Uber Eatsで働くデメリット4選!「バイト感覚では稼げない」や「事故が怖い」など

中野貴利人
監修中野貴利人
2019/10/11 更新

Uber Eatsで働くデメリット4選!「バイト感覚では稼げない」や「配達員は事故が怖い」など

  1. デメリット① バイト感覚では稼げない
  2. デメリット② 必要な持ち物を揃える
  3. デメリット③ 交通事故の被害者になる
  4. デメリット④ 疲労感とトラブルがある

デメリット① バイト感覚では稼げない

Uber Eatsの配達は大学生や主婦の新たな収入源としても人気です。講義の合間の1時間でも働けますし、髪型や服装にもうるさくなく、報酬は週払いで振り込まれます。スマホアプリによる案件の獲得はゲーム感覚に近いです。

ただ、報酬は出来高制であるため、配達件数や移動距離で金額が大きく変動します。次の表は一例ですが「1件の案件を獲得して、飲食店から注文者までに届けるペース」をレベル別に分類してみました。

レベル時給換算理由
初級者500~
1500円
  • 2時間に1~3件配達
  • 需要のある地域にいない
  • 店の場所を知らない
  • 地図を覚えていない
中級者1000~
2000円
  • 2時間に2~4件配達
  • 需要のある地域にいる
  • 店と地図が頭にある
  • 稼ぎ時を知っている
上級者1500~
2500円
  • 2時間に3~5件配達
  • タワマンなど狙いがある
  • 移動に無駄がない
  • トラブルも解決できる

情報取得日 2019年6月時点

例えば、千葉エリアで移動距離1kmの場所に配達すると、620円が受け取れます。これを1時間に2回すると、時給換算で1240円※1です。

しかし、未経験者や初級者はUber Eatsの注文が多いエリアや店舗を把握できていないため、コンスタントに案件を受注することができません。1時間に1件しか配達できないと、時給換算で1000円を下回ることになります。

一方で待機時間を労働時間に含めない人もいます。注文を待っている間は読書や勉強などをして、時間を浪費しないことに徹すれば、その時間は無駄にはならず、時給1000円を下回ることはなかなかありません。

いずれにしても初心者が配達を請け負うためには工夫が必要です。Uber Eatsのスマホアプリに配達依頼が来ない理由は「需要のあるエリアにいない」や「飲食店や注文者からの評価が悪い」などになります。

配達依頼が来ない理由
  • 需要のあるエリアにいない
  • 同じエリアに同業者がたくさんいる
  • 天気、気温、降水量、湿度、風速が最適である
  • 注文の多い時間帯ではない
  • 注文依頼を拒否したことで応答率が低い
  • 配達の平均時間が遅い
  • 飲食店や注文者からの評価が悪い

Uber社は注文を委託する配達パートナーをA.I.で判別しているため、配達依頼が来ない理由を避けることが望ましいです。単なるバイト感覚では稼げません。初心者は上級者の稼ぎ方を真似することから始めましょう。

主人公
主人公
上級者は副業で月25万円超えか。
貧乏神
貧乏神
どんな仕事でもコツがいるだぬ。

※1 2019年2月時点の千葉エリアにおける情報です。報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります。

デメリット② 必要な持ち物を揃える

Uber Eatsから無償で貸与されるアイテムは配達用バッグとサポートセンターカードのみです。それ以外はすべて自分で揃えないといけません。初期費用としてすべて揃えると、スマホ以外で5000円程度の経費がかかります。

Uber Eatsの配達に必要な持ち物
  • 配達用の折りたたみ式バッグ(無償貸与)
  • サポートセンターカード(無償貸与)
  • スマホ
  • スマホアプリ(Uber Driver)
  • スマホアプリ(Googleマップ)
  • スマホの防水スタンド
  • モバイルバッテリー
  • 充電ケーブル
  • スマホの防水ホルダー
  • ネックピロー(汁物を安定させる)
  • タオル(汁物を安定させる)
  • バイク(もしくは電動自転車)
  • ヘルメット
  • サングラス・日焼け止め
  • 軽装・着替え
  • シューズカバー(雨天時)
  • タオル・ハンカチ
  • 飲み物・ドリンクホルダー
  • ペン・メモ
  • 医療保険(事故発生時)

バイクや電動自転車を持っていない人はレンタル料がかかります。原付バイクが1万6000円前後、屋根付きバイクは月額1万9000円前後、電動自転車は月額1万円前後です。

また、バイクで配達する人は登録時には「運転免許証、自動車損害賠償責任保険証明書、ナンバープレート」を撮影した写真が必要です。

ちなみにUber社では配達パートナーのために、定期的にバンドエイド、保温シート、ピンセットなどが入った衛生グッズを無償で配布していたり、サポートセンターでドリンクを配布するなどの取り組みも行っています。

主人公
主人公
意外と持ち物が多いね。
貧乏神
貧乏神
必須ではないが、あると便利だぬ。

デメリット③ 交通事故の被害者になる

医療保険や所得補償には自分で入る

交通事故の被害者になる

ピザデリバリーやバイク便も含め、配達系の仕事には事故のリスクが潜んでいます。その備えとして、トラックドライバーからタクシー運転手まで保険や労災に加入して、万が一の対策をしているわけです。

Uber Eatsにも配達パートナー向けの保険があり、対人と対物賠償には上限1億円の保険が適用されます。しかし、事故を起こした際は保険のための事故対応はしてくれますが、被害者との示談交渉は対象外です。

しかも、これは人をケガさせたり、物を壊すなどの加害者になったときの保険であるため、2019年9月時点では本人が交通事故の被害者になったときの補償はありません。

そこでUber Eatsの配達する人たちが弁護士を交えて、労働環境の改善をするために労働組合の設立を進め、2019年10月にはウーバーイーツユニオンが設立されました。

ウーバーイーツユニオン

これで交通事故の補償から報酬体系の透明化まで、Uber社に対しての団体交渉ができるようになっています。

実際にウーバーイーツユニオンができてからは自分のケガに対しても、三井住友海上の傷害補償制度が無料で適用されるようになりました。医療行為、入院、後遺障害、死亡に伴う見舞金などが付与されます。

ただし、Uber Eatsの配達中に事故に遭っても、Uber Japan社からは日々の生活に対する補償がありません。なぜならUber Eats配達パートナーは個人事業主であり、労災が適用外だからです。労災のように十分な医療費や生活費まで補償されるためには、自らそのような保険に入る必要があります。

一方、運営元のUber Japan社も、配達パートナーの安全には配慮しています。例えば、悪天候のときほど、Uber Eatsの需要は高まりますが、大雨や強風、雪の予報が出たときは、アプリそのものの利用を停止することがあります。

交通事故以外の被害者になるリスク

交通事故とは別のリスクもあります。Uber Eatsで注文すると、注文者は配達パートナーの氏名(仮名可)、顔、位置情報がスマホに表示されます。

これでは「犯罪に巻き込まれるリスクがある」ということで、一部の女性の配達パートナーからシステムの改善を求められています。ただ、2019年6月時点ではシステムの仕様変更はありません。

主人公
主人公
逆に注文者側は顔がわかるほうが安全だから、対応が難しいね。
貧乏神
貧乏神
Uber社もいろいろとサービスを改善している最中だぬ。

デメリット④ 疲労感とトラブルがある

肉体労働並みの疲労がある

Uber Eatsの配達は、自転車をこぎ続ける肉体労働です。初心者では労働後に足がスムーズに動かなくなる人さえいます。副業でやる際はバイクに切り替えるなど、翌日の本業への影響を配慮しましょう。

疲労感は配達場所にもよります。5km以上の遠い配達先を指定されることもあり、遠い配達先のほうが報酬が高いですが、自転車の場合は体力が消耗し、元の場所に戻るまでに時間もかかります。

料理をこぼしてしまうミス

雨天時はインセンティブで報酬が増えます。しかし、雨で視界が悪くて道路も滑りやすいため、転倒するリスクが高いです。本人のケガはもとより、料理をすべてこぼしてしまった人もいました。

特にラーメンやスープ、飲み物などの汁物は、配達用バッグ内でこぼれるトラブルが発生します。ネックピローやタオルで固定して、左右に揺れ動かない工夫が欠かせません。

時間通りにたどり着けない

Uberのアプリ上の地図を見ると、道に迷うことは少ないです。しかし、目的地がマンションで部屋番号が登録されていなかったり、タワマンで従業員用の入り口がどこかわからないなど、戸惑うことはよくあります。

Uber Eatsのサポートセンターに電話すると、ほとんどのトラブルには対応してくれますが、配達を請け負った以上、目的地にいる注文者には迅速に料理を届けないといけません。配達が遅れたときはクレームの一言もあります。

将来に役立つ経験が乏しい

働き方は人それぞれであり、その労働が必ずしも将来につながる必要はありません。ただ、Uber Eatsの配達を続けても、特別なスキルが身に付くわけでもなく、働いた実績がキャリアにも反映されないことを嫌がる人もいます。

また、配達パートナーからはUber社への不満も聞かれます。例えば「アプリの不具合で報酬が低かった」や「前よりブーストやインセンティブが減った」などです。米国などではUber社へのストライキも行われました。

配達業特有の孤独感がある

Uber Eatsの配達パートナーから意外と聞かれるデメリットが「コミュニケーションの少なさ」です。上司や同僚がいないゆえの自由度は高いですが、何時間も1人で配達することに孤独感を覚えます。

そのため、Uber社が親睦会を開いたり、配達パートナー同士の交流会も行われていて、すでにUberEATSパートナーズ・グループなども発足しています。配達パートナー同士はライバルというより仲間意識のほうが強く、需要のあるエリアや店舗などの情報交換も盛んです。

主人公
主人公
好きな時間にできるから、自己管理も重要だね。
貧乏神
貧乏神
あとメリットとデメリットは裏表だぬ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

著作・制作

中野貴利人
監修・編集
フクポン運営/副業プランナー。新卒で副業開始、26歳で法人化、12期目。副業関連の著書4冊。2児の父。過去の取材や講演はメディア掲載履歴で紹介。

自分に合う副業を探す

ピックアップ

スポンサーリンク