ポイントサイト - 稼ぎ方は口座開設・友達紹介・アンケート!平均月3000円前後

中野貴利人
監修中野貴利人
2020/09/27 更新

ポイントサイト - 稼ぎ方は口座開設・友達紹介・アンケート!平均月3000円前後

  1. ポイントサイトで利益を得る仕組み
  2. 収入は月平均3000円
  3. 副業でポイントサイトを始める手順
  4. 稼ぎ方① 口座開設などで一気に数万円
  5. 稼ぎ方② 友達紹介はダウン報酬が続く
  6. 稼ぎ方③ アンケートで100~1000円
  7. 無料でポイントを貰える仕組み
  8. デメリットは稼ぎの少なさ
  9. よくある質問と回答
  10. ポイントサイトのまとめ
  11. ポイントサイトの体験談や口コミ

ポイントサイトで利益を得る仕組み

ゲームや動画閲覧でポイントを貰う

ポイントサイトとはポイントサイト内でゲームや動画閲覧をすると、ポイントが貰える副業です。アプリ内の広告を押したり、受信メールにあるURLをクリックのみでも、数ポイントが受け取れます。

ゲームをするとポイントが貰える

少し時間をかけて「アンケートに答える、Q&Aに投稿する、キャンペーンを利用する」などでは、さらに多くのポイントが加算されます。買い物やサービスの購入でもポイントが増えていきます。

アプリやメールの通知が毎日届く

ポイントサイトに登録すると、アプリやメールに毎日1~10通くらいの通知が届きます。そのメールにあるリンクをクリックすることでポイントが付与されます。もしくはサイトに訪問して、ゲームやアンケートにするくらいであり、作業自体は10分もかかりません。

ちなみにポイントサイトからの受信メールはプライベートのメールと区別しましょう。ポイントサイトにはポイントサイト用のメールアドレスを新規で取得して、受信トレイも別々にすることで管理がしやすくなります。

アプリやメールの通知を整理整頓する

フク
フク
ポイントサイトは副業の人気調査で毎回上位に来るよね。
先生
先生
月数万円も稼げるわけではないが、誰でもできるから人気だぬ。

収入は月平均3000円

ポイントが貯まるペースは平均で月3000円前後です。ただし、実際は過半数が月1000円も稼げていません。これは一部のヘビーユーザーが月10万円や月20万円に達しているため、平均値を押し上げている結果です。

一方、初心者でも大量のポイントを獲得することもできます。ポイントサイト経由で例えば、口座開設、保険相談、インターネット回線といったサービスに申し込むことで、各種数万ポイントが貰える方法です。これは一部では有名な節約術であり、特にリスクもありません。

買い物をするとポイントが貰える

フク
フク
スマホがあれば、いつでもどこでもできるお小遣い稼ぎだ。
先生
先生
特別なノウハウは必要なく、目立ったトラブルもないだぬ。

副業でポイントサイトを始める手順

ポイントサイトで稼ぐ流れは「ポイントサイトに会員登録する」ことから始まります。ただし、ポイントサイトは数十社以上あるため、ポイントが貯まりやすく信用力のある大手を選ぶと安心です。

  1. スマホやパソコンで「ポイントサイト」と検索します。
  2. モッピーちょびリッチなどの複数のポイントサイトが見つかります。
  3. 各サイトで募集事項に従って申し込みます。
  4. 毎日送られてくるメールにある広告をクリックします。
  5. ゲームやくじ引きでもポイントを貯めます。
  6. 定期的に受信するアンケートにも答えます。
  7. 普段の買い物もポイントサイトを経由して、ポイントを貯めます。
  8. ポイントはサービス利用後にすぐに加算されます。
  9. 一定額に達すると現金などに交換できます。

ポイントサイトでポイントを稼ぐコツは、複数のポイントサイトに登録することです。1つのポイントサイトだけでは案件が限られており、ポイントが貯まるスピードも遅いですが、複数のポイントサイトに申し込んでおけば、毎日何らかのイベントが発生します。

名称運営会社
モッピー会員数700万人以上
東証1部上場
アメフリ会員数50万人以上
colleee東証1部上場
ちょびリッチ会員数330万人以上
2004年設立
ハピタス会員数300万人以上
フルーツメール1999年設立
ポイントインカム会員数300万人以上
warau2001年設立
GetMoney!会員数280万人以上
Gendama東証マザーズ上場
チャンスイット1999年設立
ネットマイル会員数280万人以上
PotoraNTTグループ

情報取得日 2020年1月時点

モッピーは東証1部上場の株式会社セレスが運営しており、プライバシーマークも取得、会員数700万人以上(2019年2月時点)でポイントサイト業界の雄です。2020年1月時点では新規入会キャンペーンをしており、会員登録のみで最大1000ポイントが貰えます。

