【漫画】第51話「ボリンジャーバンドの意味と4つの使い方」

中野貴利人
監修中野貴利人
株式会社ネットピコ 代表取締役

「ゴレンジャーバンド」

ついに見つけた勝てそうなチャート‥‥ ボリンジャーバンドだ! ボリンジャーバンドには移動平均線の上下に帯状のσ線が3本ずつある σ線はバンドの内側にローソク足が収まる確率を表している

「はみ出たらチャンス」

これが何に役立つんだ? バンドからローソク足がはみ出たらチャンス? 3σにある確率が99%なら+3σを飛び出したローソク足は戻りやすい 早速やってみるか あっ! +3σを飛び出した 売りだ えっ!?上がっちゃった 99%なのに! 使い方がまったく違うんだよ

「4つある使い方」

使い方 ①横ばいで逆張り 使い方 ②拡大時に順張り 使い方 ③縮小時で決済する 使い方 ④狭小時は売買なし

「3回連続‥‥ヤメチマエ」

ボリンジャーバンドはわかりやすいから勝てそうな気がする 売りから入ったのに上がっちゃった 今度こそ売りだ げっ!?上がった 次は買いだ 3回連続損した! ヘタクソ!!
  1. ボリンジャーバンドの見方
  2. バンドの幅で異なる4つの使い方

ボリンジャーバンドの見方

ボリンジャーバンドは統計学を利用して、反発のタイミングを計るテクニカル指標です。軸となるミドルラインはいつもの移動平均線であり、それを中心に上下に3本ずつ線が表示されます。

ボリンジャーバンドの見方

ミドルラインから上に離れるにつれて+1σ、+2σ、+3σ、下に離れるにつれて-1σ、-2σ、-3σと呼び、それぞれの内側に価格が存在する割合は次のようになります。

±1σ=68.3%
±2σ=95.5%
±3σ=99.7%

±1σは68.3%と数値が低いために、FXではあまり使いません。±2σと±3σが重要であり、±2σに収まらないときに反発や逆張りを狙います。

ただし、ボリンジャーバンドではσのレンジとローソク足の位置だけではなく、±1~3σ全体のバンドの形が重要です。バンドの幅と動きの違いで、次の4つの使い方ができます。

兄
単純に「+3σだから売り」とはならないのか。
弟
バンドの形次第では「+3σで買い」という判断もできる。

バンドの幅で異なる4つの使い方

チェック1

横ばいで逆張り

横ばいで逆張り

+σと-σのバンドが水平状態のときは、横ばい相場と判断できます。集団心理はバンドの上限と下限を意識するため、上昇して+2σに達したら売り、下落して-2σに達したら買いという逆張り戦略が有効です。

逆に横ばい以外での逆張りはおすすめできません。ボリンジャーバンドは逆張りのテクニカル指標とされていますが、基本的には横ばいのときのみ反発狙いの逆張りができます。

チェック2

拡大時に順張り

拡大時に順張り

初心者が勘違いしやすいボリンジャーバンドの使い方に「飛び出したら戻る」があります。ローソク足がボリンジャーバンドの±2σに存在する割合は95.5%のため、確かに±2σの外に飛び出すことはイレギュラーです。

しかし、水平や縮小していたバンドが急拡大したときは、トレンドの発生ポイントになります。過去の統計とは関係なく、力強く一方向に相場が進むために±3σにタッチして、その後は±2σにローソク足が張り付きます。

つまり、上昇トレンドや下降トレンドが生まれているため、バンドが拡大したときは順張りが正しい選択です。

チェック3

縮小時で決済する

縮小時で決済する

拡大時が終わって縮小に向かったときは、トレンド終了のサインです。±2σに張り付いていたローソク足も±1σ以内に戻ってきます。このときは順張りしたポジションを決済しましょう。

ただし「縮小したあとに再び拡大する」といったダマシもあるため、例えば+2σからの利益確定なら、ローソク足が+1σ、±0、-1σに下がったときに売るなど、3回程度に分散することで、順当に利益が確保できます。

チェック4

狭小時は売買なし

狭小時は売買なし

バンドが狭いときはローソク足が上限と下限を行き来する横ばい相場ではないですし、トレンドも発生しません。集団心理としても先が読めずに様子見している状態のため、初心者も売買しないことが健全です。

ただし、バンドが狭くてローソク足が動かないほど、このあとに来る相場に資金がなだれ込むため、狭小時は次の相場が大きく動く前兆と捉えることもできます。

このようにボリンジャーバンドは「①横ばい=逆張り、②拡大時=順張り、③縮小時=決済、狭小時=様子見」と判別できるため、別のテクニカル指標と組み合わせて、売買シグナルを読み取る上級者も多いです。

兄
ボリンジャーバンドはわかりやすいね。
弟
移動平均線と統計学のミックスだから信頼性も高めだ。

初心者も安心できるFX会社

DMM FX
GMOクリック証券
本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2018.11.29
更新日更新日 2018.11.30

著作・制作など

中野貴利人
監修・原作・執筆・編集
株式会社ネットピコ代表取締役。著書にど素人でも稼げるネット副業の本など。過去の取材はメディア掲載履歴で紹介。
コダイラショウヘイ
コダイラショウヘイ
作画
東京都小平市出身の漫画家兼イラストレーター。4コマから似顔絵まで、笑えるモノを描きまくってます。