【漫画】第1話「貯金なし!毎月赤字!節約ムリ‥‥どうする?」

中野貴利人
監修中野貴利人
株式会社ネットピコ 代表取締役

「お金がない‥‥」

か‥‥金がねぇ! やっぱり旅行はキャンセルしようかな というかなんで!? お金が消えていく! とりあえず3万円だ!3万円を出せ!!

「神は神でも‥‥」

神様‥‥どうか僕にお金をください 本当に来た!! ‥‥ ‥‥ ドーン お前にお金の増やし方を教えてやるだぬ

「収入-支出=?」

現実的に支出を見直してみるか 今はこんな感じ 支出リスト 実家に仕送りと奨学金の返済も追加 毎月1万円の赤字じゃん!

「節約したいけど」

もっと節約してお金をたくさん貯めよう 電球のワット数を下げる 月26円もお得 ムリだあああ! これからお前どうするん? どうするブー?
  1. 主人公の年収は350万円前後
  2. お金を増やす!5ステップ
  3. 副業初期の体験談

主人公の年収は350万円前後

国税庁の「平成27年度 民間給与実態統計調査」によると、平均年収は20~24歳で250万円前後、25~29歳で350万円前後でした。過去20年間で年平均4万~5万円ずつ下がり続けており、全世代で厳しさが増しています。

主人公は著者が20代のときの体験をベースにしており、給与は月23万円です。それに残業代と賞与が加算されて、年収350万円になりました。ごく平均的な収入の中で「お金が足りない」と逼迫している状態です。

給与23万円(手取り額17万円)×12カ月+残業代+賞与=350万円

給与からは「所得税、住民税、健康保険保険料、厚生年金、雇用保険、生命保険」で6万円も引かれてしまい、そのときは「手取り額が17万円しか残らない」とかなり戸惑いました。

東京都に住んでいたために築25年の1Kでも、家賃は7万円も支払います。水道光熱費は月8,000円、通信費は携帯電話とネットで月8,000円、食費は自炊する時間を惜しんで月5万円かかりました。これで残りは34,000円です。

さらに実家に仕送りの月3万円と奨学金の月14,000円が重荷になります。ただし、実家に仕送りはよくある話ですし、奨学金は借りる人の割合は2012年に50%を超えてからは当たり前の制度です。

結果「家賃、水道光熱費、通信費、食費、仕送り、奨学金」で月1万円の赤字となり、残りの「交際費、消耗品費、医療費、美容費」などは、ボーナスを切り崩すしかありません。これでは節約のみで貯金することは難しいです。

お金を増やす!5ステップ

お金を増やす!5ステップ

20代や30代で年収1,000万円を超える方法は、皆さん理解しています。難関大学を卒業して大手商社やコンサルティング会社に就職する、もしくは医師や弁護士などの免許を取得することでまず達成できます。

しかし、10代で勉学に励み、就職活動に成功し、仕事も順調な人は限られています。世間的には学歴や資格、会社を頼りにできず、平均年収は20代で250万~350万円、30代以降でも300万~500万円台の人がほとんどです。

そこからどう生活レベルを向上させていくかを、私たちは考えなければいけません。すぐに思いつく方法は節約ですが、節約は「自分の収入以上はできない」という限界があり、根本的な解決にはならないです。

そのため、次の5ステップに分けて、お金を増やしていきます。1ステップは本業です。本業の給与は基本的には微増であり、昇給や出世をしても生活レベルが向上するほどの効果は期待できません。

しかし、堅実な収入源です。残業時間が異常に多かったり、将来性に著しく欠ける、過度のストレスを受ける人は転職したいですが、それ以外の人は現状維持で構いません。本業の給与をベースに活動していきます。

2ステップは副業です。本業では自分が頑張っても、その成果は会社組織に吸収されて、内部留保や頑張らない人の給与に変わります。特に20~30代はその努力が報われないことが多いです。

副業は違います。自分が頑張った分だけストレートに収入増となります。貴重な労働時間をお金に変えるなら、若い世代であるほど本業よりも副業のほうが合理的であるわけです。

月1万円の収入アップのために本業は1年や2年待たないといけませんが、副業なら1カ月でできます。興味がある仕事であれば、ダブルワークも苦ではなく、むしろ楽しく稼げることで、精神的なゆとりが生まれます。

3ステップは投資です。自分1人では「本業+副業」によってお金の増加ペースは格段にアップしましたが、まだ非効率です。投資によって、お金はお金に稼いでもらい、自分が動かなくても徐々に増える仕組みを構築します。

4ステップは自己啓発です。個々のスキルを向上させることで、生産性も向上します。副業で得たお金で英会話スクールに通ったり、ビジネスセミナーに参加します。フィットネスクラブや人間ドックもありです。

5ステップは成果です。お金を増やすためにお金を増やしても意味がありません。お金そのものは無価値であるため、何らかの成果に変えましょう。それが適度な欲望に変わって「もっと稼ぎたい」といったやる気が出てきます。

例えば「家賃が1万円高いところに引っ越して通勤時間を短くする、奨学金を返済する、スーツや時計を新調して身だしなみを整える」のように、お金を使う目的が明確であるほど満足度も高くなります。

副業初期の体験談

副業を始めた動機は将来のため
2017.05.20
20代 男性
副業歴1年

私は3年間働き続けても、給料は手取りで17万~18万円でした。1年間働き続けても、昇給は8,000円しか上がりません。

このままでは私は30歳で25万円、40歳で35万円、50歳で45万円と、生活のために働きながら、年に1度の昇給を待ち続けるべきでしょうか。もちろん、それも間違いではないと思います。

今の仕事はやりがいのある楽しい仕事です。ボーナスは最低5カ月は支給されます。福利厚生は指折りにしっかりしています。社員旅行はソウル、バンクーバー、ボルネオ島など海外に行きました。

このまま結婚をして、子供が成長して、何年か置きに出世して、40年間働きつづけて、60歳の定年を迎えます。その間に旅行に行ったり、車を買い、家もローンで買うことでしょう。

一見、幸せかもしれません。しかし、それ以上の経済的な自由を手にしたい自分がいます。

よく「金持ちより幸せになったほうがいい」と聞きますが、どう考えても「金持ちで幸せになったほうがいい」と思います。そもそもお金と幸せを天秤にかけることは間違っています。

お金持ちになるためには、まず自分のビジネスを構築していく必要があります。そこからキャッシュフローが生まれ、資金を手に入れ、投資をして、資産を得ます。

現在はとてもビジネスが構築しやすい社会です。副業がパソコンやスマホでできることは、全員に平等なチャンスがあることと同じです。私はお金がないためにお金で苦労したくありません。そのために副業をしています。

両立が難しいが起業の練習になる
2017.04.03
30代 男性
副業歴2年

最初は本業と副業の両立が難しかったです。本業の会社ではウェブサイトの開発、運用をやっていますが、なかなか副業に時間がさけません。

プロジェクトが発足すると、終電で帰り、朝10時に出社の繰り返しのときもありました。それでも自宅で最低1時間はパソコンに向かいます。睡眠時間が削られるわけです。そして、次の日は眠いですが、そこは我慢です。

週の中間である水曜日の夜だけ、睡眠時間を多めにし寝不足の調整をしています。とにかく時間が足りないことが、本業と副業を両立する上での悩みです。

当然、本業の仕事中には副業はしませんが、副業関連のメールをチェックしたり、日々の売上チェックくらいは会社で行います。逆に休日は副業し放題で、遊びにも行かずに楽しんでやっています。

また、私は近い将来、副業で起業する予定で、会社を辞めたときに増える時間や収入を計算してみました。今は週に15時間は副業をしていますが、退職後は週に60時間は作業できます。仕事量は4倍になり、単純計算で副収入も4倍以上になると想定できます。

時間さえあればやりたいこと、やれば稼げるアイデアもあるため、今の副収入の何倍も稼げる自信があります。あと1~2年、今の会社で技術を学んだら、副業で独立したいです。

転職よりも副業と独立を目指す
2017.02.05
20代 女性
副業歴1年

私は入社してから3年後に、別の会社に転職しようと計画を立てていました。結局、3年経った今も会社を辞められずにいますし、目的も転職ではなく、副業を経てからの独立に変わっています。

ただ、目的が変わっても、転職、副業、起業のどれに対しても、本業からできるだけ多くのノウハウを吸収して、3年後の自分に生かそうする意識は、役に立つ共通事項です。

本業の会社に依存しながら、月に1度の給料のためだけに働くことはおすすめしません。本業では仕事上の経験や体験、仕事の実務履歴、仕事で知り合う人脈など、いろいろなことが得られます。

本業から何が得られるのかをメモに残して、本業の位置づけや本業との向き合い方を理解すると、本業のありがたさがわかります。

もちろん、本業を再評価しても、劇的に収入がアップするわけではありません。私は本業の役割に明確にすることで、副業の優先度を上げて、本業と副業の時間配分を意識できるようになりました。

【漫画】第2話「本業・転職・起業では年収が増えにくい理由」

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2016.06.03
更新日更新日 2018.04.17

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
中野貴利人
中野貴利人
原作・執筆・編集
株式会社ネットピコ代表取締役。著書にど素人でも稼げるネット副業の本など。過去の取材はメディア掲載履歴で紹介。
イブキミノ
イブキミノ
作画
30歳オーバーにして、脱サラしたイラストレーター兼漫画家。丸っこいものに囲まれて暮らすのが夢です。

関連する記事

RELATED ARTICLES
【漫画】第2話「本業・転職・起業では年収が増えにくい理由」
【漫画】第2話「本業・転職・起業では年収が増えにくい理由」
日本人の平均年収は1997年の467万円から下がり続けて、2015年は420万円にまで落ち込みました。日本全体が長年その状態ですので、本業の会社に...
プログラマー - 単発・在宅・常駐で副業!時給は1,500~2,000円
プログラマー - 単発・在宅・常駐で副業!時給は1,500~2,000円
プログラマーは決められた仕様に沿って、プログラミングでアプリやシステムを作り上げる仕事です。小規模な案件では要件定義から仕様設計までを要...
【漫画】第45話「副業で成功する100のコツ!マネして稼ぐ」
【漫画】第45話「副業で成功する100のコツ!マネして稼ぐ」
副業のコツはA、B、C、D、Eの5段階評価で分類しています。Aは必須であり、Bもできる限り認識したいコツです。CからEは個人によって必要性が異...
【漫画】第46話「公務員ができる副業7選!投資・執筆・農業など」
【漫画】第46話「公務員ができる副業7選!投資・執筆・農業など」
定年まで安定した給与が貰える公務員は人気の職業の1つです。マイナビウーマンによる2017年4月時点の「結婚したい男性の職業は?」という調査で...

おすすめ副業

RECOMMENDED AVOCATION

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK