失業保険に必要な持ち物7点!離職票・雇用保険被保険者証・印鑑などを持参する

中野貴利人
監修中野貴利人 ネットピコ代表
2019/03/11 更新

失業保険に必要な持ち物7点!離職票・雇用保険被保険者証・印鑑などを持参する

  1. ハローワークに持参するもの7点
  2. ハローワークで入手するもの2点

ハローワークに持参するもの7点

ハローワークで失業保険を受け取るためには「雇用保険被保険者離職票(1)、雇用保険被保険者離職票(2)、雇用保険被保険者証、本人確認書類、印鑑、写真、普通預金通帳」の7点を持参します。

チェック1

雇用保険被保険者離職票(1)

雇用保険被保険者離職票(1)

上部に「資格喪失確認通知書(被保険者通知用)」と書かれた用紙です。原則、退職後7~10日以内に勤務先の会社で受け取る、もしくは勤務先から自宅に郵送されます。

私たちは離職票(1)の「求職者給付等払渡希望金融機関指定届」に、届出者の氏名と住所、失業保険の振込先である金融機関の口座情報を記入します。また、個人番号はハローワークで記入します。

チェック2

雇用保険被保険者離職票(2)

雇用保険被保険者離職票(2)

左と右に記入欄が分かれている用紙で、こちらも離職票(1)と一緒に勤務先の会社で受け取ります。左側には事業所と事業主の情報、離職者の個人情報、賃金の支払状況が掲載されています。

私たちは離職票(2)の右側にある4カ所を記入します。すでに事業主の欄に勤務先の担当者が記入していますが、あらためて私たちが記入することで、事業主と離職者との間で退職理由にずれがないかを確認する目的があります。

離職票(2)で記入する箇所
  • 該当する離職理由に丸印を付ける。
  • 具体的事情に離職理由を記入する。
  • 離職理由の意義に丸印を付ける。
  • 署名と押印する。

また、離職票(2)ある「離職の日以前の賃金支払状況」は失業保険の給付額に、「離職理由」は失業保険の給付日数に影響しますので、内容に間違いがある場合は正しく修正して、その旨を申告しましょう。

チェック3

雇用保険被保険者証

雇用保険被保険者証

雇用保険の被保険者であったことを証明する書類です。その会社に就職した時点で本人に渡すこともありますが、一般的には就職中は会社が保管して、退職時に会社から渡されます。

雇用保険被保険者証には「被保険者番号、被保険者氏名、生年月日、交付年月」が記載されています。ちなみに失業保険の申請時には手続き上必要としないハローワークもあります。

チェック4

本人確認書類

本人確認書類

本人確認書類とは本人、住所、年齢が確認できる写真付きの官公署発行の書類です。具体的には運転免許証、もしくはマイナンバーカード(写真付き)を持参します。

これらを持っていない場合は①パスポート、②住民票記載事項証明書、③住民票の写しと印鑑証明書、④国民健康被保険者証、⑤健康保険被保険者証のうち、2種類を持参します。

また、2016年1月から離職票(1)に個人番号の記入が必要になりました。そのため、個人番号がわかるマイナンバーカード、通知カード、個人番号の記載のある住民票を持参すると安心です。

チェック5

印鑑

印鑑は本人名義であり、シャチハタやスタンプは不可です。各書類に押印するのみではなく、書類の内容を訂正したいときに二重線を引いてから訂正印を押すときも使います。

チェック6

写真2枚

写真は最近(原則3カ月以内)撮影したもので、正面上半身のタイプ、サイズは「縦3cm×横2.5cm」になります。これを2枚持参します。カラー写真が一般的ですが、白黒写真でも構いません。

チェック7

預金通帳

預金通帳は他人名義ではなく、本人名義でなければなりません。インターネットバンクや外資系金融機関も含めますが、自治体によっては一部の金融機関は対象外になっています。

また、離職票(1)の「求職者給付等払渡希望金融機関指定届」に金融機関による確認印があれば、通帳は不要です。

ちなみに職業が船員である人は上記の7点以外に、船員保険失業保険証と船員手帳を持参します。

ハローワークで入手するもの2点

チェック8

求職申込書

求職申込書

失業保険を受給するために私たちは、就職する意志を証明しなければなりません。この求職申込書は求職の意志と内容を示す書類です。

具体的には「一般やパートなどの就業形態、職種や仕事内容、勤務地、収入、勤務時間、休日、その他」といった希望条件を記入します。さらに学歴、資格、職務履歴も詳しく描き込みます。

この求職申込書に記入した内容に沿って、就職先を探していきますので、わからないところは無理に記入せず、受給手続きの際に窓口で相談しましょう。

求職申込書の情報はハローワークのコンピューターに登録されて、ハローワークの職員との面接、求人検索サービスの利用、各種セミナーの参加、公共職業訓練の受講、企業への求人などで活用します。

チェック9

ハローワークカード

ハローワークカード

ハローワークカードは職業相談、仕事検索、各種手続きといったハローワークを利用する際に必要なカードで、氏名、担当窓口、職業分類、求職番号、バーコードが記載してあります。

ハローワークカードは求職申込書を提出したあとに受け取ることが多く、各市区町村で形状は異なります。

スポンサーリンク

著作・制作など

中野貴利人
監修・執筆・編集
株式会社ネットピコ代表/フクポン編集長/副業プランナー。新卒で副業開始、26歳で法人化、11期目。副業関連の著書4冊。2児の父。過去の取材や講演はメディア掲載履歴で紹介。