【漫画】第30話「FXアプリが動かない!7つの原因とシステム障害」

中野貴利人
監修中野貴利人
2020/01/29 更新

「アプリで売買できない!」

FXアプリで売買できない? この7項目を確認してみろ 半分くらい何書いてあるかわかんないし FX会社側でシステム障害が発生している

「システムダウンとは?」

システム障害とは次の理由でFX会社のシステムに不具合が起きることだ とにかくシステム障害中は売買できないってことか~ 大手でもシステム障害で取引できないことがあった 米ドル/円が下がるほうに投資した人は大損だ 途中で売ることができずにただ見てるしかない

「金融庁の業務改善命令」

注文済みは補填されるが 機会損失は補填されない システム障害などの法令違反があったFX会社は金融庁から処分を受ける 処分は3段階だ 過去数年ではこれくらいだ

「システムダウンに感謝!?」

海外系のFX会社は金融庁から処分を受けていない 海外業者は無認可だから金融庁の管轄ではないだけだ あっ!システム障害が復旧した あぶねぇ!損していたわ~
  1. スマホアプリが動かない7つの原因
  2. システム障害はFX会社では急減している
  3. 行政処分されたFX会社一覧

スマホアプリが動かない7つの原因

大手のFX会社のサーバー稼働率は99.9%以上ですが、急なシステム障害で取引ができなくなることもあります。また、システム障害ではなくとも、アクセス集中による取引の遅延や停止は経験済みの人も多いです。

ただし、スマホアプリや取引ツールが動かないなどは、主に私たちの設定の不備が原因になりやすいです。そのため、まずは以下の7点をチェックしてみましょう。

  1. 資金不足で取引ができない。
  2. セッション時間が切れてログインできない。
  3. 別の端末による多重ログインによってログインできない。
  4. Javaが古くてツールが動かない。
  5. セキュリティソフトがツールを停止している。
  6. 自宅のネットワークに障害が起きている。
  7. スマホ端末が故障している。

FX会社のシステム障害と個人の設定不備のいずれにしても、新規注文時は同時に逆指値注文をするなどして、常に損失を限定しておくことが有効策です。

システム障害はFX会社では急減している

2015年7月に外為どっとコムでログイン不可の障害、2015年8月にYJFX!で瞬間的な円高の影響によるログイン不可の障害が発生したとき、いずれも行政処分はいたらなかったものの、世間からは厳しい評価を受けました。

それ以降はサイバー攻撃による一時的な接続障害などはありながら、外為どっとコムなどを含めた大手FX会社でシステムダウンはほぼ起こっていません。国内のFX会社なら安心して取引できる環境です。

ただし、それでもプロトレーダーはFX会社にシステム力を重視しています。

従来、FX会社を選ぶときは「スプレッドの小さいFX会社」や「スワップ金利が高い会社」が有利とされていますが、FX会社によって勝率や利益率が上がるエビデンスはありません。

そもそもスプレッドは大手39社中11社(2020年1月時点)が業界最安水準の0.2銭以下です。スワップポイントも南アフリカランドでは大手39社中10社(2020年1月時点)が業界最高水準の12円以上です。

そこでプロトレーダーの間では「スマホアプリやトレードツールの使いやすい、システム稼働率が99.9%以上、スリッページが起きにくい、行政処分がない」といったシステムの信頼度で選ぶ人が増えました。

行政処分されたFX会社一覧

金融庁による行政処分には、FX会社が主体となって業務改善をする「業務改善命令」、一時的に営業禁止して業務改善に集中させる「業務停止命令」、悪質な法令違反があって営業資格が剥奪される「登録取り消し」があります。

これ以外にも東京証券取引所や証券取引等監視委員会などからの行政処分もありますが、ここでは2010年以降に発令された金融庁と関東財務局による行政処分を主にリストアップしました。

ただし、一概にも「行政処分を受けた=おすすめできない」わけではありません。GMOクリック証券のように行政処分の理由が「システム管理に不備があった」のみで、すぐに改善できたものもあります。

年月処分社名
2010年2月登録取り消しアイフォレックス
2010年9月業務停止命令外為どっとコム
2010年12月業務停止命令常磐 investments
2011年8月登録取り消し新東京シティ証券
2011年10月業務改善命令スター為替証券
2011年10月業務改善命令MF Global FXA証券
2011年11月業務停止命令121証券
2012年7月業務改善命令FXCMジャパン
2012年10月業務改善命令GMOクリック証券
2012年12月登録取り消しイニシア・スター証券
2012年12月業務停止命令セブンインベスターズ
2014年9月業務停止命令FXコーポレーション
2015年1月業務改善命令アルパリジャパン
2017年7月業務改善命令マネースクエア
2017年12月業務改善命令岩井コスモ証券

情報取得日 2020年1月時点

ちなみに海外のFX会社は使うメリットがありません。主に「システムダウンが国内より多い、金融庁の管轄ではない、信託保全も義務付けられていない、トラブル件数も非常に多い」ことが懸念されます。

国内の中小FX会社もベンチャー特有の革新的なツールがあるわけでもなく、単に「システムダウンが比較的多い、システムトラブルが多い、スマホアプリが脆弱である、自己資本規制比率が低い」ことが特徴です。

次のページ

初心者も安心できるFX会社

DMM FX
みんなのFX

スポンサーリンク

著作・制作

中野貴利人
監修・編集
新卒から10種類以上の副業を経験。26歳で株式会社ネットピコ設立、12期目。著書4冊、2児の父、取材履歴はこちら
コダイラショウヘイ
作画
東京都小平市出身の漫画家兼イラストレーター。4コマから似顔絵まで、笑えるモノを描きまくってます。

ピックアップ

スポンサーリンク