【漫画】第17話「せどりの配送運賃を257円以下に抑える」

中野貴利人
監修中野貴利人
株式会社ネットピコ 代表取締役

「初日で7冊も売れた」

ふ~っ 出品作業が全部終わった 翌日 Amazonからメールが来てる‥‥しかも7通!? う、う、売れた!1日で本が7冊も売れたよ 早速梱包して配送するわ!

「切手を貼る男」

この本は284gだから400円切手を貼って そんなんじゃ損するだぬ Amazonで売ると購入者から代金と配送料が貰えるのは知ってるだぬ? その配送運賃 200円以下にできるだぬ

「配送運賃は164円」

お前が見たのは郵便局の「定形外郵便物」の料金表だぬ でも郵便局の「クリックポスト」は164円で送れるだぬ 商品のサイズによって 郵便局の「レターパック」 なるほど‥‥浮いた料金はどうなるの?

「浮いた93円は貰う」

商品が売れるほど配送料で得するってこと? 配送運賃を節約すれば せどりの利益率は30%以上も狙えるだぬ Amazonで中古本を1円で売る人がいるけど あれって配送料狙い? ふむ‥‥これでせどりのコツはつかんだな
  1. 配送運賃をサイズや重量別に比較
  2. ダンボールは3つの業者から選ぶ

配送運賃をサイズや重量別に比較

本を送る場合は「サイズA4以下、厚さ3cm以下、重さ2kg以下」に収まることがほとんどです。薄いビジネス書なら「厚さ1.3cm、重さは300g」ほど、厚いビジネス書でも「厚さ3cm、重さは1kg」ほどの大きさです。

配送業者は現在、ヤマト運輸や佐川急便が個人向けのメール便サービスを廃止したため、郵便局一択となっています。その郵便局では定形外郵便物、クリックポスト、レターパックライトの3種類から配達方法を選べます。

重量定形外郵便物クリックポストレターパックライト
~50g120円164円360円
~100g140円164円360円
~150g205円164円360円
~250g250円164円360円
~500g400円164円360円
~1kg600円164円360円
~2kg670円360円

164円で全国に配送できるクリックポストが圧倒的に割安であるため、せどりではクリックポストを使う人がほとんどです。クリックポストの重さ制限である1kgを超えたときは、レターパックライトに切り替えます。

ダンボールは3つの業者から選ぶ

荷物をダンボールで送る場合は「縦・横・高さの合計が60cm以内、重さは2kg」を基準に、配送運賃を比較してみます。配達距離は関東から関東までの同一エリア内を想定しており、配達距離が伸びるほど割高になります。

配達業者は郵便局のゆうパック、ヤマト運輸の宅急便、ファミリーマートで集荷できるはこBOONから選びます。佐川急便は配送運賃がヤマト運輸と同じくらいか、もしくは少々割高であるために除外しました。

サイズゆうパック宅急便はこBOON
~60cm740円756円597円
~80cm970円972円597円
~100cm1,180円1,188円597円
~120cm1,400円1,404円597円
~140cm1,610円1,620円597円
~160cm1,830円1,836円597円

はこBOONは重さで料金が変わるため、サイズ別ではすべて597円均一になります。そのため、大きくて軽い商品ははこBOON、小さくて重い商品はゆうパックを選ぶとお得です。

次のページ

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2016.11.21
更新日更新日 2018.06.14

著作・制作など

中野貴利人
中野貴利人
監修・原作・執筆・編集
株式会社ネットピコ代表取締役。著書にど素人でも稼げるネット副業の本など。過去の取材はメディア掲載履歴で紹介。
イブキミノ
イブキミノ
作画
30歳オーバーにして、脱サラしたイラストレーター兼漫画家。丸っこいものに囲まれて暮らすのが夢です。

おすすめ副業

スポンサードリンク

ピックアップ

スポンサードリンク