農業・牧場体験 - 低時給でも将来性とやりがいがある仕事

中野貴利人
監修中野貴利人
株式会社ネットピコ 代表取締役

農業・牧場体験 - 低時給でも将来性とやりがいがある仕事

  1. 農業・牧場体験の基本データ
  2. お金を貰って農場や牧場を体験する
  3. 農業のバイト先は1,000カ所以上
  4. 農業・牧場体験の体験談

農業・牧場体験の基本データ

総合 2.8
評価
収入日給3,000~8,000円
時間4~10時間
特徴
スキマ
深夜OK
土日有利
期間限定
初心者
スキル
資格有利
趣味併用
週末起業
始め方アルバイト情報サービス

副業の評価方法について

お金を貰って農場や牧場を体験する

農業を副業にするきっかけは将来性

農業は不景気でもある程度の収入が確保できる職業ですが、悪天候や不作によって収入はすぐに不安定になりますし、輸入品の増加や原油価格の上昇などが農家の打撃となり、生活は厳しさを増しています。

しかし、政府の方針転換や国際化による後押しもあり、現在は農業が見直されて、ビジネスとして注目されるようになりました。若い世代の人たちも農業や酪農に転職して、品質改良や輸出を視野に商機を狙っています。

早期引退を考えている会社員からも農業は支持を集めています。自給自足とまではいかなくても、自分たちの食べ物の何割かでも自ら作って確保したいとの希望から、常に新規参入者が絶えない市場です。

農業で成功することは簡単ではない

いきなり脱サラをして、農業にすべてをかける元サラリーマンも存在しますが、彼らは無謀すぎます。農業で稼ぐためには質の高いノウハウと経験が必要ですし、退職後に参入する場合は有識者のサポートが不可欠です。

特に子供がいる初心者は農家のみでは生活が成り立ちません。生産量を上げる工夫と農作物の販路を開拓するにも、本人とその家族だけでは人手が足りず、アルバイトや外国人労働者の確保も必要になります。

さらにその先にある海外進出を見据えて、独自ブランドの開発、大規模経営によるコスト削減、加工販売による第6次産業への展開など、農業や牧場経営者としてすべきことは想像以上です。

そのため、本格的に農業に取り組む前の練習や準備として、まずは副業で農業従事者のお世話になります。3日間~1カ月の短期のアルバイトを体験をする人たちが増えており、農家としても人手不足が解消できます。

また「将来的に農業をやろう」とは考えていない人でも、田舎の農場や牧場では日常の喧騒から逃れられる経験ができるため、気軽にリフレッシュしたい人たちが多く参加しています。

時給には期待せずに経験と割り切る

農業・牧場体験のアルバイトは、北海道では搾乳、栃木県でイチゴ、福井県で鶏卵、沖縄県でサトウキビのように全国各地にあります。雇用期間は短いタイプでは3日、また長くても1カ月程度の短期間就労が一般的です。

ただし、あくまでも農業をしている方のお手伝いをしにいくため、給与は他のアルバイトと比べてあまり期待できる額ではありません。時給に換算すると400~800円、相当高くても1,000円に達しないです。

この金額は国が定める最低賃金を下回っていますが、農業・牧場体験では食事や宿泊などの滞在費が報酬から引かれるためです。また、一部の農家ではボランティアという名目で働き手を集めていることもあります。

農業のバイト先は1,000カ所以上

農業のバイト先は1,000カ所以上

日本の農家は65歳以上の老夫婦が多く、2017年時点で平均年齢は66歳を超えました。ただし、彼らはあまりアルバイトを募集しないです。これは夫婦2人で暮らすことが目的であり、そこまで働き手が必要がないからです。

飲食店直営の大規模農場、海外展開を軸にした大企業、若手ベンチャーによる農場経営でも、システム化で合理的な経営がされているため、副業従事者をあまり必要とせず、メジャーな雇用先にはなりません。

大手のアルバイト情報サービスで募集している農業・牧場体験のアルバイト先は、家族経営の農家であることが多いです。この理由は家族経営の農家では、毎月一定量の仕事が発生するわけではないためです。

収穫期にのみに極端に忙しくなり、いつもより人手が必要でその期間はアルバイトを雇用しています。例えば、下記のような募集内容があり、同時に1,000件以上が見つかりました。

地域種類報酬
北海道さくらんぼ8時間4,000円
北海道ブロッコリー時給800円
北海道メロン9時間5,040円
北海道乳牛9時間3,500円
茨城レンコン7.5時間5,000円
千葉ヒマワリ8時間5,000円
長野ぶどう9.5時間5,200円
静岡しいたけ8時間4,400円
香川アスパラガス8時間4,000円
鹿児島キキョウ8時間4,000円

情報取得日 2018年4月時点

また、農業や牧場のバイト先は、案件の掲載数が豊富なアルバイト情報サービス、農業のバイト専門のボラバイト、さまざまな条件で検索できるあぐりナビ、農業求人サービスの農家のおしごとナビなどが見つかりやすいです。

農業・牧場体験の体験談

充実した農業体験ができた
2017.04.23
30代 男性
農業・牧場体験歴1週間

労働条件は農家でそれぞれ異なるため、私が体験したものでしか言えませんが、私は長野県にあるレタス農家で農業体験をさせていただきました。レタス農家はとにかく始業時刻が早く、基本的に深夜~早朝が勤務時間でした。

収穫に1番良い時間は日が昇る前ということで、深夜2時からスタートし、終了は朝7時になります。夏の時期でありながら深夜の作業は寒かったです。座りの姿勢での作業もつらく、普段は使わない筋肉を使ったことで筋肉痛も発生しました。

ただ、3日目にはスムーズに作業ができるようになり、仕事で煮詰まっていた私にとっては、良い気分転換の機会です。ちなみに時給は500円でしたが、空気のおいしい田舎で体を目一杯使って、充実した気持ちのほうが記憶に残っています。

全国各地の農家が募集している
2016.11.30
30代 女性
農業・牧場体験歴5年

北海道でスイートコーン、群馬県で鴨、埼玉県でほうれん草、長野県でレタス、静岡県で馬、石川県で乳牛、広島県で菊、宮崎県でパパイヤなど、私は長期休みに全国各地に飛んで、アルバイトをしています。報酬は安いながらも衣食住込みは節約になり、貴重な体験ができます。

週末農業をするためのステップ
2016.07.07
40代 男性
農業・牧場体験歴3カ月

都心に住みながら、週末農業という形で郊外に小さい区画の農場を持って、農作物を育てたいと考えています。そのための1歩目のステップとしても農業体験をしてみました。

農業に携わる方々とのコネクションを持つことは重要ですし、週末農業に興味がある人なら、その経験は必ず役に立ちます。副業でもそれは仕事にするなら、本気に取り組まないといけません。そのため、農業のバイトは実践練習としておすすめです。

副業としての収入は微妙
2017.08.01
30代 男性
農業・牧場体験歴1年

報酬は時期や経験、手伝いする作物によって変わってきますが、日給4,000~5,000円程度です。副業として収入を得るために参加するのではなく、あくまで「貴重な体験をさせてもらっている」という意識なら続けられます。

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2014.09.03
更新日更新日 2018.08.15

著作・制作など

中野貴利人
監修・執筆・編集
株式会社ネットピコ代表取締役。著書にど素人でも稼げるネット副業の本など。過去の取材はメディア掲載履歴で紹介。