ペットシッター - 大型連休で需要増!実務経験や資格取得が必須の副業

中野貴利人
監修中野貴利人
株式会社ネットピコ 代表取締役

ペットシッター - 大型連休で需要増!実務経験や資格取得が必須の副業

  1. ペットシッターの基本データ
  2. 散歩から訓練まで行うペットのプロ
  3. 個人でペットシッターを請け負う
  4. プロのペットシッターの資格必須
  5. ペットシッターの体験談や口コミ

ペットシッターの基本データ

総合 3.2
評価
収入時給900~1,500円
時間2~5時間
特徴
スキマ
深夜OK
土日有利
期間限定
初心者
スキル
資格有利
趣味併用
週末起業

点数の付け方について

散歩から訓練まで行うペットのプロ

仕事内容はペットごとに異なる

ペットシッターの仕事は「エサやり、遊び相手、散歩、トイレ掃除、病気の対応」といったお世話全般です。近年ではしつけの訓練や老齢犬の介護、病気がちなペットの長期ケアといった依頼も増えています。

その際は事前に飼い主から「ペットの性格や好み、ご飯の時間とその量、普段の散歩のコース」といったライフスタイルを教えてもらい、何でも柔軟に対応できるようにしておきます。

ペットを預かっている最中は食事の様子、遊んでいる状況、散歩時などを写真に撮り、リアルタイム、もしくはあとで記録簿と一緒にまとめて、飼い主に報告することが一般的です。

また、ペットシッターの働き方としては「①ペットホテルでアルバイト、②飼い主宅や待ち合わせ場所で引き取り自宅でロングステイ、③飼い主宅に出向いてペットの世話をする、④1~3時間ほど公園などで遊ぶ」があります。

1人暮らしの増加でニーズあり

ペットフード協会の2017年12月時点の「全国犬猫飼育実態調査」によると、犬は892万頭、猫は953万頭でした。人口現象と高齢化の影響で飼育頭数は減少傾向にあります。

ただし、1人暮らしでペットを飼う人は増えており、ペットシッターの需要が高まっています。長時間の外出や旅行でペットの世話ができないときこそ、ペットシッターの出番です。

ペットが余計なストレスを感じないように、ペットシッターやペットホテルではそれぞれに合わせた対応しますし、急な体調不良や病気のときもペット病院などに連れて行ってくれるために安心です。

都心部では時給1,200~1,500円

ペットシッターはそれほどメジャーなアルバイトではないため、求人数はさほど多くはありません。新しくオープンするペットホテルの数は増えていますが、都市圏、駅や空港付近に偏っています。

小規模な店舗も多いため、1店あたりの求人数も1~2名と少ないです。時給は地域や店によってまちまちですが、都心は時給1,100~1,500円、地方は時給900~1,200円が相場になります。

副業で「ペットケアやペットホテルでペットシッターをしたい」と考えている人は、大手のアルバイト情報サービスで「ペットシッター」などで検索することで、雇用先が見つかりやすいです。

個人でペットシッターを請け負う

アルバイトの雇用される以外にも「個人でペットシッターを請け負う」スタイルに人気が集まっています。現在はスマホアプリで「ペットを預けたい人」と「ペットを預かりたい人」をマッチングできるようになりました。

ペットシッターのビジネスモデル

近所の愛犬家として登録できるPawshakeDogHuggy、個人の空き時間を売買するタイムチケット、困りごと何でもリクエストできるエニタイムズなどがあります。

Pawshake

例えば、タイムチケットではすでに「30分1,000円でお散歩を代行します、11泊5,000円でお預かりします、1時間3,000円で犬のしつけ方を教えます」といったチケットと販売している人たちがたくさんいます。

私たちもタイムチケットなどに「ペットシッターとして請け負える内容」を登録することで、お客様を獲得するチャンスがあります。

タイムチケット

主人公
主人公
個人契約のほうが時給がかなり高いね。
貧乏神
貧乏神
自分で好きな金額を設定できるだぬ。

プロのペットシッターの資格必須

プロのペットシッターの資格必須

個人事業主や法人として営利目的で動物を扱う場合は、都道府県が管轄する第一種動物取扱業の種別「保管」への登録が必要です。さらに事業所ごとに動物取扱責任者を選ぶことが動物愛護法で決められています。

