50~60代向けの副業!老後資金を貯めて定年退職後も続けられる

中野貴利人
監修中野貴利人
株式会社ネットピコ 代表取締役

50~60代向けの副業!老後資金を貯めて定年退職後も続けられる

  1. 年金に頼れないから副業する
  2. シニアにおすすめの副業10選
  3. まだある!退職後もできる副業

年金に頼れないから副業する

ほとんどの人は老後の生活が不安です。生命保険文化センターの2016年時点の「生活保障に関する調査」でも、老後生活に対して「不安を感じる」と答えた人は85.7%もいました。主な原因は金銭的問題が大半です。

  • 年金では資金が不十分である。
  • 日常生活に支障が出そう。
  • 自分の努力による準備では足りない。
  • 退職金や企業年金では資金が不十分である。
  • 仕事が確保できない。
  • 配偶者に先立たれて経済的に苦しくなる。
  • 貯蓄などの準備資金が目減りしていく。
  • 子供からの援助が期待できない。
  • 利息や配当収入が期待通りにならない
  • 住居が確保できない。

お金が足りないときは基本的に働くしかありません。ただ、単なる副業では飲食業や清掃業のアルバイト、低賃金の内職などを連想しますが、これらは体力と気力を消耗するわりに見返りが乏しいため、おすすめできないです。

せっかく歳を重ねてきたのであれば、学生や若い世代が有利なアルバイトではなく、特技や経験を生かせるほうが最適です。現在はスマホで気軽に仕事が見つかるようになり、やる気さえあれば稼げる副業は多々あります。

例えば、家事で稼ぎたい主婦と家事をしてほしい人をスマホアプリで簡単にマッチングできるようになりました。趣味の釣りブログで広告収入を得たり、ハンドメイド販売でポーチを売ったりと、副業は多彩です。

アパート経営から輸入ビジネスまで、全国各地で副業セミナーが開かれていますが、そこでは50代の姿も多いです。なるべく初期費用をかけずにスタートして、趣味と実益を兼ねられるような楽しい副業を見つけましょう。

シニアにおすすめの副業10選

チェック1

不用品を売る

若い世代は物を持たない暮らしが流行っていますし、お金の若者離れで持つこともできません。その点、シニア世代は物を持つ時代に生きて、若い世代より裕福であったことは「不用品を売る」副業では有利です。

着なくなったブランド物の洋服もリメイクで需要がありますし、デザインが古いアクセサリやジュエリも素材にも価値があります。急須、切手、万年筆など、何でも構いません。

誰が欲しいかはわからなくても、スマホアプリに出品すれば、不特定多数の人が見込み客になり、最低300円以上で売れることがあります。

不用品を売る手順は簡単です。メルカリヤフオク!などに会員登録し、売りたいものを撮影、商品情報を書き込むことで販売がスタートします。商品の発送も郵便局に持ち込むことで、すぐに手続きが完了します。

チェック2

人に教える

人に教える

自分の特技である「着付け、編み物、パソコン、料理、英語」などを、自宅の1室で実演しながら、そのスキルをわかりやすく教える副業です。生徒のあらゆる質問に答える知識がないとできないため、専門性が輝きます。

メリットは「①特技を生かせて楽しい、②アルバイトよりも報酬が高い、③自宅など近所でできる」ことです。デメリットは生徒を集めるまで時間がかかり、知人に紹介してもらうなど工夫が必要なことです。

ただ、今は講座の活動内容をブログにアップしたり、スキルのコツをブログで解説することが認知度アップにつながります。また、ストアカタイムチケットなど、講師と生徒をスマホでマッチングするシステムも整っています。

チェック3

遊休資産を貸す

使っていない部屋、駐車場、物置き、車などを貸し出す副業です。駐車場シェアのakippaや物置きシェアのMonooQなど、それぞれに専門アプリがあります。そこに会員登録して、貸し出す不動産や商品を掲載します。

商品ではベビーベッド、高級バッグ、高級時計、電動工具など、高価で一時的にしか使用しないものが人気です。

また、遊休資産を貸す行為はいわゆるシェアリングエコノミーです。副業としては体力の消耗がなく、人間関係から来るストレスとも無縁であるため、特にシニア層から注目されています。

チェック4

手作り品を売る

バッグやポーチ、洋服、インテリア雑貨、家具など、手芸の腕が生かせる副業です。完成した商品はココナラハンドメイドminneなどの手作り専門のフリマアプリで販売できます。

フリマアプリを利用する理由は、手作り品を必要とするお客様が集まっていること、ルールが整備されているために入金などの買い手とのトラブルがほとんどないことです。

チェック5

相談に乗る

空き時間を利用して、会社や生活、結婚、離婚、介護、相続など、人の悩みを聴く副業です。人生経験が浅い人には務まらないため、シニアの人のほうにアドバンテージがあります。

タイムチケットココナラに会員登録して、そこで相談を受けられる分野をアピールすることで、相談相手が見つかります。特に専門的な職務履歴やプロフェッショナル、資格保有者はニーズが高いです。

チェック6

動植物を育てる

メダカ、カブトムシの幼虫、多肉植物など、動植物を育てて、メルカリヤフオク!といったスマホアプリでの売る副業です。ただし、どんな動植物でも利益が出るわけではないため、購入者や愛好家が多い動植物を選びます。

環境適応能力が高い、繁殖力が高い、小さくて配送しやすいと、自宅の一角で飼えて、養殖するほど利益が出る仕組みが完成します。また、上級者は配合を工夫して、レアな品種に育て上げることで、高値で売り出しています。

チェック7

体験談を書く

人生50年や60年の中で世間一般よりも詳しい知識を持っている人は多いです。それは本業の会社で培った業務内容、旅行や病気の経験、趣味で極めたコツなどといろいろありますが、知識は情報源となり誰かの役に立ちます。

私たちはそれらを脳内に溜め込まず、ブログにアウトプットしましょう。人に見られるようになって、広告を貼ることで定期的な収入源となります。目安としては閲覧数1,000回あたり1,000円程度です。

チェック8

感想を述べる

感想を述べる

商品に対する感想には価値があります。企業はその商品が買われた理由や売れない理由を集めて、商品改良のヒントを探しているからです。私たちもレビューやアンケートを提供することでお小遣いが得られます。

アンケート会社や調査会社などに登録して、商品の感想や意見を述べることで100円以上、座談会への参加であれば数千円が貰えます。テレビ局はTV番組、出版社は雑誌、研究機関は食品のモニターを募集しています。

また、読書の感想や書評も世間に必要とされています。例えば、ブクペに本の概要をまとめて投稿すると、その本を読みたい人が集まって、閲覧数が増えることで500円単位で謝礼が貰えます。

読書感想文を代行してほしい人もたくさんいます。クラウドワークスココナラタイムチケットなどに「読書感想文を書きます」と登録することで、読書感想文を書いてほしい人から発注が来ることがあります。

チェック9

育児を手伝う

キッズラインimom(アイマム)といったスマホアプリに会員登録をすることで、育児をしてほしい人が見つかり、その人の自宅でベビーシッタをする副業です。時給は1,300~1,800円程度が受け取れます。

もしくは各自治体の社会福祉協議会が運営する「ファミサポ」という子育て支援活動に登録をして、講習会を受けることで、保育園の送迎をしたり、自宅で子供を預かる支援ができます。こちらは時給850~1,000円程度です。

チェック10

株に投資する

50~60代の投資は20代とは異なります。結婚、出産、教育費、マイカー、マイホームというライフイベントのゴールが見えてくる年代です。残りは住宅ローンの完済や親の介護であり、余剰資金を投資に回せます。

次のステージでは自らの老後資金を年金に依存するのではなく、投資から得た収入で暮らしていく準備をしてみましょう。投資を1つの副業として捉えて、勉強することから始めると、安定的な第2の年金が得られます。

まだある!退職後もできる副業

文章を書く

専門職ではなくても文章を書くことで収入が貰えます。特に今は紙面ではなくウェブ上の記事が書けるウェブライターが必要とされており、発注者と受注者をマッチングするクラウドソーシングで仕事を請け負えます。

効率的に多数のクライアントと多数のユーザーがつながるために、クリエイティブな副業がしやすくなりました。クラウドソーシングではクラウドワークスbizseekココナラなどが大手で安心感があります。

ちなみにデザイナー、プログラマ、動画クリエイターを始め、家具製作やおもちゃ制作でも、クライアントやお客様をクラウドソーシングで探すことができるため、50代もクラウドソーシングをぜひ活用していきたいです。

クラウドソーシングは成果報酬型の仕事であり、寝る前の30分やお風呂を沸かす間の10分間、電車で移動する30分間など、細切れの隙間時間を有効活用できます。アルバイト系の副業と違って、時間のロスが少ないです。

代わりに作業する

例えば、お墓参り代行ではお墓参りできない人の代わりに、墓石を磨き、掃除、献花をします。作業後にお墓の様子を撮影して、依頼者に報告すると完了です。報酬は1回5,000~8,000円、お盆やお彼岸の時期に依頼が増えます。

アルバイトをする

2004年の最低賃金は北海道の638円や沖縄の606円など、全国的に600円台がほとんどでした。東京が時給711円でトップです。しかし、2018年は人手不足で時給は上昇しています。

最低でも佐賀や長崎の737円、東京は958円、神奈川は956円、大阪は909円です。時給900円以上が底であるため、都市部では一般的に時給1,000円、深夜は1,250円以上、多少技術がいる仕事は時給1,500円は貰えます。

そのため、副業としてもアルバイトが選択肢の1つになりました。ただ、50代以上となると、消去法で肉体・運動系の副業は外れます。飲食業や配達業もハードワークであるために、体力的に厳しいです。

座っているタイプの接客業、活動範囲が限られる清掃業、体力が求められない警備員やビルメンテナンスなどの保守業務、梱包や配送などの軽作業などがおすすめです。

シルバー人材センターに登録する

シルバー人材派遣センターの仕事は多岐にわたります。清掃、包装、皿洗い、チラシ配り、農作業などが一般的であり、庭木の剪定、大工、ペンキ塗り、家事手伝い、家庭教師、翻訳などのスキル系の仕事もあります。

街中でよく見かける仕事では自転車置き場の整理、小学校周りの草刈り、粗大ごみの回収、公園の砂場の清掃、電気料金の検針などです。

ただし、シルバー人材センターは公益社団法人の会員になり、雇用契約ではなく請負契約で働くため、最低賃金が適用されません。

アルバイトと同じ仕事内容や炎天下の業務でも時給600円止まりだったりします。賃金ではないために年金が減額されることがないメリットもありますが、時給が低いことは以前から社会問題として扱われています。

現在はスマホアプリによる仕事のマッチングができるようになったこともあり、副業としてはシルバー人材センターをおすすめはしていません。

独立・開業をする

サラリーマンのときに起業をする、一念発起で会社員を辞めて、自己資金を投じたり、収入0円の時期が続くこともあります。同じ会社に一生勤めることが最も収入が高くなる時代においては、起業は特にリスクが高いです。

ただ、50代から副業でプチ起業をして、早期退職、もしくは退職後の年金支給開始年齢にする起業は、収入減少リスクが極端に減ります。

起業セミナーでは50代や60代の参加者も珍しくなく、現役時代に培ったスキルやノウハウで個人商社を始めたり、カフェオーナーから蕎麦屋まで店舗経営に参入するなど、脱サラせずにできるプチ起業が注目されています。

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2013.11.22
更新日更新日 2018.07.18

著作・制作など

中野貴利人
中野貴利人
監修・執筆・編集
株式会社ネットピコ代表取締役。著書にど素人でも稼げるネット副業の本など。過去の取材はメディア掲載履歴で紹介。