モッピー

大手のちょびリッチもサービス開始は2004年からでトラブルとも無縁です。また、提携先が多いため、貯めたポイントは現金、ギフト券、楽天EdyやTポイントに交換できます。

ちょびリッチ

日々の作業自体は簡単ですが、数をこなすことで副収入を得られるため、複数のポイントサイトに登録することは有効です。ポイントサイトで稼いでいる人たちも、複数のポイントサイトに申し込むことをベースにしています。

稼ぎ方① 口座開設などで一気に数万円

ポイントサイト経由で特定の商品やサービスを利用すると、1回あたり数千~数万円相当のポイントが貰えます。例えば、ポイントサイト内の広告からクレジットカードに申し込むと、1万円相当のポイントが付きます。

引っ越し業者の一括見積もりでは1000円相当、転職活動の無料相談で5000円相当、インターネット回線の申し込みでも2万円相当を得ることができます。通信教育や生命保険の資料請求でも1000円相当が貰えます。

口座開設などで一気に数万円

これらの利用は基本的に1回きりであり、何カ月も継続した副収入にはなりません。無料の会員登録や資料請求をしすぎると、郵便物が頻繁に届いてしまったり、勧誘の電話がかかってくる煩わしさもあります。

本来使用しない商品やサービスであれば、解約する手間もかかりますし、商品やサービスを提供している企業にとっても、非アクティブユーザーはデメリットでしかありません。

ただし、このような背景を踏まえた上で限定的に一気に数万~数十万円相当のポイントを貯めることはありです。数万円相当のポイントが貯まる広告は多数存在しており、1回のみや必要なときはポイントサイトを経由します。

例えば、FXの口座開設は「金銭を支払わない、年会費なども発生しない、申し込み後の勧誘がない」といった3つのメリットがあり、実際に1回のみ売買するだけで、1万ポイント以上が貰えたりします。

  1. 商品購入のように直接的に金銭を支払う必要がありません。
  2. クレジットカードのように年会費を支払うこともありません。
  3. 保険や引っ越しの比較のような申し込み後の勧誘が来ません。

あるFX会社では「口座開設を申し込む、取引する、楽天ポイントが1万5000円相当が貰える」という流れです。FX会社は複数あるため、比較する目的で多数に申し込むことで、大量のポイントも得られます。

フク
フク
たくさん申し込むことで大量のポイントが貰えるのか。
先生
先生
ただ、その後の作業も想定しろだぬ。意外と手続きは面倒だぬ。

稼ぎ方② 友達紹介はダウン報酬が続く

友達紹介とは自分のブログやSNSに紹介URLを貼って、そのURLを経由して友達が会員登録すると、紹介料として100ポイント程度が貰える仕組みです。例えば、大手のモッピーでは1人あたり300ポイントも貰えるため、10人に紹介するだけで月3000円の報酬になります。

さらに友達紹介にはダウン報酬が付いています。これはあなたが紹介した会員が獲得したポイントのうち、5~100%があなたにも振り込まれる仕組みです。

友達紹介はダウン報酬が続く

あなたが紹介した友達が多いほど、ダウン報酬も積み上がっていくため、友達紹介のみで月10万円以上の副収入を得る会社員もいます。

稼ぎ方③ アンケートで100~1000円

ポイントサイトではアンケートに答えることで、いつもよりも多いポイントが貰えます。ただし、案件が少ないため、別途アンケートに特化したリサーチ会社が運営するアンケートサイトも併用します。

名称特徴
i-Say世界89カ国に展開
1975年設立
リサーチパネル会員数170万人以上
マクロミル会員数230万人以上
東証1部上場
ECナビ会員数600万人以上
東証1部上場
サイバーパネル1960年設立
D Style WEB会員数85万人
1998年設立
アイリサーチ利用者639万人以上
オピニオンワールド世界86カ国展開
キューモニターマーケティングリサーチ業界国内第1位※1
マイボイス1999年設立

情報取得日 2020年1月時点

i-Sayは世界80カ国以上、1万5000人の調査員が存在する世界第3位のリサーチ会社です。こちらのアンケートに回答することで、Amazonギフト券などが貰えます。

i-Say

有名企業や学術機関から依頼を受けているリサーチパネルは、空き時間にササッとできる簡単なアンケートが特徴です。換算率は「10ポイント=1円」とわかりやすく、3000ポイントから現金など交換できます。プライバシーマークを取得しており、個人情報の管理も万全です。

リサーチパネル

アンケートサイトも回答することでポイントが貯まります。また、アンケートの依頼頻度が高く、定期的にポイントを得やすいです。ポイントサイトとアンケートサイトの組み合わせで効率的にポイントを貯めましょう。