この動物取扱責任者になるための要件としては「①6カ月以上の実務経験がある、②獣医学や畜産学などの学科を卒業している、③ペットシッターに関する資格を保有している」のいずれかを満たす必要があります。

つまり、①があるために、実際には資格なしでもペットシッターの仕事を請け負えるわけです。ただし、大切なワンちゃんやニャンちゃんを預かるには相応の知識と責任が生じるため、専門知識は欠かせません。

実際に個人でペットシッターをするときにわかりますが、資格保有者に人気が集中したり、資格をアピールすることで時給が上がります。副業でもプロ意識を持ったペットシッターとして稼ぐなら、結果的には資格取得が必須です。

合格率が高いなど、わりと取得しやすい資格には、認定ペットシッター、ペットシッター士、グッドシチズンテスト(GCT)があります。例えば、認定ペットシッターは合格率が90%を超えています。

また、トリマー(初級)、愛犬飼育管理士、愛玩動物飼養管理士、家庭動物販売士もペットシッターでは人気です。もちろん、獣医や公認訓練士も動物取扱責任者になれます。

ペットシッターの体験談や口コミ

作業負担は普段と変わらない
2017.02.22
20代 女性
ペットシッター歴1年6カ月

以前は長時間外出の際にペットホテルにペットを預けることが一般的でした。ただ、いつもと異なる環境にいきなり入れられることで、ワンちゃんは強いストレスを感じやすく、ペットホテルから戻ってきたら体調不良や病気になった例も多かったです。

そこで新たな選択肢として、個人のペットシッターや愛犬家に預ける人が増えました。今はペットを預けたい人たちが、スマホで近所のペットシッターを探すようになっています。

そのため、私も自宅で飼っているミニチュアダックスフントと一緒に、他者様のペットを預かることをしています。自宅で世話をするためにいつもの生活とあまり変わりません。労働という感覚はなく、それでいて1泊4,000~6,000円は貰えます。

また、預けられたワンちゃんも狭いペットホテルではなく、自由に遊んだりもできるため、余計なストレスを感じにくいようです。

個人請け負いのほうが融通が利く
2016.10.06
30代 男性
ペットシッター歴2年

ペットホテルでのアルバイト、もしくは鍵を預かってオーナー宅で世話することもありですが、副業では個人請け負いのほうが時間に融通が利きますし、単価も時給1,000円ではなく、1,500円や2,000円にアップします。

また、土日や大型連休に依頼が増えます。あとは世話をするペットの種類は犬と猫がほとんどですが、まれに爬虫類系やその他の珍しい動物の世話を依頼されることもあります。

動物好き+知識が必要な仕事
2015.12.08
20代 女性
ペットシッター歴4カ月

通常は食事、トイレ、散歩をすることが中心で、特別に難しい仕事はありません。ただ、実際には預かるペットが普段どのような暮らしをしているかを理解しながら、オーナーの意向によって細かい注文を受けたりします。

そのため、相当動物が好きではないと務まらないですし、単なる動物好きでは知識不足で体調不良やトラブルに対応できず、リスクを伴います。基本的には普段からペットを飼っていて、ペットに慣れ親しんでいる人に向いている仕事です。

そういった人たちは動物に対する接し方が自然ですし、諸問題も経験済みのために焦ることもありません。個人的にはそれでもペットを預かる自信がなかったため、さらに認定ペットシッターの資格を取得したり、独学で知識も付けました。

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2014.08.17
更新日更新日 2018.11.21

著作・制作など

中野貴利人
監修・執筆・編集
株式会社ネットピコ代表/フクポン編集長/副業プランナー。新卒で副業開始、26歳で法人化、11期目。副業関連の著書4冊。2児の父。過去の取材や講演はメディア掲載履歴で紹介。