ブロガー - 会社員がブログで副収入を得るには?手順やコツなど

中野貴利人
監修中野貴利人
株式会社ネットピコ 代表取締役

ブロガー - 会社員がブログで副収入を得るには?手順やコツなど

  1. ブロガーの基本データ
  2. 記事が読まれると収入が貰える
  3. 3種類の広告が収益源となる
  4. 副業でブロガーを始める手順
  5. ドメインを取得する3つのメリット
  6. 初心者がブログで稼ぐコツは質と量
  7. デメリットは作業時間と情報漏洩
  8. ブロガーの体験談や口コミ

ブロガーの基本データ

総合 4.2
評価
収入1PV0.2円~
時間1カ月~
特徴
スキマ
深夜OK
土日有利
期間限定
初心者
スキル
資格有利
趣味併用
週末起業

点数の付け方について

記事が読まれると収入が貰える

広告を貼って収益を得る

ブロガーとはブログに記事を投稿して、訪問者や閲覧数を増やすことで収益を得る人たちです。書き手の多くは会社員や学生ですが、その一部に「プロブロガー」と呼ばれるブログだけで生計を立てられる人もいます。

ブログを書くだけでは収入は発生せず、ブロガーの大半は広告によって収益を得ています。ブログに貼った広告がクリックされたり、広告経由で商品が売れるとキックバックを貰える仕組みです。

特別な知識や趣味がなくても、独自の切り口や文章のおもしろさで勝負することもできます。ブログサービスを使えばITスキルも必要なく、年齢も関係ありません。誰でもすぐにチャレンジできる副業です。

1回読まれるたびに0.2円

報酬の目安としては1PV(ページビュー)あたり0.2~1円です。月間1万PVで2,000~1万円、10万PVで2万~10万円、100万PVで20万~100万円が稼げます。ちなみに月間1万PV程度はそこまで難しい数字ではありません。

ただし、記事の投稿後にPVが急増するわけではないです。一部の有名ブロガーを除いて、一般的にはその記事が世間に浸透するまで3カ月はかかります。そのため、3カ月前に投稿した記事から1日数円発生するイメージです。

仮に月間20記事を投稿したら「1日数円×20記事×30日」で、月間1,000円程度の副収入が期待できます。記事数が100記事、200記事と増えていけば「1日数円×200記事×30日」となり、月間1万円に届きます。

3種類の広告が収益源となる

1

クリック型の広告を記事に掲載する

クリック型の広告では、ブログに訪れたユーザーがその広告をクリックすることで報酬が得られます。クリックした先にある商品やサービスを購入しなくてもOKです。

単価は1クリックあたり0.5~1,000円で幅があります。広告を配信するシステムは「GoogleAdSense、nend、medi8、忍者AdMax」などが有名ですが、プロブロガーも含めて、基本的にはGoogleAdSenseを選びます。

GoogleAdSenseは一定水準のコンテンツや独自ドメインが必須などの審査が厳しい代わりに「広告主の数、広告の種類やサイズ、クリック単価、クリック率、全体的な使いやすさ」に優れており、収益性が高いためです。

2

成果報酬型の広告を記事で誘導する

成果報酬型の広告は俗に「アフィリエイト」と呼ばれる仕組みです。商品やサービスを記事内で紹介して、ユーザーに広告をクリックしてもらい、さらに販売や会員登録にいたったときに収益が得られます。

クリックするのみのクリック型と比べて、成果のハードルが高いために1件100円以上、FX会社の口座開設やクレカの申し込みなどでは1件1万円以上が貰えます。ただし、高額報酬のジャンルはライバルも多いです。

広告を管理するサービスA8.netafbアクセストレードといったアフィリエイト会社、もしくはAmazonアソシエイト楽天アフィリエイトなどの商品販売サイトに登録します。

A8.net

3

広告枠を販売して固定費をいただく

ブログに一定の購読者が付いて、月10万PVなどに達してくると、そのジャンルでは有名なブログになっています。そうすると、企業や広告会社から広告枠の販売についてのオファーが来ます。

例えば、コスメのブログなら化粧品メーカーが「弊社のマスカラの広告を月10万円でトップページに掲載してほしい」などと依頼が来るわけです。アフィリエイト会社なら「報酬を2倍にする」こともあります。

また「1記事3万円で新商品の紹介をしてほしい」といった有料記事の依頼も一般的です。さらに有名ブロガーになることで、商品プロデュースや講演依頼、書籍化といったブログ以外での収益も確保できます。

副業でブロガーを始める手順

ブログを始めるときは最初にテーマを決めます。その際は育児、美容、恋愛などジャンルを絞ったほうが読者が付きやすいです。育児なら日常の体験談や子育てノウハウを紹介しながら、おすすめグッズの広告を掲載します。

  1. ブログのテーマを決めます。
  2. はてなブログなどのブログサービスを選びます。
  3. もしくはドメインを取得して、レンタルサーバーを借ります。
  4. GoogleAdSenseA8.netなどの広告サービスに登録します。
  5. 初心者はブログや記事の書き方を学ぶことをおすすめします。
  6. 記事を作成して投稿します。
  7. サイトや記事内に広告を貼ります。
  8. 最低3カ月、通常6カ月以上をかけて、PVが徐々に増えます。
  9. 数カ月後に収益が発生し、広告会社経由で振り込まれます。

初心者は無料のブログサービスを使うと、簡単にブログが作れます。ブロガーがよく利用しているブログサービスははてなブログライブドアブログアメブロなどです。

ただし、アメブロは商用利用が禁止であり、GoogleAdSenseも使えません。どちらかというと芸能人や有名人向きです。一般人が広告収入を得るならはてなブログとライブドアブログがおすすめになります。

ドメインを取得する3つのメリット

はてなブログを借りるとURLは「○○.hateblo.jp」になります。ただ、これははてなブログの管轄下にある状態です。初期はこれでも構いませんが、あらかじめ「○○.com」のようなドメインを自分で取得して、ブログを運用することのメリットも抑えておきましょう。

1つ目は広告が配信できることです。そもそもGoogleAdSenseは独自ドメインがないと使用できない制約がありますし、独自ドメインだから契約できるアフィリエイト広告もあります。

2つ目は独自性が発揮できることです。テーマにあったドメインにすれば人に覚えてもらえますし、次第に「ドメイン=ブランド」として確立することができます。

3つ目は売却できることです。サイト売買という市場では、どこの管轄下にも属さない独自ドメインであれば、私たちもサイトを売却することができます。個人でも数十万~数億円で取引された実績があります。

また、ドメインはお名前.comで年1,150円で取得できますし、レンタルサーバーはさくらのレンタルサーバーで年1,543円で借りられます。マニュアルやサポート体制も万全のために難しいことはありません。

お名前.com

さくらのレンタルサーバー

初心者がブログで稼ぐコツは質と量

ブ初心者がブログで稼ぐコツは質と量

ブロガーとして収益を得るためには、訪問者数を増やさないといけません。誰かに読まれなければ、存在しないことと同じだからです。ただし、私たちがやることは「高品質な記事を量産する」のみであり、複雑さはありません。

書籍や雑誌などと同じように、とにかく「読んでためになった、おもしろかった、考えさせられた」という読者が満足できるクオリティが求められます。

初心者がそのクオリティに達するには、まずはタレントや政治家といった有名人を除く、プロブロガーのブログの実例を見ることが1番です。その際は「テーマ、洞察力、考察力、文章力、体験談」に着目しましょう。

以下にごく一部のプロブロガーを紹介します。ちなみにプロブロガーは「大学教授、編集者、小説家」などのさまざまな肩書きや職業を持っていますが、ここではプロブロガーとして、紹介しております。

twitterブログ名
あんちゃさんじまじぱーてぃー
イケダハヤトさんまだ東京で消耗しているの?
牛嶋将太郎さんushigyu.net
かん吉さんわかったブログ
g.O.R.iさんgori.me
染谷昌利さん染谷昌利 公式ブログ
永江一石さんMore Access! More Fun!
はあちゅうさんはあちゅう 公式ブログ
ヒトデさん今日はヒトデ祭りだぞ!
まなしばさんままはっく

情報取得日 2018年7月時点

主人公
主人公
彼らの特徴は何だろう?
貧乏神
貧乏神
知見と洞察力に優れ、表現力に長けているだぬ。

ブログ内の記事はすべて高品質にすることが望ましいです。ユーザーもそうですが、Googleなどの検索エンジンも、ブログに質の高い記事が揃っていることで、ブログ全体の評価を上げて、検索結果で上位に表示してくれます。

逆に適当に記述したような質の低い記事が含まれると、たとえ良い記事を新規で投稿しても、悪影響を受けて、それも評価されにくくなります。

また、初心者がブログで稼ぐには投稿数が重要です。30記事を書いてもスケールが小さく、ブロガーとしては弱いです。圧倒的な量によりヒットする記事の数も増えていきますので、数をこなすことも重視したいです。

さらにブログは継続的に更新され続けることが読者を惹きつけます。コンスタントに新規記事の追加することはもちろんですが、情報が古さや間違いを更新することでも高評価が得られます。

つまり、収益を得るブログを作るためにはコンテンツの「質と量」、さらに更新頻度の3つを満たすことがポイントになります。

補足としてはFacebook、twiiter、はてなブックマークなどのSNSで拡散して、記事を販促していく方法もありますが、これも質の高い記事が多く存在することが前提になります。

デメリットは作業時間と情報漏洩

デメリットは作業時間と情報漏洩

ブロガーはすぐに収入につながる仕事ではありません。コツコツと継続していく必要があるため、はじめのうちはまったく収入にならないです。その結果、始めやすい反面、収入が発生する前にやめてしまう人が増えます。

副収入を得るまでには、ある程度の記事数を継続的に投稿しなければなりませんが、会社員の場合は本業が繁忙期だったり、プライベートで忙しくて、モチベーションを維持しにくいことが障壁になりやすいです。

初心者は当面の目標に「月収1円」を設定して、次に「月10記事を投稿し続けて月収1,000円」や「累計投稿数が100記事で月収5,000円」などと、段階的に目標のレベルを上げて、やる気を保っていきましょう。

収益が発生するようになってからも、更新を怠ると稼げなくなる可能性が高まります。ブログのコンセプトは興味や関心を軸に設定して、記事のテーマは体験談を軸にするなど、ネタ切れにならない工夫をします。

また、ブロガーは個人の属性や境遇を活用して注目度を高め、収益アップにつなげていく傾向があります。それゆえに周りの人に副業でブロガーをしていることがばれたくなくても、ばれやすいリスクを抱えています。

対策としては例えば「ブラック企業に勤めるエンジニアブログ」というタイトルなら、キャラクターを押し出して、会社の状況を事細かに伝えながらも、個人情報の漏洩に配慮して、社名や地域はオープンにしないことが鉄則です。

ブロガーの体験談や口コミ

ブログは自分の知見を表現する場
2018.06.27
30代 女性
ブロガー歴4年

ブロガーは日中や平日など、時間的拘束を受けません。スマホやタブレットで作業できるため、通勤時間や昼休み、子育ての合間などのすき間時間も有効活用できます。

自分の興味、趣味、知識も生かせます。自分の言葉で記事を発信することで、本業とは異なるやりがいも経験できるでしょう。

私は子育ての経験から育児の便利グッズ、トラブル対応を紹介して、読者からコメントをもらったり、逆に教えてもらって自分に役立てたり、ブログを通して新たな世界が広げることができました。

また、ブログはSNSで話題になれば拡散されて爆発的に広まる、いわゆるバズる可能性を持っています。1度に何十万円という金額は難しくても、投稿した記事がバズって1日5万円などの臨時収入に経験できます。

身バレで犯罪に巻き込まれるリスク
2018.07.14
20代 男性
ブロガー歴3年

2018年6月に人気ブロガーのHagexさんがネット上のやりとりが原因で、刺殺されるという事件も起きました。1度ウェブ上に公開した以上は誰かが反感を持ってもおかしくありません。

私は炎上狙いの過激な言動は慎んでいますが、世の中はストレスと嫉妬で溢れており、PV数が増えるほど、必ず否定的な意見が突然投げられる機会に遭遇します。

そのため、記事の内容に多少のフェイクを入れたり、身バレする可能性を潰しても、大量の記事を投稿していると、文章や写真で氏名や住所を特定されてしまうこともあり、そのことには初心者も注意しないといけません。

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2018.06.27
更新日更新日 2018.11.17

著作・制作など

中野貴利人
監修・執筆・編集
株式会社ネットピコ代表/フクポン編集長/副業プランナー。新卒で副業開始、26歳で法人化、11期目。副業関連の著書4冊。2児の父。過去の取材や講演はメディア掲載履歴で紹介。
ともキノコ
ともキノコ
執筆
副業からスタートし、約半年後にはフリーランスのライターに。10数年前に卒業した国文学科での知識を大活用中です。