※1 アメリカ・マーケティング協会「THE 2017 AMA GOLD GLOBAL TOP 25 REPORT」

無料でポイントが貰える仕組み

ポイントサイトは毎日コツコツと1ポイントずつ貯めることもできますし、動画の閲覧やサイトを訪問するアクションでも数十ポイント貰えます。アンケートや商品レビューなどでは数百ポイントを得ることもできます。

買い物するときに一旦、ポイントサイトを経由することでポイントの二重取りをしたり、友達を紹介でポイントを2倍にもなります。FXの口座開設や引っ越しの見積もりでは数千~数万円相当のポイントを一気に獲得できます。

このようにポイントサイトでポイントが貯まる理由は、すべて広告があるためです。ポイントサイト全体が広告の陳列棚であり、それを動画で提供したり、くじ引き、ビンゴ、すごろくなどのゲームに表示したりします。

その結果、ポイントサイトを経由して、広告主の商品やサービスを購入した場合、ポイントサイトに広告主から謝礼が貰えます。そのため、広告を見てくれた私たちにもポイントという形で謝礼を支払う仕組みになっています。

また、大手ポイントサイトのほうが大企業と契約しているため、報酬も大きくなる傾向があります。初心者もモッピーアメフリちょびリッチなどの有名なポイントサイトから始めてみましょう。

デメリットは稼ぎの少なさ

ポイントサイトでは「何かを買ったときにその商品やサービスの価格の一部をポイントで還元する」ことがベースにあり、それ以外は0.1~1円程度の労力に見合わない報酬しか貰えないため、副業としては非効率です。

以前にポイントサイトの運営会社に「ポイントを貯める方法」を取材をした際も、担当者は「ポイントサイトでは副業ではなくお小遣い稼ぎです。気軽に貯めて、気づいたら貯まっていたという使い方をしていただけたら嬉しいです」と答えていました。

つまり、ポイントサイトは副収入を得るためのツールではなく、ポイントサイト内に掲載されている広告を経由して、商品やサービスを購入することでポイントが貯まる仕組みです。

例えば、ポイントサイトにある楽天の広告を押してから、楽天市場で買い物をします。このように広告をクリックしたことで0.1~1円分のポイントが、ポイントサイト側から貰えます。

それ以外にも購入代金の1%分のポイントがポイントサイト側で加算され、さらにいつもの楽天ポイントも楽天側で満額付与されます。

結果、ポイントサイトとネットショップでポイントの二重取りや三重取りができるわけです。そのため「ポイントを稼ぐ」というよりも「ポイントを貯める」ことが正しい利用法になります。

ポイントサイトに参画している企業は、楽天だけではありません。ヤマダ電機からディズニーストアまで数百社以上が広告を出稿しています。旅行をするときにポイントサイトにあるJTB、HIS、JALなどの広告から申し込めば、旅行代金の1%程度がポイントとして還元されます。

ポイントサイトを副業として捉えると月数千円も稼げないことから魅力が薄れますが、日常的な節約の一環として捉えると、お得に買い物できる仕組みであり、メリットが目立ちます。

よくある質問と回答

──メールを受信するだけなら手間にならない気がします。

受信するだけではなく、そのメールに書かれているURLをクリックしなければいけないです。1通にあるURLあたり1ポイント以下、つまり1円の作業であるため、時給換算してもかなり低い労働単価であることがわかります。

──それでもポイントサイトで稼ぐコツはありますか?

会員登録の際にチェックした分野に関するメールが配信されますので、できるだけ多くの項目にチェックすると、より多くのメールが送られてきます。

それでも単調な作業が増えるだけで、時給換算では低いです。そのため、暇な時間がある人のみにおすすめしたいです。

──ポイントサイトは副業でいくらくらい稼げますか?

ポイントサイトでは毎月1万円を稼ぐことも難しいです。原因はメールの回数が少なすぎることです。毎日100や200通が送られてくれば、1日300円くらい稼げますが、多くても1日10通くらいしかメールは送られてきません。

──副業よりお小遣い稼ぎといった感じでしょうか?

月1000円程度を稼ぐことならできるため、一般的にはそういう感覚かもしれません。ポイントサイト1社では1日数通のメールでも、複数のポイントサイトに登録すれば、簡単に100通に達します。

最初の1カ月でいろんな案件に申し込んで、1度に数万円を稼ぐこともできますし、車や海外旅行が当たるくじ引きにも応募したり、豪華な懸賞企画もよくやっているため、大きな利益になるチャンスもあります。

ただ、それらも含めて、私はポイントサイトを「ポイントが貯めるツール」として捉えています。副業としては規模が小さすぎますし、お小遣い稼ぎとしてもコンスタントな利益は難しいからです。

──会社員が理想とする「継続性のある副業」としては、あまりおすすめできない印象を受けました。月数千円のお小遣い稼ぎ、もしくは一時的に数万円を稼ぐ手段になりそうです。

ポイントサイトは労働力のわりに見返りが少ないため、楽して稼げる仕事にはなりません。充実感や達成感も乏しいために会社員には不向きです。

その一方でスマホで稼ぐことにチャレンジしてみたい人の入り口としては悪くありません。全くリスクがないために試してみる価値はあります。私もストレスなく、月5000円以上は継続的に稼いでいます。

ポイントサイトのまとめ

総合 2.8
評価
収入1アクション0.1円~
時間1分~
特徴
スキマ
深夜OK
土日有利
期間限定
初心者
スキル
資格有利
趣味併用
週末起業

副業の評価方法

ポイントサイトの体験談や口コミ

複数のポイントサイトに登録する
2017/02/24
30代 男性
ポイントサイト歴1年

サイト内にある広告をクリックしたり、メールにある広告をクリックするだけでは0.1~1円分しか貰えないです。もちろん「クリックするだけで1円も貰えるなら充分」という人もいますが、クリックできる広告数には限りがあり、1日30回のクリックも難しくなります。

そのため、複数のポイントサイトに登録することが有効です。現時点では私は20サイト以上に登録しています。

また、300ポイントが貯まったら、すぐにAmazonで使えるサイトもありますし、5000円分が貯まらないと換金できないサイトもあります。

リスクがないからおすすめできる
2017/04/25
20代 女性
ポイントサイト歴3年

コツコツと貯めたポイントは、現金やギフトカードに換えられます。このようなポイントサイトには金銭的なリスクがまったくなく、他のネット副業よりも最初の1円を手にするまでの労力が少ないです。そのため、手始めにネットで稼ぐ体験をしたい初心者に適しています。

二重でポイントが付与される
2016/05/08
20代 男性
ポイントサイト歴1年

ポイントサイトだけでは副業としては1日200円も稼げないですし、時給換算では300円にもならないです。それよりもポイントサイトは別の利用価値があります。それはポイントサイト経由で買い物をすると、ポイントサイトとショッピング先の両方でポイントが付与されることです。

ほぼ何もせずに賞品が当たる
2015/09/30
20代 男性
ポイントサイト歴7カ月

私は「いつでも懸賞に応募できるのは嬉しい、何もしなくても賞品が当たったことがある、現金ではなく商品と交換するのが目的ならOK」といったことから始めています。

ポイントサイト用のメールアドレスを新規で取得したり、ポイントを効率的に現金に換えるにはポイント交換率が高いネット銀行で口座開設をするなど、多少の工夫が必要です。

月に数万円の収入が得られるわけではない
2015/09/17
30代 男性
ポイントサイト歴1カ月

確かに1日数通のメールのURLをクリックすれば、1~10ポイントは貰えますし、アンケートに答えれば100ポイント、さらに懸賞にも応募できます。最近ではゲームで遊ぶ、動画を閲覧する、商品を購入すると、1度に1000ポイント以上も貰えることがあります。

それでも無限に案件があるわけではなく、1度ポイント化した案件は再度利用することはできないため、月に数万円の収入が発生するわけではないです。

月に稼げる金額は合計で2000円
2018/02/01
40代 男性
ポイントサイト歴5カ月

会社によって異なりますが、5000ポイントくらい貯めないと現金に換えられないため、正直、月に稼げる金額は合計で2000円ほどです。もちろん、月20万~30万円も稼ぐ人がいますが、彼らはトップクラスであり、簡単には真似できません。

お小遣い稼ぎと捉えたほうがベター
2015/02/22
20代 男性
ポイントサイト歴1カ月

一般的には「ネットで副収入=ラクに稼げる」というイメージが先行し、怪しいと思いながらもこの種の副業に手を出す人は多いです。ただし、ポイントサイトは完全な副業ではなく、お小遣い稼ぎと捉えたほうがベターです。

時給に換算すると低い副業
2014/12/01
20代 男性
ポイントサイト歴1カ月

クリックした先でアンケートに答えたり、ゲームで遊んだり、懸賞に応募すると、確かにポイントが貯まりますが、ポイントを貯めるためには地道な作業を続ける根気が必要です。時給に換算するとそこまで高くないことがデメリットでしかありません。

著作・制作

中野貴利人
監修・編集
新卒から10種類以上の副業を経験。26歳で株式会社ネットピコ設立、12期目。著書4冊、2児の父、取材履歴はこちら

ピックアップ