節度のある欲望とマイナス思考が行動力を促す

日本の将来を楽観視する人は副業ができない

日本の将来を楽観視する人は副業ができない

同じ副業をしているのに「きちんと成功する」人と「結局は稼げない人」がいます。成功するタイプにはどのような傾向があるのでしょうか?

一言で表すなら「アクティブに行動できる」人が成功できます。例えば「ダラダラする時間はもったいない」や「自由時間があるなら予定を入れたい」と考える人がそうです。

時間を埋めるように自己実現のために勉強したり、セミナーに通ったりしているならベターですし、料理や婚活をしたりするのもOKで、とにかく空いた時間を無駄に過ごさないことが大切です。

仮に予定が埋まらなくても、読書や筋トレなど、何かしらすることがあるように、自分だけのルールの中で自ら課題を1つずつ設けて、それをクリアしていける人はダブルワークもスタートしやすいです。

逆にやることがないから家でゴロゴロしたり、ビールを飲む回数が増やしてはいけません。すでに過剰に遊びに行ったり、のんびりすることが習慣づいている人は、いざ「明日からダブルワークを始めよう!」と思っても、次の日になるとモチベーションは下がり、体が動かないことが多いです。

では、モチベーションをアップさせて、アクティブに行動するには何が必要でしょうか?

まずは危機意識を持つことです。日本の将来を楽観視する人もがいますが、彼らは不安に思ったりするとストレスを感じたり、明るい話題を提供したほうが読者ウケがいいから、偏ったプラス思考で話しているに過ぎません。

真正面から「このままでは人生でやりたいことが達成できない」とぶつかれば、対応策に気付くでしょう。成功するタイプは節度のある欲望とマイナス思考を兼ね備えているがゆえに、アクティブに行動できています。

例えば、ネット副業では「勉強する習慣がある、時間を犠牲にできる、他人のせいにしない、単純作業を続けられる、ネットに抵抗がない」というタイプが理想ですし、そうしないと成功できません。

あとは焦るとダメです。急いで全力で取り組むのは正解ですが、気持ちが焦ると、何だかよくわからなくなって、途中で投げ出してしまいがちです。数カ月後や数年先を見据えて「副収入が必要」だと感じると、意識改革ができるようになります。

さらにアクティブに行動できるタイプもそうなのですが、やはり「いい意味で貪欲な人」でないと成功しません。例えば、何か金銭的に困ったときに「いざとなったら親が助けてくれる」などと考えてしまうと、当然、モチベーションが湧き出てこないです。

常に「誰の援助も当てにできないから自分で稼ぐ」くらいの意気込みが不可欠です。仮に本当に親が助けてくれる恵まれた環境だとしても、「自分1人で何とかしたい」と考えないと副業は続きません。

「周りも給料が減っているから、そこまで気にならない」
「残業が禁止されたけど、そのうち戻るだろう」
「ボーナスは少ないけど、ボーナスがない人よりマシ」

このように考えてしまうこともよくありません。とにかく現状に満足したらダメです。これはダブルワークだけではなく、普段のライフスタイルでも同じで、次のステップに進むためには、いい意味で貪欲でないといけません。

今現在、副業のチャンスはどういう業界に多いですか?理由もあわせて教えていただければと思います。

時間労働型であるアルバイト系は「会社終わった後にそのまま別の仕事に行く」や「休日も働きまくる」イメージがあるために抵抗を覚える人が多く、実はモチベーションが続かないケースも散見されます。

また、アンケートで「副業を始めるきっかけ」を聞いたところ、第1位が「知人の紹介」でした。安心して週1~2回に働けるところがあるから、気軽に長く続けている人がいたりするので、アルバイト系を始めるときはツテやコネでも探してみましょう。

ただ、ツテとコネを持っている人は少ないです。だから1人でできるネット系に、忙しい会社員や主婦が流れ着きます。その場合は個人的にはアフィリエイトをおすすめしています。アフィリエイトは裾野が広いのでCHANCEが多いです。

逆に株式投資やFXは損する可能性がありますし、ネットオークションやせどりは在庫を仕入れるために出かけたり、売れない在庫がリスクになる可能性が出てきます。

でも、アフィリエイトなら本当に自宅にいるだけでお小遣いが貰えます。具体的な手順は無料ブログに登録して、日記を書くことから始めます。テーマ性が重要で、例えば「コスメ、ダイエット、美容」などはミックスして一緒に載せてもいいですが、会社の愚痴などは控えるようにします。

やはり、読者を惹きつけるような面白い体験談を書けるかがポイントです。意外とあなたの文章が決め手で買ってくれる人はいます。

大抵はこのレベルでは稼げても1,000円くらいですが、1度「アフィリエイトで稼ぐ感覚」を経験しておくと、アフィリエイトに関する書籍やセミナーで吸収できる知識が格段にアップします。

ネット系は初期投資も必要ないので、失敗しないように最初に勉強から入るのではなく、まずはやってみて理解できないポイントが出てきたら勉強すると効率的です。

最も手軽に始められる副業の代表って何でしょうか?

この答えは簡単です。アルバイト、特に学生時代に経験済みのものです。誰でもその日から働けるコンビニ、ファミレス、販売員などでは、求人募集も豊富にあります。

ただし、大人になると「今さら学生と同じ仕事なんてできない」と思う人が多いので、深夜やアルコールを使っている店などを狙いましょう。アルコールを使っているレストラン、ホテルのウエイター、バーテンダーなどが人気です。

あとは趣味系や本業に近い副業も始めやすいです。共通するのはすでに知識や経験があることでしょう。人それぞれ違うので「これがおすすめ」とは断言しにくいのですが、ネット系投資・経営技術・頭脳系代行業変わり種以外は、気軽に始めることができます。

また、男性の傾向としては「よくわからない職業」とかに興味を引かれます。知的好奇心ですが、無知だと失敗します。

当たり前ですが、マスコミは成功者、もしくは注目できる失敗者を取材しますので、その裏で多くの普通の失敗者がいることは知っておきたいです。

例えば、人気のFXでは私自身がある程度勉強をして、3カ月くらい続けてみましたが、損をしました。その後もしつこく続けていたら、ようやく先月、トータルでプラスに戻しました。

雑誌ではFXで稼ぐ人が取り上げられていますが、その人たちは片手間では習得できないノウハウを勉強しています。特にネット系などの成果報酬型では、続けないと成功にたどり着けません。

例えば、95%以上の人がアフィリエイトで1万円も稼げていませんが、3年以上続けている人やセミナー参加者にアンケートを採ると、「今は月50万円です」や「10万円に到達しました」という人がたくさん出てきます。

副業の報酬20万円は、本業の給料20万円を稼ぐことと同じくらいの努力が必要です。ネットで乱立している「簡単に稼げる、誰でも稼げる、すぐに稼げる」だけは嘘なので信用しないようにしましょう。

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2014.07.15
更新日更新日 2015.03.31
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
20~30代の女性が副業で成功するには興味を重視する
20~30代の女性が副業で成功するには興味を重視する
副業の基礎知識 副業のプロに取材
そもそも副業とはどのような仕事のことを指すのでしょうか?特に女性にとっての定義と現在の状況を教えていただければと思います。会社で働いてい...
日本人の副業事情!約5人に1人の割合で副業をしている
日本人の副業事情!約5人に1人の割合で副業をしている
副業の基礎知識 副業のプロに取材
今回は副業に関する著書を多数執筆している株式会社ネットピコ代表取締役の中野さんにインタビューをしました。中野さんご自身も会社員のときにア...
【漫画】第28話「アフィリエイトとは?月収1万円未満が84%」
【漫画】第28話「アフィリエイトとは?月収1万円未満が84%」
マンガでわかる副業 フクリーマン
アフィリエイトは20年以上が経った業界ですが、市場規模は伸び続けています。同時に副業としての地位も確立されており、今も会社員だけではなく、学...
【漫画】第23話「副業で1日バイト!日払いや面接なしが人気」
【漫画】第23話「副業で1日バイト!日払いや面接なしが人気」
マンガでわかる副業 フクリーマン
アルバイト求人サイトでは「会社員歓迎、ダブルワーク可、副業OK、シニア活躍中」などとアピールする雇用先が増えました。これは2016年に政府が働...
【漫画】第20話「年齢別の平均年収!20・30・40・50代など」
【漫画】第20話「年齢別の平均年収!20・30・40・50代など」
マンガでわかる副業 フクリーマン
2016年9月に公表された日本人の平均年収は420万円でした。調査機関は国税庁、調査対象が4,794万人の給与所得者であることからデータの信頼度は高...

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
中野貴利人
中野貴利人
NAKANO KIRITO
株式会社ネットピコ代表取締役。著書にど素人でも稼げるネット副業の本など。過去の取材はメディア掲載履歴で紹介。

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK