FXとは日本で人気の金融商品

FXとは日本で人気の金融商品

チェック1

株式投資や外貨預金より割安

FXの魅力は「①為替レートの上げ下げを予想するシンプルな仕組み、②少ない資金でも大きな取引ができるレバレッジが使える、③高金利通貨の保持でスワップ金利が貰える」ですが、それ以外にも副業に適した点が多々あります。

何よりもFXは取引コストが非常に安いです。100万円分を取引するときのコストは、株式投資が500円以上、外貨預金が1,000円以上ですが、FXは30~100円で済みます。さらにFXでは数千円の少額売買もできます。

また、取引のしやすさも人気の理由です。取引時間は土曜6時~月曜7時ごろを除いて、24時間スマホでいつでもできます。むしろ、世界的に売買が盛んな時間帯が22~24時であるため、就寝前に取引する人が多いです。

株式投資のように数千種類の銘柄があるわけではなく、主に10~20種類の通貨ペアから選びます。銘柄の選定に時間を使うことなく、値動きの予測をして売買タイミングを狙うことで、利益を得ることができます。

チェック2

リスクをコントロールできる

FXには「リスクが高すぎる」や「すぐに損しやすい」といった間違ったイメージが散見されます。確かに億超えトレーダーや自己破産者がいることは事実ですが、彼らはレバレッジを何十倍にも設定した結果に過ぎません。

本来、FXとはコンスタントに利益が得られるリスクの低い投資です。レバレッジを1~3倍に抑えて、損切りルールを守ることで大損は防げますし、原則的にFX会社に預けた金額以上は負けることがありません。

未経験者がFXで利益を出すには事前に学習することです。FXは上がるか下がるか50%のギャンブルではありません。場当たり的な情報を鵜呑みにするのではなく、積極的に知識と経験を得ることで利益率が上がっていきます。

手順としては「アプリの使い方やチャートの見方といった基礎を理解する、レバレッジ1倍と1000通貨以下の少額取引で実戦経験を積む、成功者のトレード手法を真似して自分の投資スタイルに取り入れる」の3ステップが有効です。

チェック3

コスパに優れたFX会社がある

金利0.1%以下の銀行に手持ちの資金を眠らせておくことはもったいないです。私たちは貯蓄から投資にシフトして、お金にお金を稼いでもらいましょう。その中でもFXは収益性に期待できる金融商品です。

国内のFX市場はFXの口座数が600万を超えるほど活発であり、FXの取引高で世界1位と2位の会社も日本のネット証券です。競合他社に負けじと低コストでハイスペックなFX会社が揃っています。

私たちはなるべく売買コストが安く、スマホアプリや取引ツールの操作性に優れたFX会社を選びましょう。お得なキャンペーン、動画セミナーの有無、コールセンターの対応もFX会社を選ぶ基準です。

口座維持費などがすべて無料であることから、会員限定コンテンツやチャートを見るためだけに複数のFX会社に口座開設しても構いません。初心者は無料セミナーで実践テクニックが勉強できたり、予想ツールや自動売買が充実したFX会社がおすすめです。

初心者も安心できるFX会社

DMM FX
GMOクリック証券