般的には清掃業、ビルメンテナンスや警備員などの保守業務、梱包や配送などの軽作業などがおすすめです。最近、アルバイトの報酬が上がってきたため、時給900~1,100円くらいを狙えます。

2

投資系の副業

50代は20代とは異なり、プライベートで住宅ローンの完済や子育てのゴールが見えてくる年代です。次のステージで年金に依存するのではなく、投資から得た収入で暮らしていく準備をしてみましょう。

ここでは投資を1つの副業として捉えて、不動産投資や株式投資を勉強することから始めます。安定的な収入減は年金代わりにもなってくれます。

3

独立の準備としての副業

最終的にはネイルサロンを経営したいために、土日はネイリスト見習いとしてアルバイトをする人もいます。

整体師からカフェオーナー、ラーメン店経営まで、いわゆる「脱サラ」の準備として始める副業は、将来にもつながり効率的です。

4

ネット系の副業

副業とネットは相性抜群です。好きな場所で働けるため、出勤時の電車の中や外回りの空いた時間にも作業ができます。アルバイト系の副業と違って、移動時間や準備時間というロスもありません。

好きな時間に作業ができるため、寝る前の30分やお風呂を沸かす間の10分間、電車で移動する30分間など、細切れな隙間時間を有効活用できます。

体力の消耗も少なく、人間関係から来るストレスとも無縁ですので、ネット系の副業は50代にも人気があります。例えば、ネットオークション、アフィリエイト、ウェブライターなどでも50代が活躍しています。

5

クラウドソーシング

クラウドソーシングとはネットで仕事をしたい人に、案件を紹介してくれる仕組みです。効率的に多数のクライアントと多数のユーザーをマッチングできるため、特にクリエイティブ系の副業がしやすい時代です。

プログラマ、デザイナー、ライターを始め、家具製作やおもちゃ制作などでも、クライアントやお客様をクラウドソーシングで探すことができるため、今後は50代もクラウドソーシングを活用していきたいです。

クラウドソーシングではランサーズシュフティココナラなどが大手で安心感があります。

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2013.11.22
更新日更新日 2017.09.12
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
主婦が副業で稼ぐコツ!家事や育児の合間にできる副業
主婦が副業で稼ぐコツ!家事や育児の合間にできる副業
会社員と比較して、主婦も忙しいことに変わりはないですが、残業がないことや拘束時間が短いことは強みです。そのため、時間が固定されているシフ...
副業でシッカリ稼ぐための入門知識!3本の矢でお金を増やそう
副業でシッカリ稼ぐための入門知識!3本の矢でお金を増やそう
会社員の平均収入は400万円台前半で停滞しています。2000年の461万円が10年後の2010年には412万円まで減りました。特に若い世代の給料が上...
【漫画】第28話「アフィリエイトとは?月収1万円未満が84%」
【漫画】第28話「アフィリエイトとは?月収1万円未満が84%」
アフィリエイトは自分のサイトやブログに広告を掲載して、ユーザーが商品を購入するなどして成果が上がった場合、報酬を得ることができます。ネッ...
【漫画】第32話「ユーザー目線のサイト作りとキーワード選び」
【漫画】第32話「ユーザー目線のサイト作りとキーワード選び」
今まで第28話でアフィリエイト市場の実態に触れ、第29話で仕組みとデメリットを理解することを経て、第30話ではアイドルグループにスポットを当て...
【漫画】第30話「サイトやブログで損害賠償!法律を知ろう」
【漫画】第30話「サイトやブログで損害賠償!法律を知ろう」
アフィリエイトは軌道に乗せるまでに数カ月かかりますが、軌道に乗ったと同時にそのサイトが多くの人の目に留まり、そこで法律を遵守していない場...

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
中野貴利人
中野貴利人
NAKANO KIRITO
株式会社ネットピコ代表取締役。著書にど素人でも稼げるネット副業の本など。過去の取材はメディア掲載履歴で紹介。

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK