本業が好きなら本業に似た仕事を副業にする

本業と副業の仕事で相乗効果を狙う

本業と副業の仕事で相乗効果を狙う

本業で培ったスキルを副業でも使う

副業の仕事が本業の仕事に似ているほど働きやすいですし、始めるときも抵抗感がありません。本業と副業で相乗効果も得られやすいです。

逆に全く別の職種にすることも気分転換になり、間違いではありません。ただし、本業が好きで、もっと自分のスキルや人脈を生かしたいなら、本業と副業は似ているほうが効率的です。

副業は収入を増やすだけが目的ではありません。例えば、本業で広告デザインをしているデザイナーが、副業でウェブデザイナーとして個人で仕事を受注していたりします。

デザイナーは名前が売れた途端に収入が大幅に増える職業ですが、通常は淡々と業務をこなしていくために、給料は中々伸びません。企業内で優れたデザインを手掛けても、個人の名前が世間に広がるスピードも鈍いです。

そのため、デザイナーが副業をするというよりも、本業と副業の両方が自分の1つ仕事と捉える人も多く、その両方で培ったスキルを生かし、常に勉強をしている人が多いです。

副収入の得る目的は人それぞれですが、とりあえず生活費を捻出する必要があるといった切羽詰った状況でないのなら、自分の将来にもつながるような仕事を選ぶほうが、モチベーションも高くなります。

すでに知っている仕事は働きやすい

デザイナーのようなクリエイティブな業務ではない経理、営業、企画などでも、1年も同じ仕事をすれば、その道のプロフェッショナルになり、本業で培った業務スキルは他人よりも勝っています。

本業が好きでこれからも続けたいのなら、副業は本業と似ているほうが、知識と経験を活かせるので成功しやすいです。

副業を始めるときに、業界を知っているので探しやすく、失敗する不安がなく気軽にできます。家族や親戚の了承も得られやすいでしょう。

その副業を続けるときは、コツをつかむまでの時間も短いですし、より疲れにくく、ストレスも軽減されます。本業のスキルアップが可能ですし、本業でできないことを副業でトライしても構いません。

もし目標金額に到達したり、知識や技術を習得したら、それは副業成熟期です。本業が多忙になったり、その副業に飽きるケースもあるでしょう。

一時的に辞めたとしても、本業と副業はつながっているので、またいつでも再開することが可能です。だからこそ、本業に一本化したり、あえて別の副業を始める選択肢もあります。

副業が本業のやる気をアップさせる

会社の給料だけではやっていけないために、早朝に飲食店でバイトを始めている女性がいます。高校と大学と7年間続けていたことから、ウエイトレスの業務には慣れており、体も順応しています。

飲食店でバイトをしていたおかげで、お客様との接し方やクレーム対応も既に身についていて、幅広い年代の人と関わってきたのは強みになります。

本業は営業職であり、仕事内容は飲食店よりはラクですが、飲食店でバイトをするからこそ、改めて「本業の正社員という待遇の良さを認識できた」とも言っていました。

人は時間が経つと新鮮な出来事も日常化してしまいがちです。一時リセットする目的で、学生の頃のアルバイトと比較すると、本業のモチベーションがアップする結果を得られるかもしれません。

これは本業と副業が似ている、もしくは応用できる業務があるから気付かされる現象です。仕事内容が全く異なると細かい比較はできません。

また、違うケースでは普段から本業で英語を使っている人であれば、副業で翻訳業などもできます。ウェブサイトを作っている人ですと、データ入力なんてお手の物ですし、個人でお客を確保することもできます。

逆にデスクワークばかりの仕事の場合、体を鍛える目的で肉体労働を選ぶ人もいます。これも正しい選択であり、必ずしも本業と似ている副業でなくてはいけないわけではありません。

最小限の時間で最大の利益を得るためには、本業と副業はお互いに生かせる職業を選ぶことが望ましいでしょう。

本業が嫌なら気分転換や効率性を求める

効率性を重視した副業を目指すのであれば、副業は本業に近い職業や業務のほうが稼げますし、続けやすいです。実は本業を生かした副業は非常に成功する確率が高いデータがあります。

