【漫画】第14話「副業で稼げる人と稼げない人の違いは?学歴や運は関係ない!」

中野貴利人
監修中野貴利人
株式会社ネットピコ 代表取締役

「学歴!家柄!運!」

稼げる人と稼げない人には3つの違いがあるだぬ それを当ててみろだぬ 学歴! 家柄 あとは‥‥運! 不正解だぬ!しかも全部! ただ悪くない答えだぬ 学歴が高いほうが月収は上昇するだぬ

「金持ちは勉強する」

家柄も間違いではないだぬ 高所得世帯の子どもは学力が高い傾向があるだぬ ただ学歴や家柄が良くても年収が低い人はたくさんいるだぬ ちなみに運は最悪の答えだぬ 運とは実力ではなく確率と統計上の部分的な偏りだぬ いいだぬか?稼げる人と稼げない人の本当の違いとは‥‥ やる気 知識 行動力だぬ!

「やる気と知識で前進」

やる気 やる気があるから知識量を増やす努力ができ 行動力も継続するだぬ シンプルに言えば ①副業で得られる恩恵を知る ②自分の将来に危機感を持つ の2つが基本だぬ 知識量 やる気と行動力があっても知識量が足りないと 空回り空振りをするだぬ 十分な知識量があると正しい方向に努力ができて 着実に前へ進めるだぬ

「行動力が結果になる」

行動力 やる気と知識量だけでは何も起こらないだぬ 行動こそが結果になるだぬ 残念なことに副業では知識を得ることに満足して 行動をしない例が多いだぬ 副業で稼ぐ人たちはやる気・知識量・行動力の三拍子が揃っているだぬ ただ‥‥そろそろ副業に潜むリスクやデメリットを知ったほうがいいだぬ
  1. やる気は恩恵と危機意識で増える
  2. 知識量は実践しながら増やす
  3. 行動力には時間的余裕が必要

やる気は恩恵と危機意識で増える

副業を始めるためにはやる気、知識量、行動力の3点セットが必要です。1番目のやる気を出すには「副収入を得た生活をイメージする」と「自分の将来に対して危機感を持つ」ことを意識します。

やる気は恩恵と危機意識で増える

アメは副収入を得た生活をイメージする

過去の調査では副収入の平均値は月3万~5万円でした。ただ、結局は本人の努力次第であり、忙しい合間に月1万円を稼ぎ続ける人もいれば、給与以上の収入を得る人もいます。私個人も会社員のときに月30万~40万円の副収入があったほど、個人差の大きい指標です。

いずれにしても月3万~5万円の副収入があれば、生活スタイルがガラリと変わることはイメージしやすいです。家賃が1万円ほど高いところに引っ越せば、駅近や広さなど、暮らしの快適さや利便性は向上します。

持ち家の人は住宅ローンの返済額が苦ではなくなります。子どもの学費や塾代も支払う余裕もできますし、副収入だけで奨学金を完済したり、それ以外をすべて投資に回して、さらに増やしたりもできます。

ムチは自分の将来に対して危機感を持つ

これらの恩恵とは逆に、できないことが増えていく危機感も自分を動かすモチベーションにつながります。例えば、副収入が得られないときの生涯賃金をシミュレーションをしてみましょう。

私個人は保険会社に生涯賃金と生涯支出を算出してもらい、上司に給与明細を見せてもらうことで正確性を求めました。5年、10年、15年と副業を続ける人とそうではない人では、正しい格差が広がっていくことがわかります。

また、やる気がある状態はいつもより金銭欲、物欲、仕事欲などの良い欲を適度に引き出し、怠惰、傲慢、嫉妬などの悪い欲が薄れていきます。これにより、2番目の知識量の習得や3番目の行動力の向上がしやすいです。

知識量は実践しながら増やす

2番目の知識量ははじめに詰め込むのではなく、基礎知識が固まった段階で実践をしながら増やしていきます。わからないところだけを学習して、また行動する、その繰り返しにより、効率的に知識が習得でき、結果が伴うことで正しい方向が見極められるわけです。

学習方法は副業系のセミナーや懇親会に参加することもありです。実際の副業従事者と会うことで、現時点で使えるノウハウやスキルを直接伺う機会が生まれます。

副業は孤独な作業が続きがちですが、そのときに同じ考えを持つ仲間やライバルがいて、彼らとのコネクションやコミュニティがあれば、常に最新情報や体験談などの外部刺激が得られるため、副業の成功率が上がります。

主人公
主人公
知識がないと結果が出なそう。
貧乏神
貧乏神
結果が出ないとやる気も消えやすいだぬ。

行動力には時間的余裕が必要

3番目の行動力を促すためには、副業に使える時間の確保から始めます。本業と副業を両立させるポイントは余裕があることです。特に時間的な余裕がないとやる気も上がりにくく、知識量も増えず、行動もできません。

現状の生活で自由時間が見つからない人は、例えばTogglaTimeLoggerといったスマホアプリで時間管理をしてみよう。毎日の行動を「これから行うことを簡単に入力する、スタートボタンを押す、終わったら停止する」と記録することで、無駄な時間をあぶり出すことができます。

Toggl

これはストップウォッチを繰り返すことで、自動的にレポートが完成する仕組みです。その結果、1日単位で自分の行動を振り返ると、意外と自由時間が存在することに気付くことができます。

自分の生活時間を振り返ってみると、空き時間は意外と見つかります。総務省の「平成28年 社会生活基本調査」によると、平均値は睡眠が7時間40分、食事が1時間40分、家事が2時間8分でした。

その中でも自由時間は、テレビ・新聞・雑誌などの時間が135分、休養が97分、趣味・娯楽が47分、その他が103分であり、合計で1日あたり6時間22分もあることがわかっています。

総務省「平成28年 社会生活基本調査」

1カ月では191時間、1年間では2,292時間の自由時間です。これらの時間の優先度と重要度はそこまで高くありません。この自由時間のうち20~30%でも副業にあてることは、そう難しくないはずです。

テレビや休養の時間を節減して、例えば「2,292時間×30%×時給1,000円」が副業に使えると、年間69万円の副収入が貰え、着実に総所得がアップします。

主人公
主人公
意外とダラダラしている時間があるかも。
貧乏神
貧乏神
本当に激務の人以外は副業ができるはずだぬ。
次のページ

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2016.10.27
更新日更新日 2018.11.02

著作・制作など

中野貴利人
監修・原作・執筆・編集
株式会社ネットピコ代表/フクポン編集長/副業プランナー。新卒で副業開始、26歳で法人化、11期目。副業関連の著書4冊。2児の父。過去の取材や講演はメディア掲載履歴で紹介。
イブキミノ
イブキミノ
作画
30歳オーバーにして、脱サラしたイラストレーター兼漫画家。丸っこいものに囲まれて暮らすのが夢です。