IPアドレスの分散はSEOに効果なし!バックリンクはドメインで評価

中野貴利人
執筆中野貴利人 ネットピコ代表
2019/02/19 更新

IPアドレスの分散はSEOに効果なし!バックリンクはドメインで評価

  1. 第1オクテットでIPアドレスを分ける
  2. ロリポップがIPアドレスを集約した結果
  3. IPアドレスが偏っても順位変動なし

第1オクテットでIPアドレスを分ける

バックリンク元のIPアドレスの分散については「SEOにはまったく影響しない」とされながらも、一部では「分散されたほうが順位が上がる」や「あまりに偏っていると効果はない」などと情報が錯綜しています。

いずれにしても検証に手間がかかることから、2005~2011年にかけて、念のために私はレンタルサーバー会社を分散させてきました。メインはロリポップ、チカッパ、heteml、XREA、さくらレンタルサーバーなど、サブはHustle Server、Next Space、99円サーバー、Step Serverなどです。

例えば、ロリポップのレンタルサーバーのIPアドレスは「210.XX.XX.XX、59.XX.XX.XX、61.XX.XX.XX、219.XX.XX.XX」など、第1オクテットの地点で分かれています。

同様にXREAは「60.XX.XX.XX」、さくらレンタルサーバーは「112.XX.XX.XX」、99円サーバーは「113.XX.XX.XX」であり、これらを使いわけすることで、バックリンク元のIPアドレスを第1オクテットから分散することができます。

ロリポップがIPアドレスを集約した結果

しかし、2010年にロリポップは全サーバーのIPアドレスを、第3オクテットまでが同一の「210.172.144.XX」に変更しました。

以前からロリポップのIPアドレスは「210.172.144.XX」に収束されている傾向が見られましたが、今回は第1オクテットが「210、59、61、219」から始まるサーバーも「210.172.144.XX」に変わっています。

結果、第1オクテット以上のIP分散が一気に第3オクテットまで格落ちして、ロリポップではIPアドレスの分散ができなくなりました。私はロリポップで40台以上もサーバーを借りていたために、バックリンク元のIPアドレスが集約されてしまった格好です。

そこでロリポップに問い合わせてみたところ、すぐに「ご連絡いただいたIPの設定については、2010年4月から行われた新構成サーバーの移設メンテナンスに伴って行われております」という回答をもらいました。

IPアドレスは世界全体で枯渇しており、ロリポップもIPアドレスを節約する意図があったのかもしれませんし、そもそもIPアドレスに関係なくURLとサーバーは紐付けられるため、IPアドレスを複数持つメリットはないです。

今後はロリポップとの新規契約は控えて、国内にある別のレンタルサーバー会社に移して、IPアドレスの分散を続けようか迷いました。ただ、他社もロリポップに続き、IPアドレスを集約する動きを見せています。

また、海外サーバーはレスポンスが悪いために借りません。レスポンスの遅さはGoogleのクローラーがマイナスと判断しますし、同じ国のサーバーからのバックリンクのほうが効果的という情報もあります。

IPアドレスが偏っても順位変動なし

結局、ロリポップの2010年4月に行われたIPアドレスの収束化から9カ月が立ち、その間にレンタルサーバーを移管しませんでしたが、私のサイトでは目立った順位変動はありませんでした。

2~3年前のYahoo!では、検索アルゴリズムにIPアドレスの分散を入れていた時期があったようですが、現在のGoogleでは軽微にも達しないくらいの影響力であることがわかりました。

今はほとんどのサーバーが共有IPアドレスで構成されているため、GoogleもIPアドレスよりドメイン単位でバックリンクを評価しているように見受けられます。これを機にIPアドレスの分散は気にしないことにします。

そもそもIPアドレスの分散はレンタルサーバー会社を掛け持ちするくらいで解決できる安直な方法です。これを重要な検索アルゴリズムに組み込むようなことを、Googleが採用するわけがありません。

スポンサーリンク

著作・制作など

中野貴利人
監修・執筆・編集
株式会社ネットピコ代表/フクポン運営/副業プランナー。新卒で副業開始、26歳で法人化、11期目。副業関連の著書4冊。2児の父。過去の取材や講演はメディア掲載履歴で紹介。