まず、本業は少なからずも自分の興味があることをしていますし、仕事の流れとお金の発生源を理解していることは強みです。自分の得意分野でビジネスを始めていくからこそ続けやすくて、副収入になりやすいと言えます。

例えば、仕事でプログラミングをしているため、その能力を生かして個人でスマホアプリを制作したり、編集の仕事をしているのでこっそりウェブライターの副業をこなしている人がいます。

営業の人が自社の商品と一緒に、自動販売機の設置場所を見つける歩合制の副業をやっている人がいます。自動販売機1台につき4万円貰えるので、足で稼ぐ仕事なら時間の制約を受けずに済みます。土地探しやマンションの写真を撮る副業もできます。

レストランのコックとしての収入だけでは暮らせず、別のレストランでバイトをして、腕を磨いている人もいます。

本業と副業の両方を続けるつもりなら、どちらかがどちらかの重荷になるより、相乗効果で技能を活かしながら磨く仕事をして、肉体疲労とストレスの負担を減らすことが大切です。

特に技術職に近いければ、常に知識と経験を積み重ねることで、副業と本業の両方にプラスの働きをもたらし、ダブルで収入が増えやすいです。副業で本業のストレスを緩和させるとしても、本業の一部を使った副業を選ぶと無理をしなくて済みます。

しかしながら、本業がすべて楽しいわけではありません。本業の給料には満足しているけど、もう少し仕事にやりがいが欲しい人もいますし、本業の給料には納得していないけど、仕事内容には満足している人もいます。

本業が忙しいために休みの日に「ダブルワークをする気が起きない」という人は少なくありません。確かにオフにダラダラしたり、買い物や旅行を制限しないと、副業はスタートすらできません。

そこで副業は本業とは全く違う職業にして、気分転換を図る人もいます。デパートのマネジャーがレストランでウエイターをしたり、保育士がネットオークションで稼いだり、事務職の女性がキャバクラで勤務しても、全く問題はなく、これも正しい選択です。

つまり、本業が好きであれば似ている副業をしたほうが効率的ですが、副業が嫌いであれば違う副業をしても構いません。副業に何を求めるかは人それぞれであり、本業に欠けている要素を穴埋めできる仕事が副業です。

ひたすら働くよりも目的意識を持つ

副業は楽しむことが前提条件になる

本業と副業の両立はなかなか難しかったりもします。例えば、本業の会社で残業を月60時間以上も働いていれば、余暇に2つ目の仕事をする時間は割けません。会社やお店が繁忙期に入ったり、プロジェクトが発足すると、終電で帰って朝8時までに出社という人もいます。

その一方でネットで副収入を得るために睡眠時間を削り、自宅で毎日1時間はパソコンに向かう人も、副業の世界ではよく耳にする話です。

次の日が眠くてもそこは我慢し、週の中間である水曜日の夜だけ、睡眠時間を多めにして、寝不足の調整する自己管理が欠かせなかったりします。本業と副業を両立する上で時間が足りないことは悩みです。

ただ、平日に無理をしなくても週2回の休日を使えば、副業をすることは問題ないと思えます。事実、休みの日に副業をする人のほうが多いです。

その半面、休日に買い物や旅行の頻度が少なくなり、好きな遊びもにできずにストレスを発散しにくいために「つらい」と感じて、途中で副業を諦めてしまう人もいます。

このようなことから「お金のため」だけに副業を始めると、大抵は長続きしません。だからこそ、副業で副収入を稼ぎ続けるコツとしては、まずは「副業を楽しむ」ことが大切です。

会社に依存しないことはリスクヘッジになる

副業と本業の板ばさみで悩んでしまうことは望ましくありませんが、会社に依存して、月1回の給料のために働くこともおすすめしません。

本業の会社にベッタリ、毎月の給料のためだけに働くことはおすすめしません。本業の仕事のやりがいや将来性などを明確にしたほうが、副業も長続きがしやすいです。

たまには仕事中にでも1人のサラリーマンとしてでなく、経営者として会社での仕事を見つめてみましょう。第3者の視点で自分を俯瞰してみると、収入を得るためにしている労働について、価値観や将来性を見つめなおすことができます。

