金限日取引(東京ゴールドスポット100)- FXのように売買できる

中野貴利人
監修中野貴利人 ネットピコ代表
2019/05/10 更新

金限日取引(東京ゴールドスポット100) - FXのように売買できる

  1. FXに近い仕組みで純金を売買できる
  2. 金限日取引のメリット10選
  3. 金限日取引のデメリット7選
  4. 金限日取引ができる大手6社を比較
  5. 金限日取引のまとめ

FXに近い仕組みで純金を売買できる

今までの金投資は金地金や金貨を一括購入したり、純金積立で毎月少額ずつ買うなど、現物を取引することが一般的でした。それが金価格に連動する金投資信託や金ETFの登場で、株のように簡単に売買できるようになります。

さらに現在ではFXのように金投資ができる金限日取引(きんげんにちとりひき)が人気です。金限日取引とは「実際に売買をしても、現物を手に入れるまでの期限がなく、決済せずに保持できる」仕組みです。

通常、現物取引や先物取引では何かを購入したら通常1カ月、最長1年以内に決済をして、現物を手に入れたり、現物を手に入れる前に反対売買をして、売り払うことをしなければいけません。

しかし、金限日取引は純金という実物を売買するにも関わらず、買っても売っても決済期限が先送りされるようになっています。これはFXで米ドルやユーロを買っても、実際にその外貨に交換する必要がないことと同じです。

また、金限日取引はFXをベースにした仕組みであるために、少ない資金で大きな金額を取引できるレバレッジが使えますし、買いと売りのどちらからでも取引できます。

項目FX金限日取引
金融機関FX会社
証券会社
商品先物取引会社
証券会社
売買時期本人次第本人次第
取引時間24時間9時~15時15分
16時30分~翌日4時
商品種別証拠金取引証拠金取引
売買方法買い
売り
買い
売り
種類数十通貨ペア1種類
コスト1ドル=0.3~2銭100g=60~400円
必要資金4万~100万円程度5,000円前後~
最低取引金額数千円程度数千円程度
収益方法為替差益
スワップ金利
売買差益
為替差益円安
円高
金利差益変動型
リスク為替変動
金利変動
流動性
価格変動
換金時期本人次第本人次第
税率一律20%一律20%
中途解約
預金保護信託保全信託保全

取引時間は9時~15時15分、16時30分~翌日4時と幅広いため、会社帰りの電車の中や帰宅後の夜中にスマホで売買する人もいます。

金限日取引は東京証券取引所が運営しており、正式には「東京ゴールドスポット100(ゴールド100)」と呼ばれる市場です。株やFXと同じく、始めるときは最適な証券会社を選んで、口座開設をします。

10個ある金限日取引のメリット

  1. 取引単位が先物取引の1/10であるため、少額取引ができます。
  2. 1~40倍のレバレッジにより、数万円の資金で済みます。
  3. レバレッジ次第でハイリスク・ハイリターンも可能です。
  4. 1万円分の取引でも数十円の手数料しかかかりません。
  5. 夜間や夜中も売買ができ、売りから始めることも一般的です。
  6. 株やFXと同じくスマホやパソコンで取引できます。
  7. 金地金や金貨とは異なり、保管や盗難のリスクがありません。
  8. 世界経済のリスクが増したときに、価値が上昇しやすいです。
  9. 金価格に近い理論値で動くため、価値がゼロにはなりません。
  10. 店頭よりも割安な手数料で現物を受け取れます。

少額取引できる金投資は金貨、純金積立、金ETF、金投資信託がありましたが、さらに金限日取引ではFXのようにレバレッジや24時間売買できることがメリットです。

7個ある金限日取引のデメリット

  1. レバレッジを上げすぎるとハイリスクになります。
  2. 片道60~400円程度の手数料がかかります。
  3. 予想外の価格変動によって、損をするリスクがあります。
  4. 世界経済が好調になると、価格が下がりやすいです。
  5. 株式投資のような配当や優待は付きません。
  6. FXのようにスワップ金利が付きません。
  7. 注文が偏った場合、決済できない流動性リスクが存在します。

FXが「リスクが高い」と認識されている理由は最大25倍のレバレッジがあるためです。金限日取引でも最大40倍のレバレッジが使えるため、再度レバレッジのリターンとリスクを理解しておきたいです。

例えば、証拠金として10万円を入金して、レバレッジを40倍にすると、400万円分の金限日取引ができます。

証拠金10万円×レバレッジ40倍=400万円分

私たちは10万円で400万円を動かしているわけです。ここでポジションが1カ月に5%上昇すると、手持ちの400万円が420万円になります。つまり、10万円で20万円を稼ぐことができてしまうわけです。

しかし、予想に反して1カ月に5%下落しただけで、手持ちの400万円は380万円になってしまいます。10万円しか使っていなくても20万円も損してしまうわけです。

つまり、FXが危険なわけではなく、レバレッジによってその投資がハイリスクやハイリターンになるということです。金現実取引でもレバレッジさえ大きくしなければ、リスクは高くなることはありません。

特に初心者はレバレッジは1~3倍に抑えるルールを守り、資産をコツコツを増やしていきたいです。

また、金限日取引はFXをベースにしているため、証拠金の含み損が一定の水準に達したら警告を出すマージンコールや強制的に損切りされるロスカットが使える商品先物取引や証券会社もあります。

金限日取引ができる大手6社を比較

FXの金投資版である金限日取引ですが、商品の性質は先物取引に属するため、現在は一部の商品先物取引会社のみが先行して、金限日取引を取り扱っています。今後、大手のネット証券会社に広がっていくでしょう。

社名片道手数料
北辰物産62円
コムテックス86円
日産証券195円
岡藤商事194円
岡安商事102~388円
岡地432円

情報取得日 2019年1月時点

2019年1月時点では金限日取引の市場に個人投資家からの資金が流入しており、上場している商品先物の中でも売買高がトップクラスです。これは売買単位が通常の1/10と小さく、FXのように取引しやすいことが主な要因です。

金限日取引のまとめ

総合 2.7
評価
収入投資額の-50~500%
時間1年~
特徴
スキマ
深夜OK
土日有利
期間限定
初心者
スキル
資格有利
趣味併用
週末起業
元手0円

評価の付け方について

価格帯B評価5,000円前後~(2019年1月時点)
収益性A評価ハイリターン可
安全性D評価レバレッジあり

初心者も安心できる純金積立会社

マネックス証券
マネックス証券
楽天証券

スポンサーリンク

著作・制作など

中野貴利人
監修・執筆・編集
株式会社ネットピコ代表/フクポン編集長/副業プランナー。新卒で副業開始、26歳で法人化、11期目。副業関連の著書4冊。2児の父。過去の取材や講演はメディア掲載履歴で紹介。