「この会社での自分の扱いや立ち位置は正当であるか?」
「自分が働いていることでこの会社は儲けているのか?」
「この会社の仕事を続けて、納得できる将来はあるか?」

本業を副業に生かすために、仕事で得る経験、仕事で知り合う人脈、会社での実績などがあります。将来に役に立つこととリスクになり得ることを理解して、時間を有効に使いたいです。

副業を最優先していたら、本業で干されてしまい会社にいられなくなるでしょう。だからといって、すべてにおいて本業を最優先するということでは、いつまでたっても副収入は増えません。

本業との両方を続けるつもりなら、どちらかをどちらかの犠牲にするより、両方とも充実させる貪欲さが必要でしょう。

副業で本業との向き合い方が明確になる

1つの仕事で経験を積み重ねていくことも正解ですが、複数の似ている仕事を掛け持ちしたほうが、相乗効果を発揮することができます。

本業が忙しくて、副業をやる気になれないという人は少なくありません。確かにオフもないくらい時間に余裕がない人は始めることはできないです。だからこそ、これからも本業と副業を続けたいのであれば、副業は本業に近い方、本業は副業に近いほうが効率的です。

本業を生かした副業は、非常に成功する確率が高いです。本業は少なからずも自分の興味があることをしています。それに絡めるように得意分野で作業をするからこそ、継続的な副業ができます。

実は自分に合った副業を選ぶ際のヒントは、このような日頃の本業の中にあったりします。本業と自分の関係を再確認することで、お金だけではない副業で実現したいことが見えてくるでしょう。

新卒の就職活動では実現できなかった仕事、本業にはできないけど趣味の延長で稼ぎたい仕事、転職する前に試してみたい仕事について「副業でスタートしたい」と思うかもしれませんし、サイドビジネスにつながるアイデアが湧き出ることもあります。

また、仕事で得る経験、会社での実績、仕事で知り合う人脈などの副業に生かせるチャンスも隠れています。本業との向き合い方を明確にして、将来に役立つことを分別しながら、副業を有益に実践していきたいです。

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2014.07.15
更新日更新日 2015.03.31
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
ダブルインカムで稼ぐコツ!本業+副業でお金が急速に貯まる
ダブルインカムで稼ぐコツ!本業+副業でお金が急速に貯まる
副業の基礎知識 副業の知識一覧
ダブルインカムとは「double(2重の)+income(収入)」という意味で、日本では主に夫と妻による夫婦共働きを意味します。しかしながら、夫婦共...
副収入で不安は解決できる!危機意識を持つとやる気もアップ
副収入で不安は解決できる!危機意識を持つとやる気もアップ
副業の基礎知識 副業の知識一覧
不況が続いて年収が下がっているために、副収入を得ようとする人が増えていますが、現在の収入よりも将来の不安こそが副業の動機に直結します。この...
【漫画】第28話「アフィリエイトとは?月収1万円未満が84%」
【漫画】第28話「アフィリエイトとは?月収1万円未満が84%」
マンガでわかる副業 フクリーマン
アフィリエイトは20年以上が経った業界ですが、市場規模は伸び続けています。同時に副業としての地位も確立されており、今も会社員だけではなく、学...
【漫画】第19話「せどりで副収入を得るまでのまとめ」
【漫画】第19話「せどりで副収入を得るまでのまとめ」
マンガでわかる副業 フクリーマン
自宅にあった1冊の本を近所の古本屋に買い取ってもらいました。本のタイトルは「となりの億万長者」という2013年8月に発売したビジネス書で、多...
【漫画】第23話「副業で1日バイト!日払いや面接なしが人気」
【漫画】第23話「副業で1日バイト!日払いや面接なしが人気」
マンガでわかる副業 フクリーマン
アルバイト求人サイトでは「会社員歓迎、ダブルワーク可、副業OK、シニア活躍中」などとアピールする雇用先が増えました。これは2016年に政府が働...

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
中野貴利人
中野貴利人
NAKANO KIRITO
株式会社ネットピコ代表取締役。著書にど素人でも稼げるネット副業の本など。過去の取材はメディア掲載履歴で紹介。

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK